「ギャルの友達にも伝えます」=柳原可奈子さん振り込め撲滅訴え―警視庁(時事通信)

June 16 [Wed], 2010, 18:37
 「ギャルの友達にも伝えます」。振り込め詐欺の撲滅に向け、警視庁四谷署は10日、東京都新宿区のJR四ツ谷駅前でイベントを開催し、タレントの柳原可奈子さんらがチラシを配布して注意を呼び掛けた。
 柳原さんは「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」に任命され、「高齢者だけでなく、若い人も気を付けて」と強調。「『ギャルの友達に超やばいらしいよ』と伝えます。何か気になることがありましたら、四谷署へいらっしゃいませ」と語り、笑いを誘った。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】中東初のクラシックカー品評会
「ドバイ暗殺事件」イスラエルに反省の色なし
警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か
顔写真公開の男ら逮捕=8100万引き出しか

国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「チン、トントン」…優雅に時刻む「太鼓時計」復元(毎日新聞)
SFCGを本格捜査へ=破綻直前資産隠しか―民事再生法違反の疑い・警視庁(時事通信)
「オレ」ではなく名前を(産経新聞)

官房長官に仙谷氏内定(時事通信)

June 11 [Fri], 2010, 11:30

電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)

June 04 [Fri], 2010, 14:17
 在留資格を偽ったフィリピン人を雇って外国人パブを経営していたとして、大手広告会社「電通」の社員が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、神奈川県警に逮捕されていたことが28日、捜査関係者と同社への取材で分かった。

 逮捕されたのは、相模原市中央区南橋本の電通社員、鈴木修一容疑者(48)。県警によると、「遊興費などで約4300万円の借金があった」と供述、副業として違法にパブを経営していたことを認めているという。

 県警の調べによると、鈴木容疑者は平成18年8月から今年5月まで、経営する神奈川県愛川町のパブで、不正に入国させたフィリピン人の男女4人=同法違反容疑で逮捕=をホステスや店員として雇った疑いが持たれている。

 鈴木容疑者は愛川町に実体のないホームページ制作会社をつくり、フィリピンの関連会社からウェブデザイナーとして転勤させる名目で日本の在留資格を取得させていた。

 電通広報部は「当社の社員が逮捕されたのは大変遺憾。容疑内容については確認中」と話している。

【関連記事】
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕
かけるチーズ、パブでブームに
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁
iPadが上陸

[リコール制度見直し]前原国交相「メーカーは随時報告を」(レスポンス)
<鉄道事故>踏切に男性侵入、はねられ死亡 JR中央線(毎日新聞)
縄文初期の最古級土偶、竪穴住居跡出土 滋賀・相谷熊原遺跡(産経新聞)
米沖縄海兵隊 北海道での訓練を公開(毎日新聞)
内閣不信任に同調も=福島社民党首(時事通信)