刑法H24予備論文過去問

May 30 [Thu], 2013, 19:25
昨年受験したH24予備論文過去問の
刑法をLEC再現答案集を使って
検討してみました。

成績はE評価でした。

まず、論点抽出は意外にもすべて
できていました。

しかし、基礎の
事実摘示→問題提起→規範→あてはめ
のどれか、もしくは複数がダメダメ
だったことが分かりました。

また、被害者の承諾を安易に肯定したり
して致命的なミスをしていました。

結果的にE評価だったのは納得です。

もっとも、時系列で論述したことが
減点に繋がったと思っていたのですが、
時系列検討でA答案があったので、
必ずしも行為者検討しなければならない
わけではなさそう、というのが分かって
収穫でした。

要は流れがよく、論理が一貫していて
事実と評価を過不足なく記述できれば、
時系列検討でも行為者検討でもA答案が
とれる、ということですね。

もちろん、現場での時間制限と
プレッシャーのため、そう簡単に
エレガントな論述はできない、
ということもよく理解しています。

いずれにしても、事実の摘示とあてはめ
は短答である程度身についているので、
あとは問題提起の適切な表現と、
規範の部分の確実な理解と記憶、
この二点を意識して勉強したいと
思います。

外れ馬券は経費

May 23 [Thu], 2013, 12:58
会社の昼休みに投稿しています。

地裁判決ですが、外れ馬券の購入費用が
経費として認められたようです。

ただし、射程としては恒常的に購入
しているなど(ギャンブルでは
なく投資)の場合に限られそうです。

直接予備試験とか司法試験で
問われることはないでしょうが、
興味深い事例ですね。

刑事実務基礎

May 21 [Tue], 2013, 22:02
今日から勉強を再開します。
仕事終わりにいつもの公民館です。

リハビリモード。しかも眠い(∋_∈)

刑事実務基礎。
辰巳のハンドブックを使います。
あとは予備試験の過去問。

実務基礎に続けて刑訴、刑法をやり、
司法試験の過去問まで目を通せれれば
いいな、と思っています。

刑事系で2.5週間がリミットです。

短答後の初日

May 21 [Tue], 2013, 19:35
昨日は会社終わりにすぐ家に帰り、
家族とお好み焼きを食べました。
すごくおいしかった!
やっぱり妻や娘の顔を見ながら食べる
食事は最高ですね。

その後図書館に本を借りにいき、
帰ってきてからはビールを飲みながら
LECと伊藤塾の回答協力。

とはいえ、少し寝るのが遅くなったので
今日は眠いです。

最後の一週間は公民館から帰ってきて、
お風呂、食事のあと夜遅くまで短答
過去問の勉強していたので、その疲れが
出ているかも知れません。

これから論文まで、時間はあるようで
無いですが、全力で頑張ります!

自己採点結果

May 20 [Mon], 2013, 23:55
昨晩は辰巳、今晩はLECと伊藤塾の
出口調査に協力しました。

で、解答速報で自己採点してみました。

科目  点   コメント
憲法  24 予想外の大健闘
行政法 16 昨年と同じ。修業不足
民法  24 対策不足の中、大健闘
商法  22 なんとか踏みとどまった
民訴  25 管轄の肢5に納得いかない
刑法  30 クリティカルヒット!
刑訴  20 公訴時効と伝聞。。。涙
教養  21 昨年と同じ

合計  182 目標クリア!

法律科目で八割には届きませんでしたが
憲民刑ですべて八割以上なので、
よかったです。

受験者が2000人ほど増えていて、
どのくらいの割合で
実力者が
いるのか気になるところですが、
180を超えそうなので
おそらく
論文の受験資格はあるかと思います。

今年の合格点は何点になるんでしょう。
論文採点キャパ二千人を守ってくるのか
気になるところです。

短答試験の合格を信じて、
明日から論文の勉強を開始します。

短答試験終了

May 19 [Sun], 2013, 18:18
短答試験の受験が終わりました。
全力を出しきりました。

刑事系は民事系や公法系に比べて
易しかったような気がします。

合格しているとしたら刑事系に
救われていそうです。

さすがに本番は疲れました(>_<)

今日はこれから応援してくれた
家族と食事です。特に娘とはあまり
夕食を共にしていないので。。。
すごく喜んでくれています。

そのあとビールでも飲みながら
辰巳、LEC、伊藤塾の回答協力予定。

明日は、、、いつも通り仕事です。

ちょこっと途中経過

May 19 [Sun], 2013, 15:54
一般教養は去年より上がる感触。

民事系は予備校の新作問題を受けている
ような印象。消去法での回答が多かった

公法系は今までで一番、出題者の
意図を考えながら回答できた。
結果に繋がるかどうか。。。

これから刑事系です。
最後まで頑張ります。

無事到着

May 19 [Sun], 2013, 8:37
短答受験会場の早稲田大学に
無事到着しました。

去年のことを思い出してきました。

同じ15号館。去年は3F、今年は4F。

さあ、ノー対策の一般教養から(*^^*)
頑張ってきます。

商法:短答誤肢まとめ

May 19 [Sun], 2013, 1:04
前日の勉強が終わりました。
商法過去問はなんとか最後まで
たどりつきました。

民法が不完全ですが、なんとかなる
でしょう。

明日です(今日か(笑))頑張ります。

商法の短答誤肢まとめです。
不完全ですが。。。

---------------
手形の善意取得は理由を問わない

裏書の連続は形式でみる、裏書なければ遡求義務なし

手形の有害的記載事項:分割払い、免責、単純ではない支払約束、不確定期限、支払い方法や資金の限定、原因関係を効力要件とすること

振出日なきは未完成手形→呈示の効力なし(付遅滞効、遡求権保全効)
-------------------
仲立営業は媒介、見本保管、成立し手続き後報酬請求

匿名組合は、営業者に出資して利益分配、損失填補のうえ利益請求、年度終了解除可能、成功/営業者死亡後見/どちらか破産で終了、残額返還

交互計算は、相殺のうえ残額支払、6ヶ月原則、いつでも解除で残額支払

指図債権または無記名債権の弁済は、債務者の現在の営業所が履行場所(転々流通のため)

主債務者の商行為による債務の保証、保証自体が商行為である場合、両方とも連帯保証

手形行為は商行為で、年六分の利率だが、消滅時効は三年

貸し金業者や質屋営業が金を貸す行為は商行為でない

代理商の契約解除は二ヶ月前までに予告

代理商は商人の許可なく営業できる

営業譲渡の譲受人が譲渡人の債務を負担するのは、商号続用(負担しない旨の登記または双方からの通知を除く)、または広告掲載

譲受人が商号続用か広告で債務を負担した場合は、原則、【譲渡人】の債務は二年で消滅

商号の登記がなくても、商人は不正使用している者に対して侵害の停止や予防を請求できる

----------------------
新株予約証券、社債券は公示催告手続
株券は株券喪失登録制度

共有における届け出の制度は株式、新株予約権、社債で共通

合併における債務不承継は無効

組織変更の無効の訴えは、効力発生日から6ヶ月以内に提起可能、認容の効力は将来効

合併:全部→全部
分割:株式合同→全部(会社間の対価交付)
株式交換:株式→株式合同
株式移転:株式→株式

新設型では、対価柔軟化なし

株式交換移転では、子会社の債権者保護手続き不要

吸収合併においては差損が生じたり対価を交付しない合併は可能

委員会設置会社は執行役に組織再編の内容の決定を委任できない(簡易や略式の場合はできる)

株式買取請求権においては、代金支払い時に買取りの効力が生じる

どんな会社でも社債は発行可能

持分会社の社員は、定款に別段の定めない限り、業務を執行する

合名会社、合資会社は株式交換完全親会社になれない(無限責任ゆえ)

有限責任社員は労務や信用を出資の目的にできない

持分会社で新たに社員を加入させる場合、定款変更が必要

組織変更とは、株式会社⇔持分会社の変更をいう

合同会社の社員は定款変更によって出資価額を減少する場合以外は、出資の払い戻し請求できない

業務を執行しない有限責任社員は、業務を執行する社員全員の同意によって持分を譲渡できる

無限責任社員は会社債務に対して補充性を有するので、検索の抗弁を主張できる

代表取締役の氏名と住所は登記事項だが、その他の役員や会計監査人は氏名のみ

株式に関する事項、機関の設置と責任免除に関する事項も登記事項

解散した会社が監査役会設置会社であった場合には清算人会を置かなければならない

公開会社または大会社は清算株式会社で監査役設置必須、さらに委員会設置会社では監査委員が自動的に監査役に就任

資本金の減少手続きの瑕疵は訴えでのみ主張できる(準備金はそれ以外で主張可能)

任意積立金は定款か権限機関によってなされるので、取り崩しも同様の方法でなされるべき

法定準備金の資本への組み入れは株主の利益を害する恐れがあるから、株主総会の普通決議が必要

法定準備金の減少の目的は制限されていない

資本金の減少は株主総会の特別決議が必要(欠損填補の場合は普通決議で足りる)

監査役(特別権力決議)も取締役その他役員及び会計監査人(普通決議)も株主総会の決議で解任でき、正当な理由は不要(正当理由は損害賠償時の会社側抗弁)

監査役、監査委員がいる会社は同じ組織に所属するもの同士を訴訟当事者(代表者)にしない仕組み

株主総会での提案事項(報告事項)は株主全員の書面による同意により決議(報告)があったものとみなされる

取締役会の提案事項の場合は、定款の定めがある場合(監査役設置会社ではこれに加えて異議なきこと)に限り、書面による全員の同意で決議があったとみなされる(監査役会にはこのような制度はない)

株主代表訴訟の提起の資格は単独株主権

退任した取締役を被告とできる(責任追及)

刑法:短答誤肢まとめ

May 18 [Sat], 2013, 14:16
木曜日の夜、家に帰ってから
刑法の過去問を終わらせたのを
記事にし忘れていました。

辰巳のモーニングシャワーを二年分
ため込んでいたので刑法も電車とか
空き時間で復習していますが、
いい感じで正答できています。

以下、刑法の各論誤肢まとめ残りです。
(刑法は途中からまとめはじめたので
一部ですが)

--------------
盗品等の罪における親族間の特例は、本犯と盗品犯人の間で存在することを要する(親族相盗例は占有者所有者と本犯との間)

偽証罪においては裁判確定前の自白による刑の任意的減免はあるが、親族間の特例はない(虚偽告訴も同様)

業務妨害罪は具体的危険犯で、妨害の結果を発生させる行為があれば足り、実際に妨害されたことは不要

公務執行妨害罪と威力業務妨害罪がともに成立する場合は観念的競合

侮辱罪は公然と侮辱(事実でなくてよい)、名誉毀損罪は公然と事実を摘示して人の名誉を毀損すること(親告罪)

結婚目的誘拐罪の結婚は事実婚目的でも成立する

誘拐の手段としての暴行脅迫や欺罔誘惑んは被拐取者に対してなされる必要はない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ohki0408
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
199X年 旧司法試験短答A不合格
(大学在学時)
以後、法律の勉強はせず
−−−−−−−−−−−−−−−
2011年 予備試験の勉強を開始
2012年 予備試験論文不合格
2013年 予備試験論文不合格
2014年 予備試験最終合格
−−−−−−−−−−−−−−−
2015年 司法試験合格
2016年 司法修習69期終了
2016年12月15日より弁護士
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ohki0408
» 【司法試験】基本が大事 (2018年03月14日)
アイコン画像渥美クライマックス
» 【司法試験】基本が大事 (2018年02月19日)
アイコン画像ohki0408
» 基本書と判例集 (2018年02月17日)
アイコン画像フロンティア
» 基本書と判例集 (2018年02月15日)
アイコン画像すあま
» 【司法試験/予備試験】短答後の過ごし方 (2017年12月21日)
ヤプミー!一覧
読者になる