実務基礎刑事

May 31 [Sat], 2014, 16:41
辰巳の刑事系「虎の巻」と平行して、
LECの実務基礎攻略テキスト刑事と、
論文の森をやっています。

余談ですが口述のテーマをみて、
公判前整理手続が問われていて
汗が出てきました。裁判員裁判の影響で
重要度があるということでしょうね。
気を付けないと。

さて、実務基礎刑事は下記のお作法を
崩さず書けば、なんとかなりそうです。
私なりの理解なので、細かいところは
省略しています。あしからず。

事実認定は、
@前提論証

A条文と要件(解釈) ←ここがまず大事

B事実の摘示 ←誰でも書ける

C評価 ←ここが一番大事!

Dあてはめの結論 ←誰でも書ける
 ※BCDはループ

E総合認定


犯人性は、

@直接証拠(自白、目撃供述)
 ※自白以外、無しだろう。あったら終了

A各間接事実(重要度順)←誰でも書ける
 ※自白先行なら補強証拠

B評価 ←ここが一番大事!

Cあてはめの結論 ←誰でも書ける
 ※ABCはループ

D犯人性の認定

手続を書かせる問題は淡々と
条文を引いて要件あげて、事実に沿って
評価と結論を書く、、、って
だいたい事実認定と一緒ですね。

総論、各論、手続の何が出題されても
いけそうな気がしてきました。
3年目でようやく入り口にたどり着く 笑

刑事実務基礎

May 21 [Tue], 2013, 22:02
今日から勉強を再開します。
仕事終わりにいつもの公民館です。

リハビリモード。しかも眠い(∋_∈)

刑事実務基礎。
辰巳のハンドブックを使います。
あとは予備試験の過去問。

実務基礎に続けて刑訴、刑法をやり、
司法試験の過去問まで目を通せれれば
いいな、と思っています。

刑事系で2.5週間がリミットです。

刑事事実認定その13

June 15 [Fri], 2012, 23:56
今日は午前中、近くの図書館で
勉強し、妻とのランチをはさんで
いつもの公民館に移動。

刑事事実認定を終えた。
入門を含めて計三冊。

昨年の予備試験しか過去問がない
ので不安ではあるが、基本に忠実に
論述したいと思う。

丁寧に事実を拾うこと、そこから
何が(主要事実なのか間接事実
なのか)認定できるのか、それらを
積み重ね、結局どのような犯罪事実
を認定できるのか、それとも無罪
なのか。

大事なのは法的思考のバランスと
論理の積み重ね。飛躍しないように
注意していきたい。

アウトプットに不安が残るも、
迷っている暇はない。

事例の本を中心に読みまくる。

刑事事実認定その12

June 14 [Thu], 2012, 23:45
短答合格した喜びも束の間、
いつも通り仕事終わりに公民館へ。

刑事事実認定の続き。

目撃者の供述の信用性。
不利益は被告人の利益に、という
大原則をよく反映した考え方が
ある。

つまり、人間の記憶は
様々な刺激まどにより変容する
危険性があるため、一見もっとも
らしい供述であっても、客観的証拠
との整合性などを検討して、その
供述が合理的な疑いを入れない程度に
事実を証明できるか、慎重に判断
しなければならない。

そして疑いが払拭できなければ、
証明は不成功、つまり被告人無罪に
つながる。

年少者の供述の信用性。
4,5歳であっても、証言能力は
認められるケースが多い。
また、犯罪事実の信用性よりも、
犯人識別供述の信用性が争われる
場合が多い。

年少者の特性を考慮しながら、
供述証拠一般の判断要素を検討
する必要あり。

アリバイの有無。
公判での主張が控訴審で初めて
行われるなど遅れた場合でも、
単に「遅れた」というだけで
信用性がなく排斥することは許されない。
遅れた理由などを慎重に吟味し、
その主張に理由があれば排斥せずに
主張のと内容を検討することが
求められる。

明日で刑事事実認定を終え、
憲法に入る。

刑事事実認定その11

June 13 [Wed], 2012, 22:03
二日間のブランクを経て、勉強する。
仕事終わりに公民館へ。

刑事事実認定の続き。

放火罪の「放火の方法」と鑑定。
放火の方法を具体的に示さなくても
理由不備にはならないが、通常は
再現実験などによって供述通りに
なるか、それによって燃焼するかの
検証をすべき。

警察犬による臭気選別。
(よく能力の保持された警察犬!
この表現はなぜかうける!!)
ポリグラフ検査。
筆跡鑑定。
DNA型判定。
以上はそれのみで犯罪事実の
証明までは難しい証拠といえる。
他の証拠と共に事実認定や信用性の
立証に使われる。

犯人の同一性。
特徴のある被告人だったが、
被害者やその周辺の者の供述が
疑わしいとされた事例。
捜査手法も問題となっている。

被告人の自白の信用性。
客観的な証拠との整合性、変遷の有無、
自然性・合理性があるかなどで判断。

共犯者の供述の信用性。
いわゆる巻き込みの危険。
供述の信用性判断が不可欠。
その際、供述による共犯者の受ける
利益も考慮。

明日は短答合格発表。
ちょっと緊張する。

刑事事実認定その10

June 10 [Sun], 2012, 23:59
土曜、日曜と終日勉強。

刑事事実認定。

背任と横領の区別。
詐欺罪。
薬物事犯。
交通事犯。

どれも具体的事実をよく検討しないと
いけないものばかり。

刑法でも勉強する判例の事例が
よくわかりようになる。

来週は総合事実認定で、主に
刑事訴訟法に関連する事例が
多くでてくるようだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ohki0408
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
199X年 旧司法試験短答A不合格
(大学在学時)
以後、法律の勉強はせず
−−−−−−−−−−−−−−−
2011年 予備試験の勉強を開始
2012年 予備試験論文不合格
2013年 予備試験論文不合格
2014年 予備試験最終合格
−−−−−−−−−−−−−−−
2015年 司法試験合格
2016年 司法修習69期終了
2016年12月15日より弁護士
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ohki0408
» 【司法試験】基本が大事 (2018年03月14日)
アイコン画像渥美クライマックス
» 【司法試験】基本が大事 (2018年02月19日)
アイコン画像ohki0408
» 基本書と判例集 (2018年02月17日)
アイコン画像フロンティア
» 基本書と判例集 (2018年02月15日)
アイコン画像すあま
» 【司法試験/予備試験】短答後の過ごし方 (2017年12月21日)
ヤプミー!一覧
読者になる