初校終了、かな。

March 31 [Mon], 2008, 0:41
 メンデルスゾーンのヴァイオリンソナタ全集の楽譜出版、ようやく初校が、終わりました。先日の名古屋から帰りの新幹線で残りのチェックを終えて、星野宏美さんとメールでお互いのチェックした点を付き合わせました。今回、複数の人間がチェックすることが如何に大切かわかりました。気をつけてみているつもりでも、かなり見逃しているところはあるのですね。
 それにしても、どうしてこんなに間違いが多いのだろう。間違いが一つもなかったページは、100ページ中、たったの数ページでした。さて、第二校では、どのくらい直ってくるのであろうか・・・・・・

夜桜コンサート

March 30 [Sun], 2008, 23:42
昨日は、横浜の「なごみ邸」での演奏会。

ちょうど、桜が見頃で、美しかったです。


名古屋へ

March 29 [Sat], 2008, 12:33
 昨日は、名古屋へ住居探しに行ってきました。4月から勤めることになった愛知県立芸術大学に近いところで、事前にインターネットで検索、藤が丘、杁ヶ池公園周辺の5件の物件をチェックして問い合わせ、返事があった不動産屋3社を廻って、決めてくるつもりでした。当初、職員住宅にはいるつもりだったのが、3月半ばに連絡があり、職員住宅に入れないことになってしまった(入ったとしても秋までには出なくてはならない)ので、慌てて探していたのでした。

 夕方には東京に戻らなければならなかったので、朝から動けるように、夜行バスで名古屋入り。途中、三ヶ日で休憩のあとバスが動き出したとき、後ろで寝ていたおばちゃんが目を覚まし、「あれっ、地震だね。あ、違うか、あーあ、ビックリした」と言ってまた寝てしまいました。
 ほぼ定刻通り6時20分頃名古屋駅着。少し、駅のまわりを見てから、地下鉄東山線に乗り、本郷駅で下車。開店までの間にそこから藤が丘駅周辺、そして杁ヶ池公園まで歩いてみました。事前の情報では、杁ヶ池公園の方が環境はよさそう、と思っていましたが、藤が丘も駅からほんの少し離れると完全な住宅街。そして藤が丘の方がいろんな面で便利だと思いました。藤が丘駅近くの交番前を通ったとき、お巡りさんが元気な声で「おはようございます」とあいさつしてくれました。

ちなみに、藤が丘駅近くでこんな店を発見

いつか行ってみようと思います

 最初に行ったのは、名鉄瀬戸線三郷駅近くのお店。10時の開店を目指して9時過ぎにリニモに乗り、八草から愛知環状鉄道、瀬戸市で名鉄に乗り換え。愛知環状鉄道はカード類が使えなく、瀬戸市では自動改札もなくて駅員が一人一人に声をかけながら切符を回収、良いですね、こういうの。久しぶりに味わいました。

 10時の開店とほぼ同時に店内へ。名乗ると、「お待ちしておりました」と元気の良い声。あいにく、気になっていた物件はもう満室になってしまったとのことでしたが、条件に合う物件を3件提示してくれて、その内2件を見に行きました。最初に見たところは、杁ヶ池公園徒歩1分、3DKで63000円(共益費込み)。ただ、ちょっと古さが目立ったのと、大通り沿いで車の騒音などがちょっと気になりました。二軒目も3DK、藤が丘から徒歩12分。駅からはちょっと遠いのですが、静かな住宅街で角部屋。ただ、南側に貯水槽があり、その陰になってしまうため日当たりはあまりよくなさそうでした。共益費込みで65000円。急に決まったこと、今日中に他の会社も2件廻る予定にしていることなども話していたのですが、とても親切に対応してくれて、なんと、物件を見終わったあと、次に行く予定の不動産屋の近くまで、車で送ってくれたのです。

