ドイツ語で座頭市を観る

December 12 [Sun], 2004, 7:46
 最近こちらで流行しているドイツ語版北野武「座頭市」(友人の演出!)を観ました。サムライたちはドイツ語を話してます。サムライの発音は<ザムライ>となっており、日本酒は<ライスワイン>!観たところ、たいして目新しさも感じず、日本人にはさほど面白くないだろうな、という感想を持ちました。それが不思議なことに、ヨーロッパで観るとおもしろいです。なんてヘンな国なの!ってのもありますが、日本のコンセプトや風景がなにかと新鮮です。客席でもウケていました。アダモちゃん(?)みたいなたけし軍団のキャラなんて、大ウケでした。こっちって、数年前「たけし城」が放映されてたみたいです。
 
 私としては、もっといい日本映画がたくさんあるのにな、そういうのを紹介したいな、という気持ちがあります。鈴木清純とか、よっぽどいい映画作ってるし、ヨーロッパ人に気に入ってもらえそうな気がしますが、どうだろう。
 
 どうでもいいことですが、いま、無性に松田優作が観たい!

日本語の美

December 12 [Sun], 2004, 7:24
 このブログを見てくださる方々、いつもありがとうございます。最初は演奏会記録を中心に書いていましたが、私の友人にはオペラに関わりのない人も多く、「おまえのブログはマニアックすぎて書き込めない」との声をいくつかいただいたので、普通の日々思うことも時々書いてみることに致しました。質の低下がよりいっそうとなることを懸念していますが、お許しくださいませ。

 さて、日本語。こちらに来てから、学生などに日本語を教えるようになりましたが、改めて日本語の美しさを感じ、しあわせを感じています。優れた日本文学に名作があることを誇りに思います。夏目漱石「草枕」の原詩と漱石訳を今日読んでみました。日本語版、美しい。まったく違う美世界となっている。自分が普段している訳の意識の低さと比べ、あまりのレベルの差に愕然としてしまいました。自分の乱れた日本語を直していきたいと思います。

 We look before and after,  前を見ては、後へをみては、
  And pine for what is not  物欲しと、あこがるるかなわれ。
 Our sincerest laughter      腹から、笑ひといへど、
  With some pain is fraught;  苦しみの、そこにあるべし。
 Our sweetest songs are that tell うつくしき、極みの歌に、
  of saddest thought.        悲しさの、極みの想ひ、
                    籠もるるとぞ知れ。


2004年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぷるん
» そろそろ (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
» そろそろ (2008年09月30日)
アイコン画像ちちち
» そろそろ (2008年09月24日)
アイコン画像50t
» そろそろ (2008年09月23日)
アイコン画像まりあ
» 美しいともだち (2006年04月08日)
アイコン画像mih
» 東京人 (2006年03月28日)
アイコン画像mih
» 一郎と二郎と三沢 (2006年03月28日)
アイコン画像mih
» おめでとう! (2006年03月28日)
アイコン画像宴会部長
» 東京人 (2006年03月13日)
アイコン画像まりあ
» 東京人 (2006年03月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:operanosyugyou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる