あのさ、

March 02 [Sun], 2008, 13:57
心配するのは悪いこと?
どうして自分の中で閉じ込めようとするのか分からないよ。

頼りないのは分かってる。
でも、聞くぐらいはできるし、必要ならば考える。

理子が思ってるほど、

私は脆くない

何を思ってんだか知んないけど、溜め込むのはよくない。

もし私に話してなかったとしても、隅っこでカーテンにくるまって落ち込まれたら普通に心配する。

同情?するわけ無いでしょ。私だってされたくない。
第一心配と同情は同じじゃない。
ごめん?謝んなくていいって言ったよね。
何回言ったらわかんの?
大丈夫?なら泣くんじゃない。
強くなれ。
心配するな?なぜそれを決める。
決めるのは私だよ。

理子が思ってるより、私はあの時に比べて強くなったよ?
どうして分かってくれないの?
理子こそ強くなるために行ったんじゃなかったの?
ぜんぜん変わってないじゃない。むしろ弱ってるよ。
自覚してんのか知んないけど。

そんなこと

January 24 [Thu], 2008, 14:32
ないよ?
頼って良いよ
私も頼るから
支えあおうよ

自分と向き合えるようになって
ちゃんと還ってきた時は
「ただいま」
の一言でいい。
謝罪の言葉はいらない。
「お帰り」
って迎えてあげる。

もう…

January 21 [Mon], 2008, 22:23
わからない
わからない
わからない
わからない
わからない
わからない
わからない
じぶんがわからない
わたしがわからない
わたしは



なんなの?

わたしは



避けてるの?

わたしは



もうわからないよ。

避けてない。


そう思ってた。

避けてるの?


「避けられてる。」

そう思わせてしまったのなら




ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。

きっと謝っても許されないんだよね。
私はきっと
許されない罪人。

罪人でない人はいないかもしれない
でも、
私の場合は
私の罪は
もっと重い。
ごめんなさい。

あのね

January 20 [Sun], 2008, 9:17
私にはあなたが必要。
あなたに私は…必要?
そう言うどうしようもない不安が
私の胸にのしかかる。
「必要な人だった」
あなたは私にそう言った。
もう必要ないってことなの?
そんな悲しいこと、言わないでよ。

ほんとに

January 13 [Sun], 2008, 21:58
ごめん。
あなたを更に苦しめてる。
あなたを楽にしてあげたいのに
私は逆に苦しめてる。

私はどうしたらいいの?

January 09 [Wed], 2008, 20:37
あなたの名前でメールが来ても
あなたでないのが寂しいよ。
あなたと会話をしていても
あなたでないのがときどき辛い。
あなたの半身はいい人ばかり。
でもね、あなたじゃない。
あなたと接するように
あなたの半身と接しているか
私にはわからない。
でも…全てはあなたのため
私はどんな苦境も乗り越える。
そう決めたから
がんばれる。

あなたは私に
「何が分かる」
ってきいたよね。
あなたの辛さ、
私も知ってるんだよ?
私も大事な人を失ったから。
こんな事言ったらくさいって
思われるかもしれないけど
大事なあなたを
失ったから。
心の支えのあなたを
自分の全てを曝け出せるあなたを
なくしたから。

あなたはいつ還ってくるの?
どうしてここに居ようとしないの?
聞きたいことは山ほどあるよ。
でも聞かない。
その答えが
あなたに辛い思いをさせるかも知れないから。





色々してくれてありがとう。
本当にありがとう。
なのに私は何もできなくてごめん。
本当にごめん。
許してなんていわない。
許されたらまた甘えてしまうから。

つくったよ

January 04 [Fri], 2008, 10:39
あなたに宣言した通り、作ったよ。
あなたがちょくちょく帰ってきてるのもあなたの場所で見てる。
あなたがいなくなってから、私の中で何かが変わった。
周りからすればたぶんマイナスに。
でも今の私はこうじゃなきゃやって行けないから、あなたが本当に帰ってくるその日まで、きっとこのまま。

ここは桜夏のノベルサブ広場。
ここに載るのは私の本当の気持ち。
ここはそういう場所。
私があなたのためだけに作った、小さな広場。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:なつみ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1991年8月27日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/ouka-a/index1_0.rdf