森谷の瀬野

November 14 [Tue], 2017, 14:00
一般的に異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。



挙げられる理由としては日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、自分の出世を考えて結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。

しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く選択肢もあるのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。
当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。ナースの仕事で大変な事の一つに夜勤が存在するという事があります。

医療組織では夜間でも患者さんの病状が急変する事も起こりやすいです。急変した容態に対処するために多くの看護師には、夜の業務があるのです。

といっても、看護師にとって夜間勤務というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるでしょう。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均収入なら看護師の方が上なのだそうです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という専門職らしい長所もあるのでした。

さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。日本では、長寿化が加速し今は超高齢化社会になっていきました。そういう状況で、需要が見込まれる職業が医師と看護師、介護士だと思います。全て専門知識とか技術が必要とし、楽な仕事とはいえません。
これらの職業人の育成に関して国は今よりもさらに考えてもいい頃だと思います。あなたが希望している些細な条件まできめ細かに整理して、次に、転職のサイトを選んでみてください。そうすることによって、自分が求めるような転職先が掲載されているのかどうか、確認ができるようになるのです。


看護師の方が勤務するところといえばイメージとして病院がまず思い浮かべられるのが世間では普通でしょう。でも、看護師として活躍できる場は、病院以外にも様々なところにあるのです。保健師と連携して保健所に勤務し、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師のお仕事の一つでしょう。

医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、大半の医療行為を行うのは看護師なのです。

看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。


実際にはどれ程のものなのでしょう。

看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%前後となっています。内容も今までの授業でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に厳しい資格ということも無いようですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛莉
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる