身体の景色vol.10「焼け跡のエレクトラ」DVD販売のお知らせ

August 18 [Sun], 2019, 21:10
【DVD/焼け跡のエレクトラ】

身体の景色は「静寂・簡素・余白」を、また「足・丹田・呼吸」の調和を、それぞれ大切にし作品を作って参りました。
呼吸交わり自然と繋がりゆく目には見えない流れを便宜上「息のドラマ」と呼んでおります。
この豊かさは、速度と数字が至上となった現代、急速に失われつつあり、僕らの仕事は時代と逆行していると言えましょう。
しかし僕は速度と数字が極まったその果てにオソロシイ虚しさを見ます。
僕らの活動が微力ながらもひとつのブレーキとなり、現代を視る新たな眼差しとなることができれば、そんなことを夢想し、稽古に励んで参りました。

「焼け跡のエレクトラ」では昭和を生きたひとりの少女の記憶と妄想を紡いでおります。
憎悪せずにはいられぬ悲哀、その宿命に、
2000年の時を越え僕らの体内に生き続けるエレクトラの血に、
目を凝らしました。
旗揚げ10年の集大成、是非皆々様のお手元にこの一枚を。

皆々様のご注文を、スタッフ出演者一同、心よりお待ち申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


【ご注文方法】
@お名前(漢字/カナ)
A住所
B枚数
以上三点を下記アドレスにお送りくださいませ。
追ってお振込口座等詳細を返信させて頂きます。

karada07●gmail.com
※●に@をお入れ下さい。
※お振込手数料はお客様のご負担となります。
※入金確認後発送とさせて頂きます。


【身体の景色 Vol.10『焼け跡のエレクトラ』】
昭和二十七年 初秋。
東京郊外で一軒の家屋が全焼した。
焼け跡から、絞殺された母親の遺体と、その娘とみられる少女の遺体が発見された。
母の虐待に耐えかねた娘が火を放ったこの事件の向こうにはもう一つ根深い歪みが横たわる。

娘は、帰還した弟オレステスが母を殺害し自分を救ってくれると信じていた。
居るはずのない弟の帰りを待ちわびながら、
少女の幻は、やがて少女自身をも食い破り現実を越えてゆく。

炎に包まれた四畳半で、焼け焦げた母の死体を静かに見詰める少女の魂。
その記憶と妄想を紡ぐ。


【出演】
大久保美智子(山の手事情社) タカハシ佳 佐藤祐香 古木杏子(劇団キンダースペース)
牧野隆二(SPAC) 橋口久男 森下高志(劇団キンダースペース) オカノイタル

【演奏/唱】
馬渕格 堀暁子 高橋明日香

【スタッフ】
作・演出:身体の景色 
ドラマターグ:田中圭介 
音楽:松田幹&MO 
照明:南香織(LICHT-ER)
演出補:堀暁子 
衣裳:杏子
映像撮影:森田博之


身体の景色:
2007年 俳優 オカノイタルにより旗揚げ。
呼吸が交わりゆく息のドラマと、意味が発生する以前の空間の流動に目を凝らしつつ、
東洋が育んできた自然観、その現代性を探る。
2009年 田中圭介(演出家)松田幹(音楽家)との共同作業を開始。
2012〜13年 密陽国際演劇祭(韓国)へ招聘。
2014年 ソウル シェークスピアフェスティバル招聘。


オカノイタル:
演出家・鈴木忠志に師事。「ディオニュソス」「リア王」等に出演。14カ国17都市にて公演。
2000年 フリー。演出家・原田一樹、関美能留、振付家・竹内登志子等の作品に出演。
2007年 身体の景色旗揚げ。以降構成演出を手掛ける。
2012年 密陽国際演劇祭(韓国)にて演技賞を受賞。

がるる

August 15 [Thu], 2019, 16:51
虚脱、放心。
ビール。
ピスタチオ。

なにも考えず。
なにも思わず。
なにも感じず。
ただただピスタチオを剥き、
8〜9個のその剥かれたピスタチオをまとめて口にはこび、ビールを飲む。
また剥き、運び、ビール。

ビートルズ。
オスカー・ピーターソン。

のち、
サザンオールスターズ。
鬼束ちひろ。
松任谷由実。
これら客入れの曲はよしきくんのアイデア。

のち、日本酒。
大根の煮物。

ふとブログを書いてみようと思い立つ。
誰も読まぬようなダレダレの文章を。
酔也。

お香を焚く。
ふむ。

班女、終わる。
終わる。
約1年間、これだけに集中してきた。
放心である。
虚脱である。
現実に思考が戻るか心配である。

班女、たくさんの感想が届く。
その幾つかには驚くほど的を得た感想があり、
「伝わったのだ」と、
とても嬉しく、独り祝杯をあげたりする。

ピスタチオ。

かけがえのない時間を経た充足とその豊かさと同時に、
やわらかな絶望と諦観は僕の魂の底に如何ともし難く横たわっている。

日本酒。

花子は僕の中にある。
実子も僕の中にある。

8ステージ目。
僕は舞台上で嗚咽をおさえた。
25年俳優をやっているがこれは初めて。
懸命にさとられぬようにセリフを置いていった。

人間はダメなのだと思った。
それでも明日を生きるその悲しさにどうしようもなくなった。

しかし、どうしたって、生きねばならぬのだ。
花子は死のうと、実子が死のうと。
僕らは明日を生きるのだ。

日本酒。
ごくり。

終演後、ためらいながらも僕に歩み寄り、
涙を流しながら、良かったです、と伝えてくれた女性がいた。

彼女はナニが良かったのかを、きちんと言葉にできなかった。
言葉にできないことに恐縮しながらしかし懸命に言葉を綴っていた。
その姿は美しかった。

僕らはナニも分かりはしまいのだ。
わかると思っている輩は、目に見え、思考できる5%を言語化に置き、それで満足しているに過ぎない。
残りの95%が存在していることなど、露程にも感じていない。
その5%から零れ落ち、陵辱され、踏み躙られてきた数え切れない花子たちなど眼中にないのだ。

日本酒。
大根。
ピスタチオ。

突如ものすごい風が窓を叩く。
怒り也。
虚しさ也。
どこにもゆけぬ人間の。

高山辰雄氏の絵を眺める。

どうしたら、人間力はつくのだろう。
強くなりたい。
すべてを受け入れ、飲み込み、
そしてそれでも尚、
「これでいいのだ」
と言いたい。
バカボンのパパのように。
あれ、仏教の悟り也。

いや、
しかしひどいダレダレの文章。

日本酒。
ごくり。

最期、実子は「すばらしい人生」というセリフを言うが、これ、
種明かし。
このセリフ、バカボンのパパの「これでいいのだ」と同じ也。

しかしそんな境地に僕自身がゆけるはずもなく、
しかし俳優として感覚的に到達は可能で(それが俳優)、
その引き裂かれるような感覚は、本当に、辛かった。

世 amI×身体の景色vol.1「班女」ご来場ありがとうございました

August 14 [Wed], 2019, 11:00
この度はお忙しい中、世 amI×身体の景色vol.1「班女」へ、
ご来場頂きまして誠にありがとうございました。
無事千秋楽を迎えることができました。

9ステージ、舞台上には毎回異なる風が吹いておりました。
そしてその風に導かれる俳優の呼吸は、お客様の呼吸とも交わり、
劇場空間には、その日、その回だけの感応が生まれておりました。
一演出家として、また一俳優として、それを皮膚で感じ取ることができた貴重な公演となりました。

一期一会
この言葉の深み、そして豊かさ(畏怖も悦びも含め)を改めて知る公演でした。

同じ構成、同じ演出での再演、それ自体は可能かも知れません。
しかしそれぞれのステージに生まれたモノはあの時だけのもの。
それが生まれましたこと、またそれを共有できましたこと、そのことがとても嬉しく、
心から感謝申し上げます。
そのお礼を申し上げさせて頂きたく取り急ぎこちらのお礼状を書かせて頂いております。

本当に、本当にありがとうございました。

呼吸と丹田、皮膚と空間の交わり、この辺りの喪失進む近今、
僕らの仕事の重要性を日々感じております。
俳優がもう一度、日常と非日常を繋ぐチカラを得とくできるよう精進して参ります。

Twitter等SNSにご意見ご感想をお気軽に上げて頂けましたら幸いです。
拝読させて頂き、今後の活動の参考にさせて頂きます。

一期一会と申しましたが、
またお会いできますことを願いつつ、こちらの文章を終わりにさせて頂きます。

今後共、世 amI×身体の景色を何卒宜しくお願い申し上げます。

世 amI×身体の景色
オカノイタル

追伸:
※「身体の景色 WS 2019」の開催を9月、或いは10月に予定してございます。もしご興味をお持ち頂けましたら下記HPやブログをご確認頂ますようお願い申し上げます。詳細は近日中にアップさせて頂きます(まだ情報は掲載されておりません)。
身体の景色【HP】 【twitter】 【yaplog】
※今回演助をしておりました柴田貴槻演出の舞台「彼岸花の咲く家」が10/12(19時開演/@北とぴあ15階ペガサスホール)にございます。何卒宜しくお願い申し上げます。
ご予約はこちらから

August 10 [Sat], 2019, 10:00
初日があく
ご来場頂いたたくさんの皆々様に
共に稽古をくぐり抜けてきた皆に
感謝感謝、感謝

あたたかな拍手
身を乗り出して頂けるようなその熱量に
ただただ胸撫で下ろす

終演後客席へ
未だ冷めやらぬ熱を皮膚に感じ
改めて安堵

やがてその安堵は
じわりじわり、放心へ

そして
携帯電話を劇場に忘れ、帰宅

演出だのに
連絡取れぬという事態
ばか
もう、ばか

さあ二日目
初日を追いかけてはいけない
新たな息吹に
共演者の呼吸とエナジーに
空間に生まれる微細なナニカに
心身をゆだねる

毎回異なる、風が吹く

班女/公演詳細(最新版)

August 09 [Fri], 2019, 12:10
 世 amI
  ×
身体の景色
 vol.1



「班女」上演のお知らせ

身体の景色は本年8月、世 amIとの合同公演として「班女」に挑戦致します。

世 amIを主宰するキム・セイル氏とは、7年程前より、幾度か舞台を共にするお話が持ち上がりつつも中々実現に結びつかずにおりました。
しかし昨年(2018)シム・ヂヨン女史の呼びかけにより、約一年、ゆっくりと対話を重ね、この度「世 amI×身体の景色」を組む運びとなりました。

2ヶ月にわたる世 amIと身体の景色 合同WSでは互いの共鳴する箇所を、また差異を見詰めながら、僕らにしか出来得ぬものを探りました。
また同時に「班女」を上演するにあたりオーディションを行い、素敵な若き俳優たちと出逢いました。

ご縁の不思議、かけがえのない人生の機微、
深く感謝し、日々、稽古に励んでおります。

以下に公演の詳細を記させて頂きました。
皆々様のご来場を出演者スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。
世 amI ✕ 身体の景色 vol.1「班女」を何卒よろしくお願い申し上げます。

身体の景色 オカノイタル


ーーーーーーーーーーーーーーー
 世 amI
  ×
身体の景色
 vol.1



〜近代能楽集より〜
「班女」


〈出演〉

花子(語り):鈴木みらの

花子(舞):大田恵里圭
      竹内真菜
      藪田真衣
      (五十音順)

吉雄:キム・セイル
実子:オカノイタル


吉雄:本家徳久
実子:吉田智惠

※花子(舞)はトリプルキャストとなります。
※また吉雄と実子はダブルキャスト()となります。



〈日程〉

8/9(金)
19時〜 大田

8/10(土)
13時〜 藪田
16時〜 竹内
19時〜 竹内

8/11(日)
13時〜 大田
16時〜 大田
19時〜 藪田

8/12(祝)
13時〜 竹内
16時〜 藪田

※開場は開演の30分前より
※全席自由。ご来場順の入場となります



〈料金〉

 一般:3,500円

 学割:2,800円
※受付で学生証をご提示頂ますようお願い申し上げます

賛助券:4,800円
※活動にご賛同頂けましたら何卒宜しくお願い申し上げます

2st券:5,800円
※一般料金にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。

3st券:8,100円
※更にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。
尚2st券と3st券のご観劇はご購入頂きましたご本人様に限らせて頂きます。
受付で運転免許証等ご提示頂く場合がございます。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。



〈予約〉
※下記をクリック頂きますと予約フォームにアクセス致します

班女 予約



〈会場〉

クラスカ 8F
The 8th Gallery ( エースギャラリー)


〈STAFF〉

作:三島由紀夫

構成:岡野暢 シム・ヂヨン
演出:身体の景色

演助/音響:柴田貴槻
音楽:橋本信
衣裳:杏子
チラシデザイン:暢月

宣伝広報:世 amI
企画:シム・ヂヨン
制作:身体の景色
協力:映画24区トレーニング SEIL’S academy

主催:世 amI × 身体の景色


〈演出ノート〉

花子は 良雄との再会を待ち焦がれながら
しかしその実 その幸いの一切を信じず
静かに 死を待っている

僕にはそう見えた

花子には虚無という言葉では言い尽くせぬ底のない無が横たわっている
待つことで研ぎ澄まされる狂気
現実から乖離することでしか生まれぬ美

花子の魂は透き通り森羅万象に溶けてゆく
山奥に佇む 朽ちかけた禅寺のように

良雄はその魂を手中に収めようとする
その手の中で花子の魂は破壊され消えてしまうことを実子は知っている

物質主義がもはや限界を越えていることは誰の目にも明らかで
しかしそれは更に加速し続け 止めることはできない
果てには ただただオソロシイ 巨大な虚無があるだけなのに
破壊され消えたもの それは既に計り知れない

実子のアトリエ その小窓から外を眺める花子
静かに遠くを見つめるその花子の目に見えているものは 何であろうか


〈構成台本より抜粋〉

白い壁
コンクリートの床

片隅に古びた椅子
椅子の背には色褪せたワンピース
その傍らに日傘が無造作に立掛けられている

女 登場
記憶を手繰り寄せるように女は物語をカタリ始める

月夜
海の上
美しき狂女の霊魂が現れる
霊魂は生前の己の姿を演じ始める
それはとある初秋 とある午後 そのひととき

女が生きる妄想の時空と
霊魂が演じる午後の時空が
ゆっくりと重なり
やがて融合し
そしてまた離れてゆく

男 登場

ーーーーーーーーーーーーーー

世 amI:
キム・セイル主宰
東洋演劇の思想と演技論を追究していく創作団体
世阿弥の説いた”自己に対する意識”の問題を考察し
またアジア諸国の演劇人どうしの連帯を深め東洋の世界観を広く海外に伝えてゆく
世 amI HP

身体の景色:
2007年 オカノイタルにより旗揚げ
呼吸が交わりゆく息のドラマと 意味が発生する以前の空間の流動に目を凝らしつつ
東洋が育んできた自然観 その現代性を探る
2009年 田中圭介(演出家)松田幹(音楽家)との共同作業を開始
2012〜13年 密陽国際演劇祭(韓国)へ招聘 演技賞受賞
2014年 ソウル シェークスピアフェスティバル招聘
身体の景色 HP

世 amI×身体の景色:
シム・ヂヨンの呼びかけにより組まれたユニット 本公演が初回公演となる
キム・セイルが主宰する世 amI オカノイタルが主宰する身体の景色
2つの共鳴する身体性を軸に 新たな地平を目指す

本番当日のご予約について

August 05 [Mon], 2019, 8:03
 世 amI
  ×
身体の景色
 vol.1


〜近代能楽集より〜
「班女」

WEB予約は、各ステージのそれぞれ前日23:59までとなります。

当日のご予約につきましては
下記アドレスまで
@お名前(カナ) A日時 Bチケットの種類 C枚数
以上4点を送信頂ますようお願い申し上げます。

yoyaku_keshiki07■yahoo.co.jp
※■に@をお入れくださいませ

尚メール予約の受付は各ステージの開演3時間前までとさせて頂きます。
何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

※8/09(19時)完売
※8/10(16時)完売
※8/11(19時)完売


〈出演〉

花子(語り):鈴木みらの

花子(舞):大田恵里圭
      竹内真菜
      藪田真衣
      (五十音順)

吉雄:キム・セイル
実子:オカノイタル


吉雄:本家徳久
実子:吉田智惠

※花子(舞)はトリプルキャストとなります。
※また吉雄と実子はダブルキャスト()となります。



〈日程〉

8/9(金)
19時〜 大田(完売)

8/10(土)
13時〜 藪田
16時〜 竹内(完売)
19時〜 竹内

8/11(日)
13時〜 大田
16時〜 大田
19時〜 藪田(完売)

8/12(祝)
13時〜 竹内
16時〜 藪田

※開場は開演の30分前より
※全席自由。ご来場順の入場となります

※開場は開演の30分前より
※全席自由。ご来場順の入場となります


〈料金〉

 一般:3,500円

 学割:2,800円
※受付で学生証をご提示頂ますようお願い申し上げます

賛助券:4,800円
※活動にご賛同頂けましたら何卒宜しくお願い申し上げます

2st券:5,800円
※一般料金にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。

3st券:8,100円
※更にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。
尚2st券と3st券のご観劇はご購入頂きましたご本人様に限らせて頂きます。
受付で運転免許証等ご提示頂く場合がございます。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。


〈会場〉

クラスカ 8F
The 8th Gallery ( エースギャラリー)


〈STAFF〉

作:三島由紀夫

構成:岡野暢 シム・ヂヨン
演出:身体の景色

演助/音響:柴田貴槻
音楽:橋本信
衣裳:杏子
チラシデザイン:暢月

宣伝広報:世 amI
企画:シム・ヂヨン
制作:身体の景色
協力:映画24区トレーニング SEIL’S academy

主催:世 amI × 身体の景色
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karada no keshiki
読者になる
2007年に旗揚げされた演劇のプロデュースユニット。2009年からはオカノイタル(俳優)、田中圭介(演出家)、松田幹(音楽家)との共同作業を開始。独自の“時間”と“空間”の切り取り、身体を軸とした再構成を展開。2012年 ミリャン国際演劇祭(韓国)にて演技賞を受賞。2014年 ソウル シェークスピア フェスティバルへ招聘。
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる