診察の際の注意事項

October 22 [Mon], 2012, 15:23
病院へ行くケースは、必ずしも心筋梗塞の症状が悪化した場合とは限りません。
むしろ、症状がまだ弱い段階で行く方が、あらゆる意味で得策です。
狭心症の段階で病院へ行って治療を受ければコストも少なくて済みますし、何より命に関わるリスクが最小限で済みます。
そういう意味でも、ちょっと不安に感じた場合は、健康診断という意識でも良いので、病院へ行って診察を受けてみることをお勧めします。

比較的症状が軽い段階で診察を受けに行く場合でも、まずは予約を入れる必要があるでしょう。
基本的に大きな病院の場合は予約が必須です。
いきなり病院へ行くと、場合によっては診察も受けられないということが十分に考えられます。
あらかじめ電話を入れ、いつ行けば良いかということを確認しておけば、待つ時間も最小限で済みます。

診察を受ける際に気をつける点は、あらかじめ必ず聞かれることに対しての受け答えを固めておくことです。
医者の前では少なからず緊張する人が多く、問診の際に頭が真っ白になって、しっかりと受け答えできないという人もいるからです。
問診は診断を行う上で非常に重要で、この答えによって検査の内容が変わることもあります。
しっかりとした受け答えができる自信がない人は、「これまでの病気の履歴や通院歴」「家族の心筋梗塞や他の心臓病の有無」「服用中の薬」「飲酒や喫煙の有無」等の答えをメモなどにまとめておきましょう。
これらの質問は必ず行われるので、あらかじめ用意しておけばスムーズに回答ができます。


http://saipapa.blog.ag/
  • URL:https://yaplog.jp/p0bgne6l/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさこai8s
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/p0bgne6l/index1_0.rdf