2005.11.27 [Sun] 09:40

3度目の千葉K'S DREAM。10周年記念ということで僕らも駆け付けた。このハコにはいろんな人の思いが詰まっているという印象を受けた。そんな人情ハウスの10周年記念を僕らなりにステージでお祝い。派手ではないが地味に深く。

MCでも言ったが物事を長く継続するという事はそれだけで本当にパワーを使うもので、僕らも結成8年オーバーにもなるがその事は身に染みてわかるつもりだ。きっと色んな苦労があったんだろうと思うと素直に祝えた。

JUNKI☆Eが今日はフロアで見守っていたので一緒にライブしている感じがした。はやく戻っておいで。
チカーノのりも今日はかなりグルーヴィーに決めてくれたし、感謝☆感謝。

人情が傷口にしみた一日だった。

 

2005.11.20 [Sun] 10:58

アメ村の中にあるライブハウスSUNHALL。リハ後はレコード屋行ったり服買ったりタコ焼き食い過ぎて頭痛くなったりとかなりアメ村満喫。オープンするとこの日は広々としたフロアにいつもに増して若いフレイバーが充満していた…吸うたろか。

今日のサポートメンバーはニューカマー「チカーノ・のり」以後お見知りおきを。

久々に「Beyond A Sheer Cliff」を演った。今僕らはまさにこの曲のような状況下にいると思う。切り立った崖に並んでしがみつき、深い霧が視界を閉ざしている。「一匹の意地悪なカモメ」とはこの場合逆境を指すことになる。

人は何か思い悩み、考え過ぎると例えそれが後ろ向きな結論ではなかったとしても「やめる」という決断をすることが多い。それは今自分が置かれている状況を一新することで、その暗闇から抜け出すための結論なのだろうけど、やはりどこかに自分では気が付かない小さな「あきらめ」が潜んでいることがあるように思える。

僕も考えることが多いタイプの人間だがやはり後になってまだやる余地があったと思う事はしょっちゅうだ。本当に今やるべき事はその暗闇から一人抜け出すことではなく、自らが輝きまわりを照らすことだと思う。
難しく考えなくても必要なものはいつだってシンプル…「ど根性」!!!
 

2005.11.14 [Mon] 19:33

こんちわ。最近ホームページの活気がドンドンなくなっているのに気付いたのでライブレポートでも始めようかと思いまして。出来るかぎり頑張ります。

この日は安城のスーパーロックDJ「バッサン」のイベント「NEW CIRCLE ROCK」の4周年記念!DJタイムではROCKの嵐。

最近は音楽もドンドン進化して、色んな方法と解釈で創り出す音楽があるけど、やっぱROCK最高!どんな種類の音より歪んだギターの音は興奮させてくれる。前にも書いたけど「メタルは体に充満したエナジーを発散させる究極の方法なんだ」と、元PANTERAのフィル・アンセルモが言っていたように、ROCKは万国共通で誰もが持つ過激な一面を引き出してくれる。

その証拠にこの日OXYDOLのライブ中、真ん中で大暴れしてた4、5人のオキシ・メニアックスが間違いなくこの夜一番あつい奴らだったぜ!!!!なんてゆーか世間体とか法律とか社会とか、そんなのおならプップでプッチン切れてムチャクチャやる、そんな究極の遊びなんだな、うんうん。

…これって全然ライブレポートになってないか?。まぁいいや…バッサンありがとー!