 さて、次に行った不動産屋で、事前に目をつけていた物件は、格安物件。藤が丘徒歩5分で55000円駐車場代込み。でも、店員は古いのであまりおすすめできない、と・・・。他に、駅のすぐ近くの物件と、一押しの物件、3カ所(すべて2LDK)を見せてもらいに行きました。格安物件は、外装はそれなりにきれいなのですが、部屋の中は、確かに古い。お風呂も昔懐かしい?バランス釜というもの。共用部分の廊下も、暗い。駐車場代込みというのは、大家さんがお医者さんで、病院の駐車場を空いているから使ってくれて良いよ、というもの。
 次におすすめの物件。これも築年数はそれほど新しいわけではないのですがリフォームがしっかりしていてきれい。お風呂は追い焚き可能。日当たりも抜群。南側北側とも窓があり、風通しも良く、3階建ての3階角部屋で64000円(共益費込み)。ただ、駅から徒歩10分。
 最後に駅まで徒歩3分の物件。ここもリフォームはある程度しっかりしていましたが、先ほどの物件ほどではなく、お風呂も一応追い焚きは出来るがとってつけたような改造で、あまりきれいではない。5階建ての1階、東向き。共益費込みで69000円。

 最初に行った不動産屋の人も車の中で話してくれましたが、地下鉄東山線沿線は、名古屋駅にも栄にも一本で行かれるので人気の高いところ。中でも藤が丘は始発駅なのでラッシュ時でも座れるから人気なのだそうです。家賃相場は安くはなく、自分の条件(大学が駅から遠いのでせめて家は駅の近く、埼玉との二重生活になるので家賃にはあまりお金をかけられない、時々家族が来る可能性も考えて2部屋は欲しい、出来れば新しくてきれいな方が・・・)は、どこか妥協しなければならないわけですね。
 駅の近く、という条件を妥協すれば、おすすめの物件は申し分ないと思えましたので、そこに決めました。そして、そのあと行く予定だった不動産屋に断りの電話をいれると、明らかに不満そうな声。まあ仕方ないですよね。でも、最初に行った不動産屋に電話したら、「良いところが見つかって良かったですね。」と、明るい声で答えてくれました。

藤が丘駅近くには桜並木があり

そこを通って新居まで行くことが出来ます

 さて、4月1日に辞令授与式、2日に広報委員会、3日は入学式、4日ガイダンス、と続くので、出来れば4月1日から入居したいところ。申込書を書いて大家さんにFax.。偶然持ち合わせていた書類も含め、証明書類をいくつかコピー。契約書を作ってもらい、あとはそれに署名捺印し、連帯保証人の印鑑証明、自分の住民票を4月1日朝までに提出すれば、夕方には入居が可能ということになりました。
 週末を挟んでしまうので、印鑑証明や住民票は31日にならないと取れない。そこで、31日に住民票を録ってから実家へ行き、連帯保証人の署名捺印、印鑑証明を受け取って、1日早朝に名古屋へ、辞令授与式の前に書類を不動産屋に提出。夕方、カギを受け取りに行くということにしました。

 何とも、綱渡り的なスケジュールですね。


こちらは、東京に戻って見た桜です。

「ルーヴル美術館展フランス宮廷の美」記念コンサート

March 26 [Wed], 2008, 23:49
東京都美術館講堂での演奏会。
「マリー・アントワネット幼き日の出会い」ということで、モーツァルトのソナタを演奏しました。
数日前にチケットは売り切れ、開演二時間前には当日券目当ての行列が・・・そして、全員は入場できず、数十人お帰り頂いたとか。

ゲネプロ中、客席後部に怪しい???人影がひょっとして工作員???

