東方神起ライブツアー2017〜Begin Again〜A

November 14 [Tue], 2017, 4:49
今回、私はP25ブロック2番という座席だったのですが、チケット発券された時に『あれっ、スーパープレミアムなのに25ブロックって思ったんですが、なんとP席33ブロックまであるんですよね
その中でステージサイドの位置になるP2,P4,P5,P7,P11,P12,P17,P18,P24,P25の一部がスーパープレミアム席になるようでした。
若い番号が良い席というわけではなさそうです。
個人的にはP24,P25ブロックのスーパープレミアムシートの方が神席かなと思います

座席を探してウロウロしていたのですが、全く違う方面に歩いて行っていたようで
ドーム内で迷子とかひどすぎますよね
係の方に聞いたら、『真逆の方向で、ステージをまたぐことができないので1度戻って下さい』と言われました

何とか開演前に座席に到着
周りの方が『あ〜、お隣の人来た〜、待ってましたよ〜。』と歓迎して下さって、『お待たせしてスミマセンって感じでした。
次回のツアーからはもっと早めに席に着くようにしよう

入場とトイレとでなかなか座席が埋まらなかったこともあって、開始も10分ちょっと遅れたようでした。
待ってる間、周りの仲良くなった方々と1曲目は何かって話でめっちゃ盛り上がり、大体みんなWhyじゃないかってことだったんですが…

ライトが消えたら懐かしいレッドオーシャン本当にキレイで、あぁ、帰ってきたんだな〜って思いました。
彼ら2人も帰ってきたけど、我らも東方神起の元に帰って来たよ

オープニング映像は何だか黒い頭巾をかぶった人が現れて、もしかしてユノなのチャンミンなのとザワザワ。
頭巾をとるとなんと知らない女性…ガッカリ。笑
そのあと、ユノとチャミ(と思わしき2人)のセーラームーンのセクシーな変身シーンみたいな映像が顔が映らず首から胸だけで、しかもギリギリで大事な所を見せてくれず、ものっすごいじらされました。笑

1曲目は皆の予想を裏切って、来月発売の新曲。
Reboot
2人はメインステージの両側から四角いBOX(?)に乗って登場。
いつも登場は白か黒の王子様風の衣装なんですが、今回は赤。上着が紺のベロアジャケット。
黒い太めのベルトとブーツがカッコイイ
メインステージの両端にあるスライドステージ?でアリーナを移動。
私の席からは見上げる感じだったのですが、すごくかっこよかった
Reboot良い曲ですね、早くフルで聞きたい

考えてみたら、初日に参加するのって初めてです。
何の情報もない状態でステージ見るのってすごくすごくドキドキしますね

Android
スライドステージからBIGプロペラへ移動。
目の前をユノがチャミが歩いていく〜

Humanoid
センターステージで目の前で見れました。
今までこんなに近くで2人を見たことがあったでしょうか
お隣のチャミペンさんと2人で絶叫でした。

MC1
『札幌の皆さん、こんばんは〜東方神起です。』でMCが始まる。
C「東方神起Live Tour 2017~Begin Again〜にようこそ〜」

速攻ハケようとするチャンミンに「あっ?何急に…いきなり行っちゃうの」と慌てるユノ「ちょっと説明してて…」と冷静なチャンミン。

Y「札幌の皆さんお久しぶりで〜す。みんなの〜ユノです本当にこの瞬間をすごく楽しみにしていました。みんなもそうだよね〜?声が小さいな。みんなお腹が空いてるのかな?東方神起のこと待ってくれましたか〜?よし!その期待以上の思い出を一緒に作りましょう。」
それから、最初BOX(キューブ?)から登場した時のことを「カッコ良く箱を割って登場しようとしましたが、思ったより箱が固くて…これ以上は内緒です。」と。

