2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
素材屋さま
メールフォーム
タイトル

内容
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:川上林太郎
読者になる
Yapme!一覧
« パパパパPUFFY | Main | 嘆きの白 »
SAMURAI No.7 / 2007年03月16日(金)


今日やっと【武士の一分】観ました。





山田洋次監督作品。

作品全体に感じる空気、雰囲気はめっさ好き。
はっきり言ってこういうのめっさ好みです。
しかしな・・・!!

偉そうな事言ってすみません!!
役者さん、笹野高史さんに食われてますよ!!

大地康雄もいい味出してたけどな。
超渋くてかっこよかった!!

キムタクが〜
キムタクが〜
キムタクが〜

って色々言われてたけどやっぱキムタクは
どこにいてもキムタクなわけであって。

存在感とかおいしいとことか
全部笹野高史さんにもってかれてるような気がした。
まぁ、この人これでアカデミーとっちゃったわけだし・・・。
この人のこの演技見るだけでも価値はあるかも。

総評として武士の一分は
私にとって一回観てOKって感じかな・・・。
DVDまで買おうとは思わんス。

主役がキムタクじゃなかったら考えてたかも。

小林捻侍は本気でちょい役。

うん・・・
本気で静かな作品ですので
映画に派手さを求める人向けではないな。
・・・ってもう終わりそうな映画なんですけどね。


みなさまよろしかったらどうぞ!!


Posted at 21:07 / カンソウブン / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/orochi-01/archive/262
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
   
 Powered by yaplog!