ブランデンブルグ協奏曲全曲CD

January 25 [Tue], 2011, 0:03
土曜日に、サンプルから一週間遅れで、販売用CDが届きました。

発売日になりましたので、投稿します。
ホームページ
http://home.j04.itscom.net/uzura/caille/
にもアップしました。


ブックレットには、以下のような文章も

 2010年1 月31 日。常念岳をはじめ、北アルプスの山々がすべて克明に姿を見せている快晴の松本で、1つのコンサートが開かれた。チェンバロ席に座る指揮者、小林道夫のもとに、桐山建志以下、中堅と若手のピリオド楽器奏者たちが参集。音響効果のいいザ・ ハーモニー・ホールで、バッハの《ブランデンブルク協奏曲》全曲を彼露したのである。これは2008年の《管弦楽組曲》に続く、松本バッハ祝祭アンサンブルの企画だった。
 《ブランデンブルク協奏曲》においては曲ごとに編成ががらりと変わるため、全曲のコンサートは、おいそれとは開催できない。難曲も含まれ、演奏時間も長大であるため、チェンバロを弾きながら指揮する者には、大きな負担がかかる。そうしたコンサートが実現し、豊かな成果を生み出すことができたのは、小林道夫の人格と音楽性に対する深い敬受の情が、演奏者たちのすべてに共有されていたからにほかならない。
 その日客席で聴いた《ブランデンブルク》の演奏は、繊細にして潤いに満ち、しかも理にかなったものであつた。小林道夫という芸術家は誰の目にも温雅な人柄だが、そのふところには鋭い批評眼が濳んでおり、演奏者たちへの要求は、なかなか厳しい。しかし演奏者たちはその高い理念に向けて一体となり、響きのよく揃った、細かなところまで気持ちの行き届く演奏を展開していた。音楽の意味はそれぞれの曲でしっかりと把握されていたが、とりわけ小林、桐山、北川森央の3人による第5番の第2楽章は磨き抜かれ、味わいが深かった。コンサートと並行してCDが収緑され、市場に供されることを喜びたい。



2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ooguma
  • アイコン画像 誕生日:12月3日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
最新コメント
アイコン画像ooguma
» 父の日 (2016年06月21日)
アイコン画像ナミ
» 父の日 (2016年06月21日)
アイコン画像ooguma
» 火災 (2016年02月18日)
アイコン画像KANOKO
» 火災 (2016年02月17日)
アイコン画像ooguma
» ヴァイオリン音楽の泉 (2015年06月29日)
アイコン画像タケザワ
» ヴァイオリン音楽の泉 (2015年06月29日)
アイコン画像KANOKO
» アクセサリー (2015年02月22日)
アイコン画像ooguma
» 2月11日 (2015年01月27日)
アイコン画像かのこ
» 2月11日 (2015年01月26日)
アイコン画像KANOKO
» 美文字 (2014年06月30日)
最新トラックバック
Yapme!一覧
読者になる