鈴鹿4days 3日目

November 07 [Wed], 2012, 21:47
日曜日も朝からドッピーカン暑すぎる。
どんだけ晴れ女なんだ、ワタシこの日は決勝前のお昼ごろにある、かつてのF1マシンを往年のドライバーが走らせるデモ走行に間に合う程度に、少しゆっくりめにサーキットへバスを降りると、サーキットまでの道に、ドライバーの入り待ちをしている人がたくさんいて、ナとみんな頑張るねなんて話しながら歩いていたら、歓声が起こりました誰か来たんだな、と思って横を見ると、車から手を振りながらベッテルが笑顔で通り過ぎて行くところでした入り待ちしてたわけじゃないのに超ラッキー朝から幸先の良い一日ですそしてデモ走行までは、混雑する前にお弁当を下見したり、お手洗いに行ったり。
ちなみにお弁当は、ご当地モが食べたくてちょっと豪勢に松阪牛焼肉ランチにしました注目のデモ走行は、中嶋悟さん、鈴木亜久里さん、中野信治さんでしたが、元F1ドライバーとはいえ、引退から長い時を経た今も変わらずマシンを駆ることができるのはさすがですねカッコ良かったですさらに、決勝レース前にはお約束のドライバーズパレード4年前に富士で観た時は、全ドライバーがカゴ車に乗るタイプ海外グランプリは通常この方式だそうで、今回の解説者はドナドナ式って言ってましたでしたが、鈴鹿は1人ずつクラシックカーに乗るタイプでしたオープンカーの背もたれに深めに腰掛けたキミはかなりカッコ良く、解説クリスタル 出会い系者も他のドライバーの座り方と違って、深く座った姿がまたカッコいいですねって言ってましたそんなこんな色々満喫しているうちに、待ちに待った決勝の時間3位スタートの可夢偉に期待するのはもちろん、バトンの予選5グリッド降格で7位に繰り上がったキミにも期待レース開始早々、キミがいいスタートを切ったと思ったら、直後にチームメイトは空飛ぶマシンと化してウェバーを巻き込むし、キミはアロンソに幅寄せされてドキドキ結局ポイントリのアロンソがクラッシュしてリタイアしたり、出だしから波瀾万丈寿命が縮む思いで見守っていたら、キミのペースはイマイチ上がらないままポジションキープが精一杯な一方、ポールスタートのベッテルが異次元の速さで完全一人旅状態キミは2度目のピットストップ後に少しタイムロスしたりして、結果は6位入賞に終わったけれど、今回の見どころは何と言ってもラスト5周でバトンと表彰台をかけてバトルした可夢偉05秒差で3位表彰台をGETした時は鈴鹿全体が大歓声で揺れました日本人の3位表彰台は、2004年アメリカグランプリの佐藤琢磨以来、日本グランプリでの3位表彰台は1992年の鈴木亜久里以来ですもの歴史的瞬間に立ち会えて、この上なく嬉しい出来事でしたそんな興奮冷めやらぬ勢いで、レース後はキミファンぢょしと共に西コースウォークに参加思ったより歩ける距離が長くて疲れたけれど、満足な一日になりました夜ご飯は気ままに宿泊先近くの飲み屋さんにでも行こうかと思っていたけど、疲れてあえなく断念宿泊ホテルの食堂で済ませてしまいました長かった日曜日が終了です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p779qeb732
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/p779qeb732/index1_0.rdf