クローズド・ノート

September 27 [Fri], 2013, 10:36
「hulu」に登録した。一ヶ月980円で映画が見放題だって。
で、ポンパレで一ヶ月無料だっていうから、この一ヶ月でどれだけ見ることができるかやってみようって思うww
登録したときには、あまり作品数がないなって思ったのに、昨日なにげなく見ていたら見たい映画がたくさんあって、一ヶ月ではとても消化できない感じだ。
で、最初のチョイスがこれ。
沢尻エリカさん、好きでした。←過去形。
「エリカ様」になるまでの彼女、と言うとわかりやすい、かな?
清純派の路線だったらずっと一線をいけたはずなのに今はあまり露出がなく(身体の露出は増えたが)とっても残念。

さてさて作品「クローズド・ノート」。
最初がまったりしているので、3度目の視聴でようやく最後まで辿り着けた。
最近、すぐ寝入ってしまうお年頃だ。かなし。

要約すると、人の日記を盗み見て、奇しくもその中の彼と同じ人を好きになった女子大生の話。(ぶっちゃけすぎか??)伊勢谷友介さんが好みのタイプでないため、あまり共感が得られなかっただけで映画としてはさらっと素敵な作品だ。
特に、万年筆の小物使いや、「心の力」というフレーズなんかは私の過去にリンクすることもあり、涙もほろり。
万年筆は、左利きの私には相当ハードルが高い。
字を押して書くのでどうしてもインクがピチッと撥ねてしまうのだ。
あの、さらさら〜っと書く感覚はかなり憧れがあるのにとても残念だ。
また挑戦してみようかな?筆記用具としては小学生の頃に使ったきりで手が出なくなっている。
作中にあるようなのんびりした「万年筆店」(しかも美人店員が二人もいる)に是非いってみたい。

人が出会って想いを告げることができないまま、別れてしまったり、そのまま二度と会えなくなってしまったりってことは、誰にでもひとつやふたつはあると思うんだけど、想いって決してそこで途切れることはなく、いつまでもしこりのように残ってしまうよね。あるいは蓋をして存在を隠しているんだけど、何かの拍子に蓋が外れて感情があふれてしまったり・・・。
そして、その残ったままの思いって、次に同じことがあったときには教訓になり、後悔しないようにって「伝えきる」ことへの原動力にもなる。
そして伝えられたほうの想いもまたその人のチカラになるんだなってことがノスタルジックに描かれている作品だ。
秋の少し肌寒いこんな日にはちょうどいい作品だった。

BGM;YUIの「LOVE&TRUTH」
  • URL:https://yaplog.jp/oru_kokoro/archive/963
yaplog!PR
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こころ。
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-得意は貧乏旅行w最近は一人旅も得意となってきました。
    ・映画-お勧め映画などがありましたら是非教えてくださいね。
    ・グルメ-食べた〜い、でも痩せた〜い♪実は作るのも好きです。
読者になる
・好きな言葉:一期一会