養子縁組について

July 13 [Fri], 2018, 11:00
こんにちは
看護部の武矢江美です。日差しもグンと強まり、生命の力強さを感じる季節となりましたね。皆さま、いかがお過ごしですか?

さて、以前「家族を増やすということ」についてブログでお話させて頂きました。
本日は少し予告させて頂きましたように、「養子縁組」について詳しく書かせて頂こうと思います。

不妊治療を現在、頑張られている方にとって、今はなかなかこの養子縁組という方法にまで考えが及ばないかもしれません。
ですが、お子様を迎える一つの方法として養子縁組という選択肢があるのだと言うことを、少しでも知っておいてもらえれば、と私たちは考えます。
アメリカでは年間5万人もの養子縁組がある一方で日本では500人ほどに過ぎません。その反面、親に恵まれない子供たちの85%が施設で暮らしているのだそうです。
お子様を切に願われている方がたくさんおられるのに対して、日本にはまだまだ温かい家庭、お母さん、お父さんを待っている子供たちもたくさんいるということなのですね。

養子縁組とは?
養子縁組は元々親子関係のない者同士に、法律によって親子関係を成立させることを言います。
養子縁組には家の存続や跡取ををもうけるための「普通養子縁組」と子供の福祉を最優先に考えられた「特別養子縁組」があります。
2つの養子縁組制度はこのように目的が違いますので、条件もそれぞれ違っています。


※養子縁組の場合は、戸籍編成上、養子が自分のルーツを探せるための手がかりが残されています。
(血族結婚を防ぐため)


お子様を望まれていたにもかかわらず、実子を得ることが出来ず養子の選択をされるほとんどの方は「特別養子縁組」の選択をされます。

相談はどこに?
公の機関となる「児童相談所」や民間の機関で紹介してもらうことができます。養子をあっせんすること自体は違法とはなりませんが営利目的となると違法となります。よって、通常公の機関ではもちろんのこと、民間の団体であっせんを受けた場合でも直接、仲介料という形で費用を取られることはありません。
またご夫婦の年齢に関して、団体によりそれぞれの上限が定められていることがほとんどですのでお気をつけ下さい。

お子様を望まれているすべての方に、一刻も早く素敵な家族が増えますように・・・

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ
  • URL:https://yaplog.jp/ohgimachi2511/archive/706
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町ARTレディースクリニックHPからご覧頂けます
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる