コミュニティでの活動の履歴として、自身(Orator/魔界の仮面弁士)が掲示板・Mailing List・Newsgroup等へ発言した内容の中で、再利用できそうな物を拾い出して、掲載しています。

« [.NET]AxMSHFlexGridでMouseWheelイベントを実装 | Main | [VB2005]WebBrowser上のスクリプト ダイアログを制御する »
Access2007 へのバージョンアップ作業 / 2008年09月18日(木)

MDB ファイルを操作する VB6 製プログラムを、Access 2007 の accdb 形式に対応させたいという質問があったので、その時にまとめた資料です。

各原典へのリンクも貼りたかったのですが、Access の開発者向けヘルプには記述があっても、Web 上には記載されているところが見当たらなかったので、リンクを断念…。


[09/18/2008]Programming Library(VB掲示板)

  • 《Access の UI を併用する場合》

    1. データベース ウィンドウが無くなりました。代わりに、ナビゲーション ウィンドウが採用されています。操作感が異なるので、ユーザー向けにマニュアル等を作成していた場合、その内容を見直す必要があるかと思います。
    2. ご存知の通り、Office のツールバー(CommandBar)が、リボンに変更されました。CommandBar とはバーのサイズが異なるため、Access 側のフォーム等を用いていた場合、利用可能な画面領域に差が生じるため、画面デザインの見直しが必要になる可能性があります。
    3. メニュー項目が変更されているため、SendKeys によるメニュー制御は見直しが必要です。
    4. DoCmd.DoMenuItem メソッドへの変更はありません。従来の acMenuVer70 等のコードはそのまま利用できます。ただし、2007 のメニューを DoMenuItem で操作する事はできません。
  • 《DAO の場合》

    1. 参照設定するライブラリが、DAO360.DLL から ACEDAO.DLL に変更になります。
    2. 新機能サポートのため、ComplexType/Field2/Recordset2 という型が追加されました。
    3. ODBCDirect ワークスペースがサポートされなくなりました。この機能を用いたコードは、RDO 2.0 や ADO を用いたコードに置き換える必要があります。
    4. Jet ワークスペースからの ODBC 接続や ODBC パススルーは、引き続き利用可能です。
  • 《ADO の場合》

    1. ADO は、2.5 以上のバージョンを参照してください。
    2. 使用するOLE DB Provider の名前は、"Microsoft.JET.OLEDB.4.0" ではなく、"Microsoft.ACE.OLEDB.12.0" となります。
    3. 今のところ、JET 4.0 用 JetOLEDBConstants に替わる ACE 12 対応版の定数定義は見当たりませんが、MDAC 2.5 SDK / Windows DAC 6.0 SDK で定義される定数群は、accdb でも引き続き利用可能なようです。(なお、"Jet OLEDB:Engine Type" プロパティは *.accdb では「6」を返します)
  • 《文書化されていない開発者向け機能について》

    1. DAO の ISAMStats メソッドや、ADO の"Jet OLEDB:Reset ISAM Stats" プロパティは、引き続き利用可能です。
    2. ShowPlan の設定箇所が変更になっているようです。従来、JETSHOWPLAN=ON の設定箇所は HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Jet\4.0\Engines\Debug のレジストリキーでしたが、2007 では HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\12.0\Access\Access Connectivity Engine\Debug であるとの情報を海外サイトで幾つか発見できます。(ただし当方環境では、この設定を行っても、Access 2007 では showplan.out が出力されませんでした)
  • 《その他の変更点》

    1. 外部データのインポート機能として、Microsoft SharePoint がサポートされました。
    2. エクスポートできる形式が増えています。Excel/Access/Word の 2007 形式はもちろんのこと、PDF、XPS への出力も可能となっています。SharePoint への発行も可能です。
    3. エンジン設定の既定値を格納する場所が変更になっています。従来のバージョンでは、HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Jet\4.0\Engines のレジストリキーでしたが、2007 では HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\12.0\Access\Access Connectivity Engine にて設定されることになります。

Posted at 18:51 / Jet/Access / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/orator/archive/79
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R

Microsoft Most Valuable Professional, Visual Developer - Visual BasicMSMVP for Visual Basic

   
Global Media Online INC.