Y「じゃ、そろそろチャンミンを呼んでみましょうか?僕がせーのって言ったら、みんながチャンミ〜ンって言ってください。わかりましたか?じゃ、今行きます。みんなでせ〜の〜。」

会場『チャンミ〜ン』

C「ど〜もど〜もど〜もど〜も、みなさ〜ん、こんばんわ〜チャンミンで〜す。僕チャンミンがあの、シムチャンミンがやっとここ札幌に戻ってきました〜。僕シムはみなさんと会いたかったですこの2年間でですね、会えなかった分思う存分今日はものすごく熱く盛り上げて行きたいと思います。皆さん、今日準備OKですか2年の重みなのか声が遅れていて、皆さんの健康が心配です。楽しめる準備はOKですかじゃユンホを呼びましょう!せ〜の」

会場『ユノ〜』

ユノ登場。

one more thing登場した時の衣装、上着を脱いだら何だかドラゴンボールの孫悟空風なんですね。笑

Superstar
毎度恒例、ユノの「いっそ脱いでしまえばいい」は今回上着がないので肩の辺りを指で撫でる感じが妖艶でしたよ
あとチャンミンの高音、すごいイイ

chandelier
「ただいまと君に言うまで〜」って歌詞の通り、今回のツアーにピッタリの曲ですね。

VCR
オープニング映像の黒頭巾の女性に助けを求められる2人。
赤と青のキューブをもらって、扉の中に入っていくと…バーチャル世界?
高層ビルが立ち並ぶ都市が一転、荒廃した世界へと変わってしまいます。
空に大きな四角い物が現れ、2人にレーザーみたいなもので攻撃
2人の表情がとても苦しそう(やめて〜)
何故だったか、とりあえず危機を脱した所で今度は2つの扉が現れる。
2人がそれぞれ別の扉へ。
過去ツアーのTIMEとかTREEとかの時の映像とちょっと似ている部分もあって、意識してたのかな?
廃れた世界を救う救世主風。

B.U.T.
黒いライダースジャケット(ツアーロゴのような模様つき)・中はメッシュー黒のタンクトップ(なにか模様があったような)・白いパンツで登場。
ワイヤーが付いてるのが見えて、会場どよめく。
ワイヤーが邪魔するからか、ダンスがちょっとぎこちなかったけど…曲の途中でメインステージからサブステ付近までフライングで移動。
吊られ慣れてないからか、ユノ動きがスローモーションみたいでかわいかったです(ユノに夢中でチャンミン側は見えなくて…きっとチャンミンはカッコよく吊られたに違いない

Spinning
プロペラの上でのSpinning。
この曲のダンスが大好きで、回りながら踊る2人、カッコ良かったです

Survivor
これまた目の前で見れて良かったです。

One and Only One
プロペラの両端で回りながら歌ってくれました。
調度曲が終わるのと同じタイミングでプロペラが良い位置で止まったのに隣の方と感動してました。
「ぴったり〜」って。

VCR
キューブを持って進んだ扉の中でユノはダークチャンミンとチャンミンはダークユノと対峙します
*ダークユノもダークチャンミンもアイメイク濃いめでめっちゃカッコイイ
んでもって、チャンミンが剣をユノが槍をもってそれぞれダークな相方と戦います。
けっこう本気のアクションで、映像とはいえユノとチャンミンが戦うのは見てて辛い〜(カッコイイけど)
お互いピンチになったところでさっきのキューブが発動して、ダークな2人を倒し、ハッピーエンド。(詳細は会場でご確認ください)

シアアセ色の花
メインステージの真ん中あたり、タケノコみたににょきっとした舞台の上からミラーボール神起と呼ばれるくらいキラキラの眩しすぎるシャツを着て登場。
チャンミンはしっかり裾をパンツにインしていたけど、ユノは右側の裾がペロンと出ていて…ずっと気になってたよ。
そういうデザインだったのだろうか??

良い曲なのに、そんなとこばかりが気になり集中できない

君のいない夜
メインステージでチャンミンは1人掛けソファーに、ユノはシングルベットに座って歌います。
座りながらバラード歌うのってちょっと大変そうだったけど、キレイでした。

STILL
プロペラの上で回りながら歌ってました。

MC2
プロペラの両側に立って歌ってたので、離れていた2人。
C「真ん中に集まりましょうか」と声をかけて、2人センターステージに移動。
Y「チャンミン、なんで俺より早く到着したの?俺より足が長いからかなぁ?」
C「正確にいうと、僕の方が2センチ長いですね。(笑)」

C「さっき東方神起ですって挨拶もしましたけど、もっと言いたいことがありますよね。」
Y「そうですね、今年はこの挨拶で、全国をまわりたいと思います。…札幌の皆さんただいま!」
会場「おかえり!!!」
Y「前に約束した通りに、待ってくれて、ありがとう。」
C「2年たって皆さんちょっと老けたというか…自分達もそうなんですけど…。僕たちの日本語大丈夫ですよね
Y「久しぶりでビビったけどイケるかなぁ」
C「イケてるんじゃないですか?」

C「では、ユノの日本語をテストしましょう。ツアータイトル、Begin Againの意味は?」
ユ「日本語でいうとでいうと 再び 始まる だ
会場『わあ〜』
ユノ投げキスして歓声に応える。

C「そうです、僕たち東方神起の歴史が再び始まるということで5大ドームツアーを始めましたよね。略してビギアゲツアー」
Y「それってBegin Againのこと?」
C「それと、ビギさん達をアゲていこうかと」
Y「ビギさん…Bigeastのこと?全部略してるのか…じゃあ、チャンちゃん、ユンちゃんでいいじゃない
C「いいんじゃないですかユンちゃん」
Y「はい、わかりましたチャンちゃん」
C「すごく嬉しそうですね」

C「今日、すごく暑いですね。昨日のリハまではうちの会社がダンボール…暖房をつけてくれなかったら寒かったんじゃなくて、皆さんがいなかったから。そんな意地悪な会社では…」
Y「はい、もうその辺で…」と止める。

Y「最初が札幌なので、嬉しいです。僕たちがデビューした時に最初にこのステージに…あっ、いやこのステージじゃなくていや、このステージだったんだけど1番最初にステージに立った街が札幌だったんです。」(最初に立ったのはドームのステージじゃないけど、札幌のステージが最初だったと言いたかったようです)
C 「2人にとって意味のある街ですよね」
Y「海産物すごく食べちゃって…」
会場「かわい〜」
Y「かわいーじゃないから
この辺のMCの時、ユノはずっと衣装のズボンのベルト(長めなの)の端っこを持ってブラブラさせながらしゃべってました。

C「2人も歳とりましたけど、皆さんの健康が心配です。病院行ってください!健康診断!」

Y「これ、面白いのが…(自分でハードル上げちゃうタイプ)前にスタッフさんとみんなで全員じゃないんですけど、登別の温泉行った時、有名なやつ…何だそれ
C「あ〜じゃがポックルですね。」(どうしてわかるの〜
Y「それスタッフさんが彼女にじゃがポックルをお土産に買って、それを買ったよって連絡したんだけど…間違って“買ったよ”ってハートつけて上司に送っちゃったんです」
実際のLINEのやり取り画面がモニタに映し出される。(上司の方のプロフィール写真はTBになってました)
Y「それ以来、みんな(そのスタッフさんを)ポックルさんって呼んでます。」
Y「ポックルさん、最近見ないですね。その上司の方は今副部長です
C「あ〜アレ(舌を鳴らしてクビのジェスチャー付)したんですかね?」
Y「ポックルさん、結婚したみたいですよ。…違う人と
C「別れは突然にやってくるんですね。今日彼氏・彼女と来てる方いますか?」
Y「恋人と来てる方、手あげて下さい」
会場「シ〜ン」
Y「えっ、こんなに少ないの…?本当に?」(ユノ、ごめんよ。みんなあなたたち2人が好きなのよ)
C「余計なお別れがなくて良かったです」←毒舌復活〜

C「この前、日本シリーズでソフトバンクのファンがジェット風船をとばしてるのを見て綺麗だなぁって言ったら、スタッフさんがビギさんのTILLの動画を見せてくれて、すごく綺麗でした
Y「2人がいないのに沢山来てくれて感無量でした。」
Y「僕もこっそりTILL見に行こうと思ってたんですけど…全部終わっちゃいました
C「実物が無事に戻ってきたんだから、本物の方が良いですよね。」

C「早速次の曲に行こうかと思いますが、皆さんに逢いたいなと思う気持ちをですね、かなり露骨に歌った曲がありますよね」
会場 爆笑 ユノも爆笑
C「皆さん聞いたらすぐにわかる、露骨な歌ですね。皆さんも一緒に露骨に歌って下さい」

逢いたくて逢いたくてたまらない
曲が始まる直前、チャンミンがまた「露骨に!」って言ってました。マイブーム?
逢いたくて逢いたくての間にユノが「ユノに〜」(逢いたくて逢いたくて)「チャンミンに〜」(逢いたくて逢いたくて)「皆さんに〜」(逢いたくて逢いたくて)って言ってくれます。
この言い方がめっちゃカワイイです

Duet-Winter.ver-
白いリボンのようなものがいっぱいついたシャツに黒いパンツで登場。
ユノは白いギザギザな椅子に座って、チャンミンがTをかたどったような棒状のモノに縛り付けられて(笑)立って登場。
15mくらいのフライングで、スタンド席のだいぶ後方の方まで見渡せそうな位置で歌ってくれてました。
私の位置からは後ろ側しか見えなかったので、始終モニタで確認。
ユノが椅子なのは怖くて立てなかったからかなぁ?
椅子の右側に捕まる部分があって、前半はずっと手すりにつかまった状態で歌っていたようでした。
逆にチャンミンは右手についた手錠(?)みたいなもので棒に縛り付けられてたんですが、命綱それだけなのにあっちにもこっちにも手を振って、グラグラ揺れる度にドキドキしてしまいました

White
同じく宙づりのまま歌ってました。
ユノは少し余裕が出てきたのか、小さくお手ふり。

VCR
WITHコンの時のスロットマシーン(?)と似たような映像。
ユノは赤と黒のチャンミンが青と黒の小人神起の時のようなチェックのスーツで登場。
鏡みたいな道具を見つけて、横に付いたボタンを押して相手にかざすとSNOWみたいに色々変身しちゃいます。
チャンミンがウサギとかカワイイ物に対して、ユノはマリリンモンローとかゲジゲジ眉とか面白いものが多かったような気がします。
私の大好きな小人神起も再び登場して、嬉しかったな〜
2人がどんどんボタンを押すので、鏡が壊れちゃって、ドラゴン現れてる
ユノが手でドラゴンのような動きをして次の曲。

Catch Me
さっきのドラゴンはこの流れのためだったのね〜。
上下白いCatch Meの衣装。
メインステージで歌ってました。
やっぱりカッコイイ

Band and Dancer紹介
WITHコンの時のとちょっと似せた感じの2人が順番に紹介していくような映像。
でも、今回はより面白い感じに仕上がってました

Easy Mind
メッシュタンクトップに白黒ベスジャケット、青?今っぽいワイドパンツで登場。
トロッコでスタンド側を回ってました。
私の席からはあんまり見えなかったので、モニタ頼り。
相変わらずカワイイ振付のユノ。
チャンミンは変顔連発でした。

I just can't quit my self
決まった振付があったようだ。
知らなかったけど
その場で習得して一緒に踊っておきました。

OCEAN
やっとメインステージに戻って来てくれた〜。
タオル振ると周りに迷惑になりそうだったので、ペンラを振り振り。
ユノがもっともっとと煽るので、筋肉痛覚悟で頑張りました
油断してたら銀テバーンって飛んできて、慌てて手を伸ばしたけど1個も取れなかったよ。
後ろの席の子が1つ分けてくれたんだけど、破れて字が読めない
傍にバリケード抑える係のスタッフさんがいたので、お願いして届かないところにとんだ銀テ取ってもらいました。
それを見たP席後方の方が何度も銀テもらいにきて、若い女の子がごそっと持って行ってましたが…そんなにいっぱいどうするんだい
その子のせいで気が散ってしまい、集中できなかったよ
銀テもらうのは、終演後にしてもらいたかったです。

Bolero
今回のアルバムで2人バージョンでレコーディングし直されたので、絶対歌うと思ってたよ〜。

Why
やっぱり1番盛り上がりました。
会場全体で掛け声。
TONEコンの時サッパリだった掛け声ですが、もうずいぶん板についてきました。笑


アンコールはツアーT(黒)で登場。
Tシャツの上はヤンキー風スカジャンに黒いパンツ。
いつもはユノがそのままTシャツで、チャンミンが腕の当たり大きくあいたやつだったのに、今回のツアーから逆に!
チャンミンはちょっと袖が長めのやつで、ユノは脇が大きくあいたやつ。
左腕に黒いバンダナ巻いてました。

MAXIMUM
いっつもカッコイイ衣装でしかも傘とか道具を使って踊るイメージだったので、ツアーTで踊るの新鮮。
…だけど、私はいつものバージョンが好きよ。

ステージ下りて客席の間の通路を歩いてバックステージに移動。
目の前をユノがチャンミンが通り過ぎていくので、P24,P25ブロックのスーパープレミアムの方、ドッキドキですよ
ユノがハイタッチしてくれますよ

Rising Sun
バクステで…後姿しか見れずに残念〜。
でもでも、この曲は2人になってからアレンジされた「slow down〜」の部分が大好物なんですが、今回バクステ(?)ちょっと狭いところでやったのが残念だったな〜。
WITHンの時のが完璧に良かった

アンコールMC

再びセンターステージに戻るのにステージを下りて客席間を移動。
Y「皆さんと同じ目の高さになれて嬉しかったです僕、意外と顔小さいでしょ?」と。
Y「MAXIMUNからRising Sunしびれますね」
C「やばいですね」

Y「皆さんに新しいおしいれが…お知らせがあります」
会場 爆笑
C「この方は本当は日本語が上手なんです!笑わないで下さい!失礼ですよ
Y「12/20発売に新曲が発売されることになりました〜これ以上は…皆さん、よろしくお願いします」(CD買ってねってことね)
C「Rebootっていうのはどういう曲ですか?」ってユノに質問。
英語で説明しなきゃいけないかと焦るユノ「えっ、英語で?日本語で?」
Y「Rebootっていうのは再起動っていう意味で…」とその後、ユノが熱くRebootの意味について説明していたと思います。
C「ユンホが(着替えで)いないからいいますけど、僕たちもうデビューして10年以上経ってるのに、再始動、再起動っていつまで新しく始めればいいんですかね?もうこれが最後にしたいです。なぜかって言うと、もう皆さんと離れるのが嫌だから。」と。
会場大喜び
そしたら、チャンミンの背後に上着脱いだユノがいて「全部聞いたよ(ニヤリ)」

C「これが最後の再始動になって欲しいんですよ〜」
Y「二度と離れないよ

C「ユノがホテルのエレベーターで言ってたんですけど『あ〜俺年取ったかも』って」
Y「腰がね…骨盤も歪んできちゃって。でも、皆さんが喜んでくれるなら(激しいセトリも)ありかな」
C「いやいや…そのために(喜ばせるために)自分の寿命を削ってまでやる必要はないと思います」

Y「今回から新しい舞台装置が増えましたね」
C「舞台装置増えるとダンスの振付が減るんで、すごく嬉しいです」
Y「プロペラ長くなって厳しいんじゃないの?」
C「その分ダンスが減るんです!」

Y「今回のツアーの見どころはフライングだと思います。ワイヤーアクションで歌うことになるとは思わなかったです。今まで色々やってきたけど。15m。怖くなかった?」
C「これ以上話すとスタッフの方に『そんな正直に…』って言われちゃうんで…」
C「(怖いの)我慢するべきだと思うのはドームの2階3階の皆さんのこんな近くに行くの初めてですよね」
Y「僕ちょっと怖くて。前ばっかり見て歌ってました(笑)次からもっと皆さんの顔を見れるように頑張ります」
確かにユノ真正面みて歌ってた。
C「心配なのが、僕の家族もいつか分からないけど、見に来るじゃないですか〜、これを見たお母さんがショックを受けないか心配です」
Y「でもシートベルトしてるから。安心してくださいね」

Y「前にダンサー、バンドの皆とこんな事を話してたんです。ワンピースてあるじゃないですか?ワンピースでルフィーと仲間が離れ離れになるんです。それぞれの試練を経験するんだけど。また仲間で2年後にもっと強くなって再会すると約束して。それが東方神起と凄くリンクしてると思ったんです。なので、バンド&ダンサー紹介VCRは一緒に青春するVCRにしてみました」
C「見えないところで頑張ってくれているスタッフの方々も顔見知りの方が多くて、2年待っていてくださったと思うと嬉しいです」

そういえばこの日、EXOシウミンが客席に来てたんですよね〜。
韓国出国する時からニュースになってて、『絶対札幌にトン見に来るんだ』とTwitterでざわついてましたが。
やっぱりでした。

C「今日は会場にEXOのシウミンが来てくれています」
会場「きゃ〜〜〜〜」
Y 「俺より評判いいんじゃないの?」

C「あの〜正直に言うと2人にですね、見に来るっていうことを内緒にしたいみたいだったんですよ。で、なんでなのかどういうきっかけで僕はちょっとそれはおぼえてないですけど、たぶん彼が来る前の2週間前からシウミンが来るかも見たいな話になって、今日ちょっと来てくれて全然知らなかったふりをするべきかな、それが彼に対するマナーかなとちょっと思ったんですけどね。」
Y「はい、あのここにいらっしゃって本当にありがたいですよね。」
C「そうですね」
Y「EXOのこともこれから応援してください。でも僕たち2人のこともお願いします」
C「飛行機に乗ってですね、あの見に(来て)下さるのはなかなかすごくあの愛情がないとですね、できないことだと思うんですけど。ここでですね、もう1度彼にすごくありがたいって言いたいです。ありがとう」
シウミン、手で作ってすごく喜んでました。(可愛かった

ウィーアー!
Summer dream
somebody to love

もうこの3曲はツアーの盛り上がる定番になってますね。

Begin
意外だったのがコレ。
アルバムにも入ってないし…と思ったら、新曲RebootにBegin~Again ver.〜として収録されるんだとか。
イントロが聞こえた瞬間会場から「うわ〜」というような声が。
2人が向き合って歌うところ、すごくよかったです
「今、2人だけでBegin」って…素晴らしく今の状況にピッタリくる

ラストがセンターステージで終わったんだけど、チャンミンがバクステ側に歩き出し…つられてユノも。
話しながらはっと、メンバー紹介はメインステージでやるんだったと気づいてメインステージに戻る2人。
C「間違って前に行っちゃいました」
Y「それがライブのみどころでしょ」

東方ダンサーズとバンドさんの紹介。
バクステまで挨拶に出た2人、メインステージに戻る時…
Y「チャンミン!今日はどっちから行く!?上手?下手?」
C「あー…、じゃあこっちから…」
Y「わかった!下手から!!!」めっちゃドヤ顔で。

