ポケモンに魂を売った的な

June 09 [Sun], 2019, 4:52





何ヶ月も前から地元で約束があったのだが
コミュニティデイと被ってしまい
ポケモンやりたいからとキャンセル
そういう問題じゃないけど
チケット代だけは払うつもりでいたところ
代わりの人をみつけてくれて
「思いっきりポケモン楽しんできな」と送り出してくれた友人達
わたしはなんてクソッタレなんだろう

なのにケッキングの技が『のしかかり』とか!
行けばよかった。。。という想いは心にしまって
こうなったらものすごく頑張ろう!と
ま、頑張ったところで『のしかかり』なわけだけど
とりあえずものすごく頑張ってはみた


ついでに、この期間の色違いノルマもクリア
3種も色違いが出るなんて無理だと思っていたが
がむしゃらに捕獲すれば確率は収束するようだ

もう、いつイベントがあるかわからないから
ポケモンをやってる限り、先の約束はできない
友達を失う…ってことは
さすがに何十年の付き合いで今さらないだろうけど
なんだかとても大切なものをなくしてしまった気はする
それでもやらないわけにはいかないんだから
もうしょうがない
やりたいことを思いっきりやって生きていくしかない

同時進行でいろいろな目標を抱えながら
毎日ポケモンをやっている
もはや楽しいとかいうレベルじゃなく、苦行だ
でも一片の迷いもなく、やると決めている
わたしの人生にこれほどのものってあったかな
なんだか薄っぺらすぎて自分にビックリするけど
そんな生き甲斐だって、ないよりはいい気がする



  • URL:https://yaplog.jp/okozukai-cho/archive/4905
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ブログパーツ
byできるじゃん