身体の景色 WS 2019 のお知らせ

October 14 [Mon], 2019, 10:10
【身体の景色 WS 2019】

「班女」無事千秋楽を迎えることができました。
ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

「班女」をご観劇頂きました方々よりWSに関するお問合せ、また要請が複数件あり、
急遽 WS 2019 を開催する運びとなりました。

身体の景色は以前ミリャン国際演劇祭にて韓国の俳優と共にWSを行なう幸運に恵まれました。
国境と言語を越え、呼吸と心が交わる刹那を幾度も体感致しました。
僕らは演劇を通しより豊かにそして深く関わる事ができる。
そう信じるにたる貴重な時間を経験させて頂きました。

WSでは舞台における呼吸の交わりを見詰めると同時に、
人と人その価値観の相違を越えた共存の在り様をも見詰めることができればと思っております。

2年振りのWSとなります。
ご都合の良い日がございましたら、是非ご参加頂ければと存じます。
以下詳細を記させて頂きました。

ご不明点等お気軽にご連絡くださいませ。
皆様のご応募心よりお待ち申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

身体の景色 オカノイタル
〜HPはコチラ〜 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WSメニュー:

・スタチュー(定点の彫像)
・ムーヴィング スタチュー(移動する彫像) 等々
※下半身に重点を置いたエチュードです。現代失われつつある「足・丹田・呼吸・空間」の調和を見つめます。

・椅子のエチュード
・触るエチュード
・2人のエチュード 等々
※演技というものを考える時、私たちは意味や解釈、そして感情(気持ち)というものに縛られがちです。呼吸やエナジーの交わりを意識化に置くことで身体が空間と融合してゆく感覚を、意味や感情が発生する以前の匂いや音色を知覚する感覚を、それぞれ共有してゆきます。


日程:
2019年
10/14(月)
10/15(火)
10/21(月)
10/22(火)
計4回


時間:
〈A〉13:00〜17:00(4h)
〈B〉11:00〜17:00(6h)
※ABいずれかとなります。参加者多数の際 Bと致します。Bとなりました場合 早めのお昼をお取り頂きご参加頂ければと存じます


料金:
4回 12,000円
※全日程の参加が難しい際は下記よりお選び頂くこともできます
1回 3,500円 2回 6,500円 3回 9,000円



会場:
板橋区内
※東武東上線 沿線


応募方法:
1)お名前(漢字/かな)
2)所属団体 ※研究生の方は養成所名を、フリーの方は出身団体等
以上2点を karada07●gmail.com へ送信下さい。追って会場等詳細を送信させて頂きます。
(●に@をお入れください)


補記:
応募が定員(※1)を上回る際、応募が早かった方、全日程(4回)参加可能な方をそれぞれ優先させて頂くか、別日程(※2)にて新たなWSを組み、その2サイクル目のWSへのご参加をご相談させて頂く場合がございます。予めご了承のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

※1 定員:応募数と会場の広さにより確定のため未定
※2 別日程:10/28〜29 11/4〜5


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WS講師:
オカノ イタル
演出家 鈴木忠志氏に師事 「ディオニュソス」「リア王」等に出演 14カ国17都市にて公演
2000年 フリー 演出家 原田一樹氏 関美能留氏 振付家 竹内登志子女史等の作品に出演
2007年 身体の景色 旗揚げ 以降全作品の構成と演出を手掛ける
2012年 ミリャン国際演劇祭(韓国)にて演技賞 受賞
2019年 世 amI×身体の景色 vol.1「班女」演出

班女/公演詳細(最新版)

August 09 [Fri], 2019, 12:10
 世 amI
  ×
身体の景色
 vol.1



「班女」上演のお知らせ

身体の景色は本年8月、世 amIとの合同公演として「班女」に挑戦致します。

世 amIを主宰するキム・セイル氏とは、7年程前より、幾度か舞台を共にするお話が持ち上がりつつも中々実現に結びつかずにおりました。
しかし昨年(2018)シム・ヂヨン女史の呼びかけにより、約一年、ゆっくりと対話を重ね、この度「世 amI×身体の景色」を組む運びとなりました。

2ヶ月にわたる世 amIと身体の景色 合同WSでは互いの共鳴する箇所を、また差異を見詰めながら、僕らにしか出来得ぬものを探りました。
また同時に「班女」を上演するにあたりオーディションを行い、素敵な若き俳優たちと出逢いました。

ご縁の不思議、かけがえのない人生の機微、
深く感謝し、日々、稽古に励んでおります。

以下に公演の詳細を記させて頂きました。
皆々様のご来場を出演者スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。
世 amI ✕ 身体の景色 vol.1「班女」を何卒よろしくお願い申し上げます。

身体の景色 オカノイタル


ーーーーーーーーーーーーーーー
 世 amI
  ×
身体の景色
 vol.1



〜近代能楽集より〜
「班女」


〈出演〉

花子(語り):鈴木みらの

花子(舞):大田恵里圭
      竹内真菜
      藪田真衣
      (五十音順)

吉雄:キム・セイル
実子:オカノイタル


吉雄:本家徳久
実子:吉田智惠

※花子(舞)はトリプルキャストとなります。
※また吉雄と実子はダブルキャスト()となります。



〈日程〉

8/9(金)
19時〜 大田

8/10(土)
13時〜 藪田
16時〜 竹内
19時〜 竹内

8/11(日)
13時〜 大田
16時〜 大田
19時〜 藪田

8/12(祝)
13時〜 竹内
16時〜 藪田

※開場は開演の30分前より
※全席自由。ご来場順の入場となります



〈料金〉

 一般:3,500円

 学割:2,800円
※受付で学生証をご提示頂ますようお願い申し上げます

賛助券:4,800円
※活動にご賛同頂けましたら何卒宜しくお願い申し上げます

2st券:5,800円
※一般料金にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。

3st券:8,100円
※更にプラス2,300円で別の回をもう一本ご観劇頂けます。
尚2st券と3st券のご観劇はご購入頂きましたご本人様に限らせて頂きます。
受付で運転免許証等ご提示頂く場合がございます。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。



〈予約〉
※下記をクリック頂きますと予約フォームにアクセス致します

班女 予約



〈会場〉

クラスカ 8F
The 8th Gallery ( エースギャラリー)


〈STAFF〉

作:三島由紀夫

構成:岡野暢 シム・ヂヨン
演出:身体の景色

演助/音響:柴田貴槻
音楽:橋本信
衣裳:杏子
チラシデザイン:暢月

宣伝広報:世 amI
企画:シム・ヂヨン
制作:身体の景色
協力:映画24区トレーニング SEIL’S academy

主催:世 amI × 身体の景色


〈演出ノート〉

花子は 良雄との再会を待ち焦がれながら
しかしその実 その幸いの一切を信じず
静かに 死を待っている

僕にはそう見えた

花子には虚無という言葉では言い尽くせぬ底のない無が横たわっている
待つことで研ぎ澄まされる狂気
現実から乖離することでしか生まれぬ美

花子の魂は透き通り森羅万象に溶けてゆく
山奥に佇む 朽ちかけた禅寺のように

良雄はその魂を手中に収めようとする
その手の中で花子の魂は破壊され消えてしまうことを実子は知っている

物質主義がもはや限界を越えていることは誰の目にも明らかで
しかしそれは更に加速し続け 止めることはできない
果てには ただただオソロシイ 巨大な虚無があるだけなのに
破壊され消えたもの それは既に計り知れない

実子のアトリエ その小窓から外を眺める花子
静かに遠くを見つめるその花子の目に見えているものは 何であろうか


〈構成台本より抜粋〉

白い壁
コンクリートの床

片隅に古びた椅子
椅子の背には色褪せたワンピース
その傍らに日傘が無造作に立掛けられている

女 登場
記憶を手繰り寄せるように女は物語をカタリ始める

月夜
海の上
美しき狂女の霊魂が現れる
霊魂は生前の己の姿を演じ始める
それはとある初秋 とある午後 そのひととき

女が生きる妄想の時空と
霊魂が演じる午後の時空が
ゆっくりと重なり
やがて融合し
そしてまた離れてゆく

男 登場

ーーーーーーーーーーーーーー

世 amI:
キム・セイル主宰
東洋演劇の思想と演技論を追究していく創作団体
世阿弥の説いた”自己に対する意識”の問題を考察し
またアジア諸国の演劇人どうしの連帯を深め東洋の世界観を広く海外に伝えてゆく
世 amI HP

身体の景色:
2007年 オカノイタルにより旗揚げ
呼吸が交わりゆく息のドラマと 意味が発生する以前の空間の流動に目を凝らしつつ
東洋が育んできた自然観 その現代性を探る
2009年 田中圭介(演出家)松田幹(音楽家)との共同作業を開始
2012〜13年 密陽国際演劇祭(韓国)へ招聘 演技賞受賞
2014年 ソウル シェークスピアフェスティバル招聘
身体の景色 HP

世 amI×身体の景色:
シム・ヂヨンの呼びかけにより組まれたユニット 本公演が初回公演となる
キム・セイルが主宰する世 amI オカノイタルが主宰する身体の景色
2つの共鳴する身体性を軸に 新たな地平を目指す

世 amI×身体の景色vol.1 近代能楽集「班女」予約受付開始しました!

May 07 [Tue], 2019, 10:00
〈予約〉
※下記をクリック頂きますと予約フォームにアクセス致します

班女 予約

1ステージ35枚ほどで売り止めとなります
お早めのご予約をお勧めさせて頂きます〜


予約フォーム完成!予約開始は5/7(火)AM10時からとなりますー

May 03 [Fri], 2019, 12:10
〈予約〉
※下記をクリック頂きますと予約フォームにアクセス致します

班女 予約

1ステージ35枚ほどで売り止めとなります
お早めのご予約をお勧めさせて頂きます〜



二年後 或いは五年後か

February 22 [Fri], 2019, 12:10
失ってしまったもの
得ることができなかったもの
ここにあったかも知れぬもうひとつの今
それらが突如強烈にこの胸を締め付ける
同時にそうせざるを得なかった幾つかの選択を経て存在する今というものが相対的に迫ってくる

僕らは自分の意思でナニかを選び続けているようでいてしかしきっとそれは大きな大きな不思議なナニかが残酷にも美しくも大河のように流れていて僕らはただただその渦にいるそれだけなのだろう

そんな思慮の中ふと
哄笑を上演しよう
そう思った

ずっと気になっていて
そして決めかねていたのだけれど

二年後
或いは五年後か
わからないけれど

これはかなりな挑戦
今まで以上の

演出ノート/三稿

February 18 [Mon], 2019, 12:10
花子は 良雄との再会を待ち焦がれながら
しかしその実 その幸いの一切を信じず
ただただ静かに 死を待っている

僕にはそう見えた

花子には虚無という言葉では言い尽くせない底の見えぬ真っ暗闇な無が横たわっている
待つことで純化する狂気 研ぎ澄まされる孤独
現実から乖離することでしか生まれぬ美

花子の魂は透き通り森羅万象に溶けてゆく
山奥に佇む 朽ちかけた禅寺のように

良雄はその魂を手中に収めようとする
その手の中で花子の魂は破壊され消えてしまうことを実子は知っている

物質主義がもはや限界を越えていることは誰の目にも明らかで
しかしそれは更に加速し続け 止めることはできない
破滅され消えたもの それは計り知れない
この果てには ただただオソロシイ 巨大な虚無があるだけなのに

実子のアトリエ その小窓から外を眺める花子
静かに遠くを見つめるその花子の目に見えているものは 何であろうか

班女/演出ノート(二稿)

February 17 [Sun], 2019, 12:10
幸いと呼ぶに相応しい 男との再会を夢に見 待ち焦がれながら
しかしその実 その一切を信じず
ただただ静かに“死”を待ち望んでいる

初めて「班女」読んだ時の 花子に抱いた印象である

僕は花子の奥に 虚無という言葉では言い尽くせぬ
底の見えない真っ暗闇な無と孤独を見た

待つことでのみ純化する狂気
現実から乖離することでしか存在し得ぬ美
名利の悦は もはやそこにない

花子の魂は透き通り森羅万象に溶けてゆく
山奥に佇む 朽ちかけた禅寺のように

物質主義がもはや限界を越えていることは誰の目にも明らかで
しかしそれは更に加速し続け 誰にも止めることはできない
この果にはただただオソロシイ 巨大な虚無が 横たわっているだけなのに

実子のアトリエ、その小窓から外を眺める花子
狂気の世界から 静かに遠くを見つめるその花子の目に見えているものは 何であろうか

班女/演出ノート(草稿)

February 14 [Thu], 2019, 12:10
幸いと呼ぶに相応しい 男との再会を夢に見 待ち焦がれながら
しかしその実 その一切を信じず
ただただ静かに“死”を待ち望んでいる

初めて「班女」読んだ時 僕にはそう見えた
花子に見たもの それは虚無という言葉では言い尽くせぬ
底の見えない真っ暗闇な無と孤独であった

花子とは待つことでのみ純化する狂気
現実から乖離することでしか存在し得ぬ貴い美
飛躍をおそれずに書くとそれは物質主義を捨て 森羅万象と繋がりゆく豊かさ

現実から乖離することでしか存在できないのだとしたら
それは“在る”とは言えまい

しかし 僕らの皮膚が想像力の中で森羅万象と溶け合い
もし 現実を凌駕することができるのだとしたら…

僕は花子の在り方に わずかな希望を見ているのだろう
それを信じ そして待つことは
明日をなんとか生き抜くために必要なのかもしれない
それこそ まるで この花子のように

メモA

January 21 [Mon], 2019, 12:10
〜メモ@の続き〜

がしかし今回、班女。
戯曲を書き変えず、そのまま使用する。
これ、挑戦のひとつ。

既にいつものように戯曲は僕の深部で別のナニカと繋がり、
抽象画のようなイメージがポツリポツリと湧き始めている。

沈女史の提案もあり、
その抽象イメージを、そのまま空間構成等に使うのではなく、
曖昧な色彩の重なりの中から、慎重に輪郭を探り、人物として捉え直してゆく。

その人物スケッチを戯曲の登場人物と重ね、あまりに乖離の激しいものは捨てる。
するといくつかのスケッチが残る。

微細に異なる3人の少女。
大きく異なる3人の男。

花子、そして吉雄を深めるための縄梯子のような要素が、それぞれのスケッチには点在している。

これは人物解釈とも言えよう。
そのスケッチを俳優たちに送付する。

この作業、初の試み。

メモ@

January 16 [Wed], 2019, 12:15
戯曲をそのままに演出したことがない。
約一年ほどをかけ、戯曲は僕の深部で別のナニカと繋がり、新たな形を取り、表出し、作品となる。
言葉は解体され、時に意味は剥ぎ取られ、多くの場合それらは抽象として現れる。
それは僕にとってごく自然な過程であった。
無意識の具現と言うと語弊もあろうか…。
しかしその抽象空間は人間が如何ともし難く宿す普遍性のようなものをも帯びていたと僕は感じる。

身体の景色で俳優たちがWSを通し共通言語としてゆく呼吸交わる息のドラマは、その抽象空間のための泳法と言えるし、
また逆を言えば、
その抽象空間は、息のドラマを十全に生かすための器、海原とも言える。

これは分かち難い相互関係。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karada no keshiki
読者になる
2007年に旗揚げされた演劇のプロデュースユニット。2009年からはオカノイタル(俳優)、田中圭介(演出家)、松田幹(音楽家)との共同作業を開始。独自の“時間”と“空間”の切り取り、身体を軸とした再構成を展開。2012年 ミリャン国際演劇祭(韓国)にて演技賞を受賞。2014年 ソウル シェークスピア フェスティバルへ招聘。
2019年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる