エンディングノートが若者にも人気らしい。法的なもの、つまり「遺言」は行政書士にご相談を! 行政書士鈴木俊行

November 10 [Sat], 2012, 14:43
エンディングートが若者にも人気らしい。
法的なもの、つまり特に遺言は行政書士にご相談を最近、エンディングートが人気らしい、ということはこのブログでも何度も書いているのですが、なんと、若者にも注目されているらしい。
エンディングートは一般に法的な効力を持たないので遺言としての効力を持たすことが出来ない訳ではありませんが、自由に自分のセンスで作成することが可能。
自分の出生からの経緯といった生い立ちを記したり、病気投薬のことなどの忘備録として、あるいは人生のイベントや家族のこと、友人、仕事、趣味などをライフログとしてまとめたり、何らかのメッセージを残したりと、いろいろな活用法がありますし、自分の人生を振り返ったりするのに有効だということです。
一般に、エンディングートは葬儀の事や遺産などの事など、遺言に準じるが、法的な遺言という制約では書ききれないものなどを書き記すものとしての意味がありますが、若者男性高額バイトは、死んでからのメッセージというより、自分の人生の記録とか、コミュニケーションツールとしての意味合いで注目されているようです。
ただし、法律上の効力を持たせるためには、やはり法律上の要件を満たした遺言でなければなりませんので、注意が必要です。
法的な遺言は、法律知識が必要ですので、是非、遺言に詳しい行政書士の相談されることをおすすめします。
行政書士鈴木俊行は、依頼者の思いをくみ取り、きちんとした遺言作成の手続きを致します。
電話メールの相談は無料ですので、お気軽にどうぞ相続等の民事業務、告訴等の刑事業務の草分け的な行政書士です。
身近な街の法律家行政書士鈴木俊行事務所東京都杉並区阿佐谷南1155502杉並区役所隣杉並警察署斜め前東京都行政書士会市民法務部部長東京都行政書士会暴力団等排除対策委員会元副委員長東京都行政書士会杉並支部顧問元支部長相続遺言、離婚男女問題、借家立退き敷金、金銭問題、交通事故、許認可等申請、詐欺犯罪被害などに関する無料相談は、鈴木俊行の杉並阿佐ヶ谷愛タウンから入ってemailでお気軽にどうぞ鈴木俊行の杉並阿佐ヶ谷愛タウンツイッターフェイスブック企業や地域での相続等のセミナーに是非お呼び下さい。
分かりやすい講義を致します。
以下、ExciteBitコネタから引用する。
エンディングートが若者に注目されている現状エンディングートは和製英語だが、訳せば最期の記録帳といった感じであろうか。
自分の人生の記録や、残された人に向けたメッセージや連絡先などの必要事項を書き記したートのことだ。
今までは主に高齢者が自身の終末期に書くようなものであったようだが、最近、若い人向けのエンディングートに注目が高まっているそう。
特に震災後から若い世代も万が一のことを意識し始め、売れ行きも良いのだという。
そもそもエンディングートを書くメリットとはなんだろう。
主に3つほど考えられるのではないだろうか。
1連絡先や知らせておきたいこと、大事な書類の場所など、本人にしか分からないことを書いておけば、いざという時に家族の負担が軽くなる。
2どんな友達がいたか、どんなイベントや出来事があったか、どんな所に住んできたか、どんな家族がいるかなど自分の人生を振り返るのに非常に便利。
3面と向かっては照れくさくて言えなかったようなメッセージをエンディングートに残しておくことで死後、家族の悲しみを癒す効果がある。
エンディングートは法的効力を持たないが、だからこそ、自由に自分のセンスで作成することができるというメリットがある。
まず購入したら構えないで、とりあえず書いてみよう。
今回は、未来に残すエンディングート編集委員会の萱島さんにお話を伺ってみました。
エンディングートのバリエーションが増えてきました。
書き込んでいる事自体が楽しくなるようなページのあるものが人気ですね今までエンディングートと言えば、葬儀の事や遺産などの事がメインのものが大半であった。
しかし最近は、自分の事を書き込む項目や、後世に残したいレシピ、自分の宝物などを紹介するページなど楽しく書き込める遊びページがあるものが増えてきているという。
いろいろと自分をふり返れて、将来のビジョンも見えてくるような気づきのある一冊としても使えますよ同編集委員会がプロデュースしたNeverendingnoteは、今まで楽しかった事ベスト10という項目や、大切な人へのメッセージ、自分年表などのページがある。
確かにこのようなページは、自分を振り返る自己分析にも使えそうだ。
エンディングートは、誕生日や正月などの節目に毎年更新するという人も多いとのこと。
小さな子供がいる人は、しつけ方やアレルギーや持病の事などを書いておけば万が一のときも安心だ。
また、結婚前に彼と将来を考えるツールになるという使い方もあるため、若い世代にも有意義に使えるそうだ。
死んでからやっと発見されるートというよりも、生きている時から家族や大切な人とのコミュニケーションツールとしての使い方が、若い世代を中心に流行っていますねエンディングートは、周りの人とコミュニケーションを取りながら、自分というものを振り返ることができる。
子供と一緒に書き込んだり、写真やシールでカラフルに思い出に浸したり、自分というものを表現するート、作ってみてはいかがだろうか。
あらみり
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oi1dm3etzw
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/oi1dm3etzw/index1_0.rdf