またまた、ブランデンブルク協奏曲第5番

March 24 [Mon], 2008, 22:44
昨日は、紀尾井小ホールで、踊りと絵画と朗読と音楽を融合させた企画。
そこで、ブランデンブルク協奏曲第5番も演奏しました。昨年6月にも様々な配置を試みましたが、今回も。

まずは、チェンバロを指揮者位置でオーソドックスに


何となく違和感があってフルートを上手側にしてみました


バランスは悪くないが、全体に音が遠い、
というので、ギリギリまで前に出てみましたが、そうすると生音になってしまう。
逆に後ろに下がって壁を背負うことも考えたのですが、
その時ふと客席の床が目に入り、ソリストは下に降りて、
チェンバロはフタをつけてソリスト位置にしてみました。


しかし、これではチェンバロ奏者がソロヴァイオリンとフルートの音が聞こえない。
もう一度全員ステージの上で並んでみました。


やはり迫力などの面で、下に降りた方がよさそう、
ということで、テュッティが左右に分断されてしまいますが、
チェンバロをステージの前の方に出してみました。

これで決定。


以上、細かな位置関係は多少違っているかもしれませんが・・・

工作員さま、写真があったら、是非公開してくださいませ。

マタイ受難曲 その2

March 23 [Sun], 2008, 0:56
 もう、12時過ぎちゃったから昨日ですが、マタイ受難曲二公演目。

 やっぱりエヴァンゲリストはすごい、リハで、普通、歌い手はちょっとセーブしたりするのに、逆に本番以上のハイテンションで歌い、それでも歌い足りないのか、合唱も一緒に歌っていました。絶対に手を抜かない、いつも最高のものを、という精神、見習わなくては、ですね。

 ソプラノは、体調がやはりそうとう悪かったのでしょうか、急遽、佐竹さんが駆けつけてくれました。リハーサルで、指揮を無視する癖がついたのか指揮を見る余裕がないのかというオーボエ陣に対して、佐竹さんは棒に忠実に・・・結果はズレズレ、思わず「テンポが全然違うんですけれど」と言ってしまいました。すみません、佐竹さん。


 本番では、やはり事故は起こるのですね。29番、今回は合唱が入ってまもなく2オケとずれてしまい・・・・・・考えてみたら、リハーサルの時にずれなかったのが不思議ですよね、あれこそ「指揮者が頼り」という曲なのですから。

 イエスの部分も、一カ所指揮者が全く忘れていたのか振らなかった部分が、それが運悪く1stは同じ音をずーっと延ばしているところで・・・危なかった・・・他にも、イエスにきちんとついて行けなかったところは何カ所かあり、反省。

 64番だったか、ソロが最初ほとんど聞こえなくて、始まったテンポキープ+指揮者を少し視界に・・・3小節目あたりでソロがちょっと聞こえたときにはほぼ一拍ずれていて、どうしようかと迷ったのですが、とりあえず一拍はしょってソロにつけてみました。程なく他のオケメンバーも合わせてくれて、事なきを得ました。

 等々、事故は前日より多かったかもしれませんが、音楽の表現という意味では、悪くない演奏会だったと思います。

マタイ受難曲

March 22 [Sat], 2008, 2:49
 昨日3月21日は、聖金曜日でバッハの誕生日。この何十年に一度あるであろうかという記念すべき日?に、マタイ受難曲の演奏会でした。本当は22日に演奏会で、前三日間リハーサルの予定だったのですが、一ヶ月ほど前に、楽譜が送られてきたときには完売のため追加公演決定、となっており・・・・・・(話が違うじゃないか、どうして演奏者に無断でそういうことが決まるのだろう)・・・・・・

 同じ日に、ほぼ同じ時間に、たった7〜8キロしか離れていない場所で、別の団体が、やはりマタイ受難曲の演奏会。

 というわけで、メンバー集めが大変でした・・・弦楽器は人材も豊富なので特に1オケはかなり良いメンバーが揃ったのですが、管楽器は・・・・・・元々人材が少ない上にマタイはオーボエもフルートも4人ずつ必要。一軍は別団体で、こちらは二軍、否、三軍・・・・・・・・・・・・・・ごめんなさい、難しい楽器なのは百も承知なのです、でも、もうちょっと何とかならないものか・・・それより指揮者・・・・・・そうはいっても、素晴らしい曲、バッハの偉大さにあらためて感動しながら・・・・・・


 ちなみに我が家と横浜のW家は、夫はこちら側。妻はあちら側の公演です。



 リハーサルでの数々の出来事。

チェンバロがb-mollの和音の所を何度弾いてもB-Durの和音を弾いていました。
臨時記号は一小節有効という現代の楽譜の決まり事がわかっていない人が多数。
54番のコラール、歌詞が二番まであるので二回繰り返すのですが、初日のリハーサルで指揮者が繰り返すのを忘れた。二日目のリハーサルでは一回目の最後でエヴァンゲリストが立ち上がった。
ソプラノは、喉の調子が悪いのか結局本番まで一度もきちんと歌ったことがなかった。
などなど


 さて本番は、いろんなことが起こるものです。ソプラノは一度もきちんと声を出していなかったので、こちらはその人のテンポ感とか歌い回し、声量、何もわからずに本番を迎え、たぶん彼女も自分がきちんと歌ったらどんなテンポが良いのか何も把握できていなかったのでしょう、どんどん遅れていって・・・オケとしてはつけることももちろん出来るけれど、それをやったら崩壊すると思い、テンポキープしました。Aus Liebe も、ソプラノから早めのテンポ(メトロノームで60くらい)でという指示があったそうですが、どんどん歌は遅れていきました。
 って、これはまだ良い方ですね。

 あまり人のことはいえないかもしれませんが、2オケの弦楽器は音程がすごかったです。コンマスがモダンの人でバロックをやったことがほとんど無いのではないでしょうか、かなり上ずっていました・・・ヴァイオリン5人のユニゾンで20くらいの音程が・・・・聞こえたような気がした。


 指揮者だけがずれていた、っていうこともありましたが・・・・・・そうそう、38bだったか、2オケの合唱、オケが落ちることは練習では何度か経験していますが、指揮者が振らなかったのは、はじめてだったかも。

 第一部の最後、1オケと2オケで半拍ずれてしまい『こいつら危ない』っとバッハが呼んだのでしょうか、救急車がお迎えに来ました。

 それでも、途中で止まることは・・・なかったです。もうかれこれ20年近く前、某有名オーボエ奏者が、譜めくりを某有名フルート奏者に頼んでいて、譜めくりのタイミングが悪かったとかで、ずれてしまい、中間部の入口で指揮者が懸命に「ここだっ」て合図したのに集合しなくて、その内通奏低音もバラバラになってしまい、収拾がつかなくて、止まった、指揮者が「Da capo, eins zwei drei」と言って冒頭から再開、みんなFineで終わりにしたのに、一人だけもう一度そのアリアを全部やり直しと思ったのか中間部に入りかけてフェードアウト・・・なんて事件がありましたが、それよりはマシか


 満席のお客さんに罪はない、聴きに来て良かった、と思っていただける瞬間を、と努力しようとしましたが、もう、いろいろありすぎて、気力も萎えてきます。

      ・・・・・・自分の無力感も感じつつ・・・・・・

 ごめんなさい、明日じゃなかった今日はもっと頑張ります。エヴァンゲリストもイエスも、バスのソロ、アルトのソロも、本当に素晴らしいんです




 ちなみに、別団体の方は大阪公演、日帰りだそうです。





嬉しかったことが、 一つ

 指揮者から聞いたのですが、昨日来てくれた、とある偉い先生が、私の演奏(きっと39番Erbarme dichですね)を褒めてくれていたのだそうです。「自分を前面に出すのではなく、心底からバッハの音楽が聞こえてきた」と。

 私の生涯の目標  演奏者が・・・というのではなく、バッハは モーツァルトは ベートーヴェンは ブラームスは メンデルスゾーンは なんて素晴らしいんだ、というように思える演奏。その第一歩を、もしかしたら踏み出せたのだろうか






紘子が、

  さっき、

    ベッドから落ちました 

      寝ていたので

        こちらは油断  

          でも、きっと足で蹴飛ばしたりいろいろしているうちに ・・・・・・・


             ・・・・・・ いよいよ、動きが活発になってきたのかなあ

〆切

March 19 [Wed], 2008, 0:12
 提出期限が・・・・・・確定申告が17日、小林先生のインタビュー記事が18日、そして4月からの職場へ提出する様々な書類が19日、でした。。。連日〆切って、あまり気分は良くないですね。

 確定申告は、14日ライヴの控室で、それまでにまとめておいた領収書などを計算し、翌日の夜、帰宅してから清書。16日の松本でのリハーサルの帰りに川越税務署に寄って「時間外収受箱」に投函。

 インタビュー記事は、先週末、電車で移動中に録音を聞いて原稿を書いて、あとで修正。17日に小林先生にFax.して、ギリギリ18日中にメールで送りました。

 職場に提出する書類は、17日BCJの練習中に、紘子の面倒を見ながら書き、夜帰宅してから足りないところを補足、ハンコを押して、18日に投函しました。

 何とかすべてギリギリ間に合ったというか・・・・・・



 あとは、メンデルスゾーンのソナタの校正が・・・これは期限が定められていないのですが・・・しかし、契約書では既に去年の9月に出版されているはず・・・というわけで、急がなくては・・・・・・とりあえず一曲はチェックしましたが・・・間違いは少なくない・・・・・・


 四月からの住居探しもあり、てんてこ舞いです。


ひろこより

March 11 [Tue], 2008, 21:30
 きのう、よんかげつけんしんにいってきたんだ。もうごかげつなのに。
たいじゅうは6.9キロで、このあいだびょういんではかってもらったのより、すくなかった、どうしてかな、いつもおっぱいちゃんとのんでいるのに。
しんちょうは65.7センチだって、でも、あんよをきちんとのばせばもっともっと・・・

じまんのあんよをみて!
このながーいあんよで、パパだってけとばしちゃうし
ながいから、すぐベッドからはみだしちゃうんだ

そうそう、きょうパパとママが、はじめてつれていってくれたおみせ
なんか、おもしろそうなビンがいっぱいおいてあったよ

ヨハネ受難曲

March 09 [Sun], 2008, 22:25
 昨日は、とても「おいしい」というか、「閑」というか、「待ちくたびれ」というか、珍しい仕事をしてきました。

 バッハのヨハネ受難曲、そのヴィオラ・ダ・モーレのみを演奏するというもの。第一部は楽屋にいて、休憩後第二部の最初から舞台へ、ダ・モーレのアリアが終わったら即舞台からおりてきました。もちろん、終演まではちゃんと会場にいましたが、既に着替えてしまっていたので、カーテンコールは遠慮しました。
 最初は、ヴァイオリンと持ち替えで頼まれたのですが、リハーサルの都合がつかず、ダ・モーレのみということになったのですが、いろんな意味で、それで良かったかも、と思っています。
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ooguma
  • アイコン画像 誕生日:12月3日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
最新コメント
アイコン画像ooguma
» 父の日 (2016年06月21日)
アイコン画像ナミ
» 父の日 (2016年06月21日)
アイコン画像ooguma
» 火災 (2016年02月18日)
アイコン画像KANOKO
» 火災 (2016年02月17日)
アイコン画像ooguma
» ヴァイオリン音楽の泉 (2015年06月29日)
アイコン画像タケザワ
» ヴァイオリン音楽の泉 (2015年06月29日)
アイコン画像KANOKO
» アクセサリー (2015年02月22日)
アイコン画像ooguma
» 2月11日 (2015年01月27日)
アイコン画像かのこ
» 2月11日 (2015年01月26日)
アイコン画像KANOKO
» 美文字 (2014年06月30日)
最新トラックバック
Yapme!一覧
読者になる