ユノは昔、下手と上手がわからなかったんですよね。
成長したね

そして、最後の挨拶…。
Y「はい、あの〜今日今までやっと皆さんに会えましたけど、さっきも言いましたけど、実はこの離れていた2年間で僕ユノはなんか個人的に色んな事があって、なんか考えたんですけど、東方神起のユノも人間としてのユノも、皆さんがこんなに愛されてもっと成長したと思っています。それで、それが今までは皆さんのことがただ好きで、踊って歌ってそれでだけでも十分だと思ったんだけど、これからですね、ただ好きではなく、皆さんのことを大切に思っています。んで、これからはもっと大切人思って、東方神起のことを守ってください。そしたらユノもチャンミンも皆さんのことを守ってあげるから。今日はここk札幌から始まってすごく良かった。今日はありがとうございました」

会場『ユノ〜』
拍手が鳴り止まず、スクリーンにユノがアップで映し出され、会場中が涙を期待していたら…
C「残念ながら泣いてないですから。やめてください。無理やり気持ち作らせないで下さい」って。

C「あの〜そうですね。あの〜好きになるっていうかあの応援することってあの、ちょっと考えてみたんだけど、好きになるっていうのは特に相手の何かがコレが好きっていうよりただ理由もなく好きになるっていうことかなとこの2年で思ったんですけど、ちょうどですね、あの僕たちこの2人の東方神起がですね、あのやってきてる歌そしてパフォーマンス、そして日本語がですね、ものすごくあの世界一のトップレベルのものっすごいうまくて誰と比べても誰より1番うまいよって言えないかもしれないですね。なのに、2人のことを2年の長い時間まで待ってくださってあの、こんなに応援してくださっているのは、理由もなくとにかくただこの2人のことが説明できないかもしれないけど、とにかく好きでとにかく愛しているという皆さんの気持ちがですね、素晴らしいことかなとこの2年でちょっと思いました。これからはですね、あの今のままのありのままの東方神起この2人でずっとい続けていて、一生懸命頑張っていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。」

『それでは東方神起でした〜』

C「みんな We Are?」
会場『T〜』
Y「本当に聞きたかった。懐かしいなぁ〜。」
C「カムサハムニダ〜」
Y「Thank you、カムサハムニダ、ありがと〜う、札幌ありがと〜みんなのこと大切に思ってるよ〜

Twitterの情報とか、テレビで放送された映像とか、もろもろを駆使して記憶を掘り起こしましたが…。
MCの順番がちょっと自身ありません。
大体こんな感じだったというのが伝わればいいなと思います
  • URL:https://yaplog.jp/orange_land/archive/3049
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ORANGE
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1982年8月8日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-1年に1回は大きな旅行がしたい!!今年は夏休みに仙台へ。それと4年ぶりに沖縄へ♪
    ・ワンコ-愛犬・豆太郎を溺愛中。
    ・ビューティ-年を取るごとにキレイになりたい♪日々お手入れ頑張ってます!!
読者になる
最新コメント
アイコン画像ORANGE→nanaさん
» 台風21号→北海道胆振東部地震 備えあれば憂いなし (2018年09月21日)
アイコン画像ORANGE→nanaさん
» やっぱり大雪が好き〜チングルマの花畑@黒岳 Part.3 (2018年08月24日)
アイコン画像ORANGE→nanaさん
» やっぱり大雪が好き〜チングルマの花畑@黒岳 Part.2 (2018年08月24日)
アイコン画像ORANGE
» リベンジ登山@伊達紋別岳 (2018年08月06日)
アイコン画像nana
» リベンジ登山@伊達紋別岳 (2018年08月05日)
アイコン画像ORANGE→茜ちゃんラブリーさん
» 山陽地方ぷらり旅 〜4日目・しまなみ海道サイクリング・生口島〜 (2018年06月25日)
P R
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE