«2009年06月23日 | Main | 2009年06月21日»
千葉ルック / 2009年06月22日(月)



千葉ルックから、こにゃにゃちわ。








今日は4バンドだったんだけど、急遽3バンドになりました。







出番は19時50分から電撃ロケンロー!








お近くの方は是が非でも遊びに来てくださいー。







初千葉ライブ頑張りますよ。







ギョメイギョジ。






 
Posted at 16:11/ この記事のURL
コメント(0)
大爆釣通信ファイナル / 2009年06月22日(月)




フィッシング開始5分でプランクトン・網岡がヒットォォ!!






みんなの注目を一気に浴びるが、いとも簡単にバラす。







アーホー。








この日、先程のヒット以降、彼の竿がしなる事は一切なかった。






すると次は釣りキチ健嗣にヒット!







2メートル以上はある魚を涼しい顔して釣り上げていた。







赤子の手をひねる。






まさにそんな感じのフィッシング。







そして1時間経過した時点の結果は、釣りキチ健嗣のみが釣り上げていた。






さすがだぜ!釣りキチ健嗣!







そして2時間目に突入!







するとキャッチ&リリースの水野の竿が大きくしなる!







水野は『きたぁー!!』と声を張り上げた次の瞬間!










『ボキィィィッ!!!』と言う音が会場を包みこむ!








何の音だ?!と野次馬達が群がる。








一瞬にして会場に緊張が走る。









水野を見ると、彼は半分に折れた釣り竿を持ち途方にくれていた。








それを見て爆笑するフィッシャー達。







呆然とするキャッチ&リリースの水野。







彼は言う『逃がした魚はでかかった』







口ではいくらでも言えるさ。









ゲラゲラ笑っていると、釣りキチ健嗣にまたまたヒット!







引き上げると、先程折れた竿が釣りキチのラインに絡まっていた!







キャッチ&リリースの水野の折れた竿に邪魔され、釣りキチ健嗣は大物を逃す。







Ohジーザス






しかし彼は水野のように言い訳しない。






男らしいぜ釣りキチ健嗣!








そして水野は、釣り竿を弁償させられていた(笑)







やっぱりあいつは何かやってくれるなー。






その後、武馬魚拓が密かに釣り上げていた。





釣り上げた喜びも表さない。







冷たい人間だ。







ゴミみたいな奴だな。






そして2時間はあっという間に終了。








勝者は、20匹釣った釣りキチ健嗣!





イエス!!






やっぱりお前がキング・オブ・フィッシャーだぜ!






その後は打ち上げ。




釣りキチ健嗣は、他のフィッシャーや、打ち上げだけに参加した



入れ喰い寿幸や松方直樹に自慢しまくっていた。







『みんなは殺したいほど、うざい』と釣りキチに言っていたが








『結果もろくに出せない奴らに、何を言われても悔しくない。





むしろ彼らが哀れ過ぎる』と釣りキチ健嗣はつぶやいた。









キング・オブ・フィッシャー、孤高の釣り人。






彼はその名にふさわしいフィッシャーだ。






果たして次回の大会で防衛出来るのか!?







それとも新しいキング・オブ・フィッシャーが現れるのか!?!?







それは水面に揺れる浮きだけが知っている。






こんばんは、主催の回遊魚・浜崎です。



みなさん、お疲れ様でした。



こんな素晴らしいフィッシングバトルを見れて私は幸せです。





主催者冥利に尽きるの一言。





長い人生の中で、こんな素晴らしい大会は初めてでした。




この老いぼれを楽しませてくれて本当にありがとう。






自称・強者フィッシャー達!




またいつか会いましょう!









今日はなんて素晴らしい日なんだ・・・。








この2日後、回遊魚・浜崎は、まるで逃げて行く鯉を追うように青い青い、海に良く似た青空へ旅立った。






 
Posted at 12:34/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

 
Powered by yaplog!