フォーガットン

December 18 [Sun], 2005, 0:29
・フォーガットン---ジョセフ・ルーベン監督
ツタヤで借りて。
予告を見て結構面白そうだなと思ってました。
まぁずっと忘れていたんですが、見ることに。
素直な感想は期待はずれだった。
予告にしてやられたなぁって感じですね。
今度やる、「フライトプラン」も似た感じの話ですよね。
それも同じような結末だったらどうしようか…

サインは私は見ていないのですが、
友人から聞いた感じと似ているのではないかと。
宇宙人というか、人間ではない誰か、
もっと大きな力を持っているものに支配されていると。
「聞かれている」ってセリフに思わず、
昔ジャンプでやっていた封神演技という漫画の結末を思い出した。
ていうか、人がぶっ飛んでいくのはマジでないと思うぜ?
初め女刑事が飛ばされたときに、
もうなんていうか、萎えた。
途中まではわくわく見れたのになぁ…

監督不行届き

December 10 [Sat], 2005, 16:28
・監督不行届き---安野モヨコ
安野モヨコが庵野監督との生活を書いたエッセイ。
カントクくんのおたくっぷりは物凄く、
読んでいくうちに「オタクって素晴らしい!」と思わせるような漫画。
安野モヨコの庵野監督にたいする愛情がたっぷり詰まってるような。
でも自慢たらしいとか嫌な感じはなくとても面白く読めた。
何度も笑ってしまいました。

子供が生まれたらまた書いてほしいなぁと思う。
きっと凄く面白いと思うな。