商法

February 18 [Wed], 2015, 23:00
うちの奥さんと
「よく予備試験突破できたなあ」
合格以来、何十回とそう話しています。

勉強していて、そう思うくらい分かって
いなかったり、曖昧だと感じたりする
ときがあります。
その双璧をなす科目が憲法と商法。
なかでも商法の予備論文の評価は、、、

E→F→C。

EF2回は全科目中、商法だけなんです。
ですので尚更商法にはその思いが強い。
こんなレベルで、本当によく合格できた
と自分でもビックリすることが多いです。

刑法で、「ボスキャラにこん棒で
対抗」していたことに気づいた時が
2年ほど前にありましたが、商法は
それが今です。

ということで、憲法に続き、答案練習など
そっちのけで重要な箇所のまとめメモを
作っています。

こんなレベルで答案練習しても、
だめよ、だめだめ〜

そういう心の声が聞こえてきます。

いまは我慢のときです。
地道に基本を勉強するときです。

以前記事にしましたが、
答案練習をほとんどせずに予備試験に
合格したのが幸いして、答案練習しない
ことに焦りは「一切」覚えません。

去年の6月の予備論文模試のときも、
「よし、これまでの勉強の成果をこの1回の答案練習で試そう!」
「本番の書かざるをえない追い込まれた
感覚を取り戻そう!」
という感じで臨んでいました。

とはいえ、4月の模試の頃までには
それなりに「書けそうな」状態にして
おきたい。
商法を終えたら少しずつ問題演習に
切り替える予定です。

あくまで予定ですが。

司法試験までは、まだ80日以上あります。

大丈夫、大丈夫、絶対に合格して
会社を辞める!

毎日、そう自分に言い聞かせてます。

会社法メモ(大枠理解の重要性)

February 10 [Tue], 2015, 21:04
会社法は、誰が誰に対し何ができるかが
条文のあちこちに規定されているイメージ
があり、いざ問題に取り組んだときに
訴訟選択などで混乱をきたす原因に
なっていると思います。

基本書やテキスト等をみても、一定の
工夫はされているものの、会社法の
大きな流れというか条文構造を説明
できているものは少ないと感じます。

今日、会社法のテキストや条文を眺めて
いたなかで、そんなごちゃごちゃな
イメージを自分なりに少し整理できた
ので、それをメモとして残したいと
思います。

そんなの当たり前じゃない!という
内容もあるかと思いますが、あくまで
いまの私のレベルが基準ですので、
あしからず。

--------------------
@:828条までの設立、株式、機関、計算、
事業譲渡・組織再編等は、原則として、
【会社の行為に関する要件効果】を
権利義務両面から規定したものである

A:例外的に@の規定の中に、株主等が
会社による行為の効果を発生させないため
【事前に】差止め請求ができることが
定められている
また、株式買取請求や株主名簿閲覧請求
など、【進行中】の会社の行為や手続等に
関する株主等による請求についても、
@の中に規定されている

B:829条以下の訴訟は、株主等が、@で
会社の行為の効果が発生してしまってから
【事後的に】争う救済手段である

C:Bの中にある株主代表訴訟は、
@の効果として会社ができる(すべき)
一定の責任追及行為等を会社がしない
場合に、【会社のために】株主が取締役等
の責任追及の訴えを提起できる制度である
--------------------

自分のなかでは、
【会社の行為に関する要件効果】
【事前に】
【進行中】
【事後的に】
【会社のために】
というキーワードによって
@〜Cの類型で分類したことで、
なぜその規定が条文のその場所にあるのか
が結構すっきりしました。

行政法や経済法の勉強でも感じたのですが
各法律の大枠というか骨組みを把握して
いるかどうかで、その後の勉強の質が
まったく変わってくると思います。
これからの勉強に生きてきそうです。

台風の動き/手形のお勉強

July 09 [Wed], 2014, 14:59
台風は論文試験当日には三陸沖に抜けそう
なので、ホッとしました。

さて、少しだけ手形のお勉強をしました。
河本フォーミュラはもう出ないでしょうが
重要部分は一通り頭に入れました。

もし出たら条文を探し趣旨を思いだし、
それらしく仕上げることにします。
総則商行為も同じです。

商法論文対策

July 07 [Mon], 2014, 17:52
旧司、予備、新司の過去問を検討して
います。直前期まで温存してました。
早くやっても忘れるので。

範囲が広い割りには、民法よりも出題
されそうなところが絞りやすいので、
そこを重点的に確認しています。

書き方は、問題文を全部読んで、
スキームを条文とともに拾いだして、
厚く論じるところを見極め、あとは
何も考えずに書く。単純ですが、おそらく
条文処理が多いので、これくらい淡白に
いかないと時間不足になるでしょう。
民事系では最後に書くつもりです。
民訴→民法→商法。

手形、どうしよう。出たらヤバいです。
出そうな気がします。さっと確認します。

短答過去問商法

April 27 [Sun], 2014, 16:03
短答過去問の商法をやり終えました。
条文等の予習なし、ぶっつけ本番。

会社法、商法、手形小切手法どれも
75〜80%の正答率。過去2年の本番での
正答率と同じくらいです。

会社法は株式の譲渡、新株予約権、
株主総会、組織再編が弱点。

商法は総則の商業登記と商号がボロボロ。

手形小切手法に穴はありませんでした。

直前の一週間に復習すれば、80%超えを
達成できそうです。

短答の勉強はここまでいいペースで
きています。

これから憲法をやります。29日には
終わらせ、もう一科目(たぶん行政法)
手をつけられそうです。

商事関係訴訟【改訂版】

June 22 [Sat], 2013, 23:55
今週は会社法の勉強。

青林書院の「商事関係訴訟【改訂版】」を
読み込みました。

訴訟類型ごとにまとまっているので、
会社法を横断的に学習でき、なかなか
いい本だと思います。

役員の責任追求についてももちろんあるので、
論文で狙われやすい利益相反や任務懈怠、
第三者からの損害賠償請求などもしっかり
取り上げられています。

予備試験には難しすぎるという書評も
ありましたが、会社勤めをしている
者としては、取締役の顔や具体的な取引場面
などを思い浮かべながら勉強できるので
苦にはなりません(笑)

会社法はもう1冊、なんとかやりたい。
あと商法や手形法への備えとして、薄い本を
一冊、やっておきたいと思います。

あと三週間。昨年より勝負できそうです。

商法:短答誤肢まとめ

May 19 [Sun], 2013, 1:04
前日の勉強が終わりました。
商法過去問はなんとか最後まで
たどりつきました。

民法が不完全ですが、なんとかなる
でしょう。

明日です(今日か(笑))頑張ります。

商法の短答誤肢まとめです。
不完全ですが。。。

---------------
手形の善意取得は理由を問わない

裏書の連続は形式でみる、裏書なければ遡求義務なし

手形の有害的記載事項:分割払い、免責、単純ではない支払約束、不確定期限、支払い方法や資金の限定、原因関係を効力要件とすること

振出日なきは未完成手形→呈示の効力なし(付遅滞効、遡求権保全効)
-------------------
仲立営業は媒介、見本保管、成立し手続き後報酬請求

匿名組合は、営業者に出資して利益分配、損失填補のうえ利益請求、年度終了解除可能、成功/営業者死亡後見/どちらか破産で終了、残額返還

交互計算は、相殺のうえ残額支払、6ヶ月原則、いつでも解除で残額支払

指図債権または無記名債権の弁済は、債務者の現在の営業所が履行場所(転々流通のため)

主債務者の商行為による債務の保証、保証自体が商行為である場合、両方とも連帯保証

手形行為は商行為で、年六分の利率だが、消滅時効は三年

貸し金業者や質屋営業が金を貸す行為は商行為でない

代理商の契約解除は二ヶ月前までに予告

代理商は商人の許可なく営業できる

営業譲渡の譲受人が譲渡人の債務を負担するのは、商号続用(負担しない旨の登記または双方からの通知を除く)、または広告掲載

譲受人が商号続用か広告で債務を負担した場合は、原則、【譲渡人】の債務は二年で消滅

商号の登記がなくても、商人は不正使用している者に対して侵害の停止や予防を請求できる

----------------------
新株予約証券、社債券は公示催告手続
株券は株券喪失登録制度

共有における届け出の制度は株式、新株予約権、社債で共通

合併における債務不承継は無効

組織変更の無効の訴えは、効力発生日から6ヶ月以内に提起可能、認容の効力は将来効

合併:全部→全部
分割:株式合同→全部(会社間の対価交付)
株式交換:株式→株式合同
株式移転:株式→株式

新設型では、対価柔軟化なし

株式交換移転では、子会社の債権者保護手続き不要

吸収合併においては差損が生じたり対価を交付しない合併は可能

委員会設置会社は執行役に組織再編の内容の決定を委任できない(簡易や略式の場合はできる)

株式買取請求権においては、代金支払い時に買取りの効力が生じる

どんな会社でも社債は発行可能

持分会社の社員は、定款に別段の定めない限り、業務を執行する

合名会社、合資会社は株式交換完全親会社になれない(無限責任ゆえ)

有限責任社員は労務や信用を出資の目的にできない

持分会社で新たに社員を加入させる場合、定款変更が必要

組織変更とは、株式会社⇔持分会社の変更をいう

合同会社の社員は定款変更によって出資価額を減少する場合以外は、出資の払い戻し請求できない

業務を執行しない有限責任社員は、業務を執行する社員全員の同意によって持分を譲渡できる

無限責任社員は会社債務に対して補充性を有するので、検索の抗弁を主張できる

代表取締役の氏名と住所は登記事項だが、その他の役員や会計監査人は氏名のみ

株式に関する事項、機関の設置と責任免除に関する事項も登記事項

解散した会社が監査役会設置会社であった場合には清算人会を置かなければならない

公開会社または大会社は清算株式会社で監査役設置必須、さらに委員会設置会社では監査委員が自動的に監査役に就任

資本金の減少手続きの瑕疵は訴えでのみ主張できる(準備金はそれ以外で主張可能)

任意積立金は定款か権限機関によってなされるので、取り崩しも同様の方法でなされるべき

法定準備金の資本への組み入れは株主の利益を害する恐れがあるから、株主総会の普通決議が必要

法定準備金の減少の目的は制限されていない

資本金の減少は株主総会の特別決議が必要(欠損填補の場合は普通決議で足りる)

監査役(特別権力決議)も取締役その他役員及び会計監査人(普通決議)も株主総会の決議で解任でき、正当な理由は不要(正当理由は損害賠償時の会社側抗弁)

監査役、監査委員がいる会社は同じ組織に所属するもの同士を訴訟当事者(代表者)にしない仕組み

株主総会での提案事項(報告事項)は株主全員の書面による同意により決議(報告)があったものとみなされる

取締役会の提案事項の場合は、定款の定めがある場合(監査役設置会社ではこれに加えて異議なきこと)に限り、書面による全員の同意で決議があったとみなされる(監査役会にはこのような制度はない)

株主代表訴訟の提起の資格は単独株主権

退任した取締役を被告とできる(責任追及)

商法:短答誤肢まとめ(途中)

May 16 [Thu], 2013, 23:55
仕事終わりに勉強。
今日は商法の過去問。

できるだけ趣旨や機関相互の関係などを
意識して解くようにしています。
じゃないと覚えきれませんから(((^^;)

あと100問くらい。土曜日に最後まで
たどり着けるかどうかです。
頑張ります。

今日も誤肢まとめです。

----------------
株主総会の議決権の不統一行使は他人のために株式を有する者のみ可能

特別利害関係人による議決権行使により、著しく不当な決議があった場合に取消原因となる

総株主の議決権の25%を保有されている会社は、保有会社の議決権を行使できない

株主総会での特定事項説明は相当期間前の通知があれば説明する必要あり

株主総会での延期決議があった場合、続行の株主総会の招集通知を改めて発する必要はない

破産し復権していないものも取締役になれる

株主総会での取締役の解任に正当な理由はいらない(正当な理由がない場合に取締役が損害賠償請求できる)

利益相反取引では取引行為をした取締役は帰責事由の存在を主張できないが、それ以外の取締役は帰責事由のないことを証明して責任を逃れうる

登記前は、善意の第三者に対抗できない。登記後は正当な自由がない限り、対抗できる(908条1項。民法112条は適用されない)

退任取締役は、原則責任を負わないが、積極的な振るまいや登記のないことの明示的承諾の場合は例外的に責任を負う

会計参与の資格は、公認会計士や税理士などに限られる

子会社の取締役は親会社の監査役や会計参与になれない

監査役は子会社を調査できるが、監査委員は監査委員会が選定した者だけが子会社を調査できる

取締役が責任一部免除の議案を提出するには、監査役全員の同意が必要

役員等の責任全部免除できるのは、株主総会の決議ではなく、総株主の同意

取締役法令違反行為に対する株主の差止め請求の訴えは会社のための法定訴訟担当(既判力が会社に及び、他の株主は同一理由で訴えを提起できない)

株主総会の内容に法令違反がある場合は無効原因、手続や方法が法令定款違反の場合は取消原因

商法短答対策

April 27 [Sat], 2013, 23:55
商法の短答対策。

辰巳の条文判例本の通読し、過去問。

分かってはいるが、細かい知識が多い。
できるだけ趣旨で覚えようと努力。

設立は毎年1問は出るようだ。
株式、機関は複数問。
計算、組織変更、訴訟。
あとは商法総則商行為、手形小切手。

範囲が広いから勢いで勉強(笑)。
昨年はそれで乗りきった。
今年も頑張るぞー。

会社法終了

January 26 [Sat], 2013, 23:55
やっと会社法終了。
かなり時間がかかってしまった。

明日から刑法。
論文でE評価だったので、
気合いを入れてガンバる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ohki0408
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
199X年 旧司法試験短答A不合格
(大学在学時)
以後、法律の勉強はせず
−−−−−−−−−−−−−−−
2011年 予備試験の勉強を開始
2012年 予備試験論文不合格
2013年 予備試験論文不合格
2014年 予備試験最終合格
−−−−−−−−−−−−−−−
2015年 司法試験合格
2016年 司法修習69期終了
2016年12月15日より弁護士
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ohki0408
» 【司法試験】基本が大事 (2018年03月14日)
アイコン画像渥美クライマックス
» 【司法試験】基本が大事 (2018年02月19日)
アイコン画像ohki0408
» 基本書と判例集 (2018年02月17日)
アイコン画像フロンティア
» 基本書と判例集 (2018年02月15日)
アイコン画像すあま
» 【司法試験/予備試験】短答後の過ごし方 (2017年12月21日)
ヤプミー!一覧
読者になる