« 東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ | Main | 3月の新車販売台数 プリウスが過去最高の販売台数で11カ月連続トップ »
インド選手と婚約のパキスタン選手に「妻」から被害届 / 2010年04月06日(火)
ニューデリー(CNN) インドの女子テニス選手との婚約発表で注目されたパキスタンのクリケット選手、ショアイブ・マリクさん(28)に対し、妻を名乗る女性から被害届が出されていたことが分かった。インドの警察が5日に明らかにした。

マリクさんは現在、テニス選手サニア・ミルザさん(23)との挙式を控えてインド南部の都市ハイデラバードに滞在中。警察はCNNの取材に対し、妻を名乗る女の代理という別のインド人女性から被害届が出され、マリクさんから事情を聴くなどの捜査に乗り出したと語った。

この女性は8年前にマリクさんと電話で結婚し、離婚を求められていると主張。嫌がらせや脅迫を受けたと訴えているという。これに対してマリクさんは、自分はだまされたとして結婚の無効を主張している。

マリクさんとミルザさんは5日、ハイデラバードでそろって記者会見し、15日の挙式は予定通り行うと表明した。マリクさんは捜査に全面協力すると話し、捜査が終わるまでインドに留まる意向を示した。

マリクさんはパキスタン代表チームの元主将。ミルザさんは2005年の女子テニス協会(WTA)ツアーでインド人として初優勝し、09年の全豪オープン混合ダブルスでも優勝した有力選手。数日前、インターネットのミニブログ「ツイッター」で婚約を発表し、政治的対立が続く印パ両国選手の結婚に、ファンからは祝福の声が寄せられていた。 4月6日15時9分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000006-cnn-int

Posted at 23:50/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/orwqbegowcvdrh/archive/17
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!