世 amI×身体の景色vol.1「班女」ご来場ありがとうございました

August 14 [Wed], 2019, 11:00
この度はお忙しい中、世 amI×身体の景色vol.1「班女」へ、
ご来場頂きまして誠にありがとうございました。
無事千秋楽を迎えることができました。

9ステージ、舞台上には毎回異なる風が吹いておりました。
そしてその風に導かれる俳優の呼吸は、お客様の呼吸とも交わり、
劇場空間には、その日、その回だけの感応が生まれておりました。
一演出家として、また一俳優として、それを皮膚で感じ取ることができた貴重な公演となりました。

一期一会
この言葉の深み、そして豊かさ(畏怖も悦びも含め)を改めて知る公演でした。

同じ構成、同じ演出での再演、それ自体は可能かも知れません。
しかしそれぞれのステージに生まれたモノはあの時だけのもの。
それが生まれましたこと、またそれを共有できましたこと、そのことがとても嬉しく、
心から感謝申し上げます。
そのお礼を申し上げさせて頂きたく取り急ぎこちらのお礼状を書かせて頂いております。

本当に、本当にありがとうございました。

呼吸と丹田、皮膚と空間の交わり、この辺りの喪失進む近今、
僕らの仕事の重要性を日々感じております。
俳優がもう一度、日常と非日常を繋ぐチカラを得とくできるよう精進して参ります。

Twitter等SNSにご意見ご感想をお気軽に上げて頂けましたら幸いです。
拝読させて頂き、今後の活動の参考にさせて頂きます。

一期一会と申しましたが、
またお会いできますことを願いつつ、こちらの文章を終わりにさせて頂きます。

今後共、世 amI×身体の景色を何卒宜しくお願い申し上げます。

世 amI×身体の景色
オカノイタル

追伸:
※「身体の景色 WS 2019」の開催を9月、或いは10月に予定してございます。もしご興味をお持ち頂けましたら下記HPやブログをご確認頂ますようお願い申し上げます。詳細は近日中にアップさせて頂きます(まだ情報は掲載されておりません)。
身体の景色【HP】 【twitter】 【yaplog】
※今回演助をしておりました柴田貴槻演出の舞台「彼岸花の咲く家」が10/12(19時開演/@北とぴあ15階ペガサスホール)にございます。何卒宜しくお願い申し上げます。
ご予約はこちらから
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karada no keshiki
読者になる
2007年に旗揚げされた演劇のプロデュースユニット。2009年からはオカノイタル(俳優)、田中圭介(演出家)、松田幹(音楽家)との共同作業を開始。独自の“時間”と“空間”の切り取り、身体を軸とした再構成を展開。2012年 ミリャン国際演劇祭(韓国)にて演技賞を受賞。2014年 ソウル シェークスピア フェスティバルへ招聘。
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる