8細胞じゃないとダメなんですよね?

January 25 [Fri], 2019, 11:00
皆さま、こんにちは

今回は、受精卵の細胞数についてお話しいたします。
3年以上前の記事 : 「受精卵の分割スピードについて」がいつも1番人気の記事のようでしたので、補足説明としてご覧ください

受精卵の発育具合を患者様へ説明した際に、
「培養3日目は8細胞じゃないとダメなんですよね?」
「16細胞は速すぎて染色体異常ですか!?」

と質問されることがあります。

ダメじゃないです。むしろ良い。元気があって素晴らしい。ちょっとせっかちさんなだけ。
とお答えします。

6-7細胞だと、ちょっとのんびりさんだなと思いますが、5細胞でも妊娠して出産されている方がいらっしゃいます。分割の仕方が正常であれば、問題ないと考えています。


なぜ、分割が速い方がむしろ良いのか・・・簡単なグラフを作成しました。

左が新鮮胚移植、右が凍結胚移植の妊娠(胎のう確認)率です。
青色が8細胞以下の受精卵、オレンジが9細胞以上の受精卵を移植した結果です。

新鮮胚・凍結胚移植のどちらも9細胞以上の方が妊娠率が高い結果となっています。


当院では、2015年11月からタイムラプスインキュベーターによる、受精卵の動画観察を行っています(詳しくはこちらをご覧ください)。動画観察によって、正常に分割していると判断された受精卵の移植結果です(見た目の評価はVeeck分類グレード1から4の受精卵)。対象は2015年11月から2018年12月、39歳以下の初期胚を1個移植した症例です。



人間や動物に個性があるように、受精卵にも個性があります。細胞数はあくまで目安だと思っておいてください

ご質問がございましたら、遠慮なく胚培養士にお声掛けくださいね

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

  • URL:https://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/718
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町ARTレディースクリニックHPからご覧頂けます
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる