おひとりさまの老後を考える

November 15 [Tue], 2011, 0:45
私を通り越して私の背後に向かう視線
慎重に言葉を選びながら
語りかけるように、穏やかにぽつぽつと話す
視線の先にあったのは、紫色の着物を着た奥様の遺影
「よく笑う人でした。明るくてね。」
もう7年もこんな風にひとりで過ごされてきた
時間は誰にも平等で時に残酷だ
その体内に奇しくも奥様を奪ったがん細胞が息づいているという

・・・治療とか、考えていない。
・・・生きる希望もない。
・・・長生きしたってろくなことはない。

返す言葉を一生懸命探したけれど
どんな言葉も白々しくて、ごくりと飲み込む
私はこの現実をどう捉えてどう対処すべきなんだろう
どんなミッションなんだろう
目の前のこの人に笑顔になってほしいと思った
少しでも、生きる希望が持てるそんな明日をプレゼントしたいと思った
なんて無力なんだろう
  • URL:https://yaplog.jp/oru_kokoro/archive/951
yaplog!PR
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こころ。
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-得意は貧乏旅行w最近は一人旅も得意となってきました。
    ・映画-お勧め映画などがありましたら是非教えてくださいね。
    ・グルメ-食べた〜い、でも痩せた〜い♪実は作るのも好きです。
読者になる
・好きな言葉:一期一会