農水相は「バカ松」と批判 たちあがれ日本・平沼氏(産経新聞)

May 31 [Mon], 2010, 20:02
 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は28日、都内で行った街頭演説で、口蹄疫の被害拡大の原因は赤松広隆農水相の外遊にあると指摘、「農水相は名前は赤松という人だ。永田町ではバカ松と言われている」と批判した。

 また、政府の行政刷新会議の事業仕分けで昨年11月、農水産振興機構の基金が平成22年度所要額を除き返納となったことに触れ、「緊急対応の予算も民主党が事業仕分けでゼロにした。だから緊急対応のお金がない」と述べた。

【関連:口蹄疫】
「農水相がゴルフ」TBS誤報で「適切に処分」と社長
エース級5頭も処分求める 生産者団体
松阪牛も苦慮 素牛3割が宮崎…肥育技など変更模索
教訓生かした英国、早期根絶に成功
今井美樹さんが義援金500万円 宮崎県出身
iPadが上陸

県警警部補が高1少女にわいせつ容疑 新潟(産経新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
仕分け3日目 競輪補助事業など22法人24事業(産経新聞)
そのときベスーン被告はメモを取る手を止めた…びっしり書き込まれたノート SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
共同声明「受け入れられない」=名護市長(時事通信)