ALWAYS 続・三丁目の夕日

November 09 [Fri], 2007, 9:23
またあの懐かしい夕日が観たくなって午前1回目のファーストショーで堪能してきましたぉ。
大体、続編というヤツは期待の大きさに負けてしまうのか、前評判の割に「あらら?」ってなるのが多いのがセオリー。
がっかり感を味わいたくなくて映画館に行くか行くまいか結構迷ったりしたんですけどつい誘惑に負けてGO♪

でもでもでもっ!!
「24」と同様、裏切らないでくれてありがとう!!って感じで。
今回も泣きたい私を存分に泣かせてくれました
涙もろくなったのは歳のせい?

「お金で買えない、大事なものがある」
CMでも流れたこのフレーズ。
昭和34年は、高度成長時代に突入し、当時開通したばかりの「こだま」であるとか、めまぐるしく発展し街並みがどんどん変化する時代だったようです。
新たな夢を乗せて、より便利により幸せに近づいていくものと誰もが信じて疑わなかった心豊かな時代。

変わらないもの、そして変わってほしくないものの存在。
「大事なもの」にはカタチがなくて、目に見えないから、人は時々不安になる。
カタチがあれば満たされた気がするし、目に見えるものは安心。
お金がいっぱいあればお腹はふくれて一時の充足感は得られる。
逆にお金がいっぱいあってもいっこうに満たされなかったりして。

何が一番心地よいのかってこと、人間は本質的に知っているんでしょうね。
そう考えるとすごく贅沢な生き物なんだと思います。
便利になりすぎて、なくしてしまったものとか。
モノのスピードに追いつけなくなったココロのスピードとか。
時のポケットに落っことしたものを懐かしく思い、あぁもうちょっとゆっくりゆったり人と人の間に転がって、ちゃんと自分に向き合えたらいいのに・・・とかそんな想いでいっぱいになる。

ま、いろいろと交差して劇中でも泣けたのに、エンドロールで流れたBUMP OF CHICKENの「花の名」の歌詞に号泣。


簡単なことなのに どうして言えないんだろう
言えないことなのに どうして伝わるんだろう

一緒に見た空を忘れても
一緒にいたことは忘れない

あなたが花なら
たくさんのそれらと変わりないのかもしれない

そこから一つを選んだ僕だけに唄える唄がある
あなただけに聴こえる唄がある

僕がここに在ることは 
あなたの在った証拠で
僕がここに置く唄は
あなたと置いた証拠で

生きる力を借りたから
生きているうちに返さなきゃ

涙や笑顔を忘れた時だけ思い出してください
同じ苦しみに迷ったあなただけに唄える唄がある
僕だけに聴こえる唄がある

皆会いたい人がいる
皆待っている人がいる
会いたい人がいるのなら
それを待っている人がいる

いつでも
あなたが花なら
たくさんのそれらと変わりないのかもしれない
そこから一つを選んだ僕だけに
あなただけに

いつか
涙や笑顔を忘れた時だけ思い出してください

迷わず一つを選んだあなただけに唄える唄がある
僕だけに聴こえる唄がある

僕だけを待ってる人がいる
あなただけに会いたい人がいる
  • URL:https://yaplog.jp/oru_kokoro/archive/645
yaplog!PR
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こころ。
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-得意は貧乏旅行w最近は一人旅も得意となってきました。
    ・映画-お勧め映画などがありましたら是非教えてくださいね。
    ・グルメ-食べた〜い、でも痩せた〜い♪実は作るのも好きです。
読者になる
・好きな言葉:一期一会