初期胚を凍結保存するメリット

March 22 [Fri], 2019, 11:00
みなさま、こんにちは

当院では初期胚(培養2-3日目)で凍結保存することが多いのですが、患者様から

「えっ、全部胚盤胞で凍結保存しないんですか?」

とご質問されることが、よくあります。もちろん、胚盤胞まで育った受精卵は殻から出てきて子宮の内膜に着床するだけの状態なので、そこまで育つかどうか分からない初期胚よりも妊娠率が高いです。
それでも当院が、初期胚での凍結保存をお勧めする理由をご紹介いたします。


確実に移植をするため
 当院の卵巣刺激は、内服薬主体のマイルドな刺激方法となっています。そのため、注射でガンガン刺激する方法と違って、採卵数が少なくなります。患者様個々の卵巣機能にもよりますが、多くても5個程度の採卵数になります。その中には未熟卵子も含まれ、さらに正常に受精する卵子は限られてきます。結果的に移植に使える受精卵の数がどんどん少なくなります。少ない受精卵を胚盤胞まで培養して、胚盤胞にならなかった場合、その心理的・身体的・経済的な損失は大きくなるのではないでしょうか。
当院では、確実に移植が行えるように、早い段階で受精卵を移植・凍結保存することを、第一選択として行っています。

胚盤胞に育つ初期胚がある程度見極められるため
 当院では、タイムラプスインキュベーターを用いて、受精卵の発育状況を動画で観察しています。この機械を導入する前は、朝1回だけ培養器から受精卵を取り出して顕微鏡下で観察していました。現在では、15分毎に機械が受精卵の写真を撮影し、それを動画にすることで受精卵の分割の仕方や速度が分かるようになりました。それにより、正常な分割をしている受精卵が選択できるようになり、それ以上培養を続けなくても妊娠しやすい受精卵が見極められるようになっています(100%ではありませんが)。
リンク : タイムラプスインキュベーターのご紹介
リンク : タイムラプスインキュベーターのメリット@培養環境の向上
リンク : タイムラプスインキュベーターのメリットA動画観察


グレードが低い胚盤胞は凍結しないため
 当院では、グレードが低い胚盤胞(3CCや4CCなど)は凍結保存の対象としていません。融解後の生存率が低い可能性があり、また妊娠率も低いためです。そのため、初期胚の段階で移植し、お腹の中で胚盤胞になってくれれば、廃棄することなく有効的に使用できると考えられます。
リンク : 胚盤胞の形態的評価について

二段階胚移植ができるようにするため
 良好な胚盤胞を複数回移植しても、なかなか妊娠しない場合、二段階胚移植という移植方法が有効です。これは初期胚を1個移植し、数日後に胚盤胞を1個移植する(合計2個)方法です。最初に初期胚を移植するのは、受精卵から発せられる物質が子宮の内膜に作用し、着床しやすい環境を整えてくれることを期待するためです。受精卵を2個移植するため、多胎妊娠の可能性が上がりますが、原因不明の着床不全の方には効果的であると考えています。(初期胚の代わりに培養液を移植する方法もありますが、当院では凍結培養液の管理が煩雑になってしまうため、現在のところは実施しておりません。)



ただし、初期胚の時点で異常な分割がみられた場合は、培養を継続し、胚盤胞になったら凍結保存することもあります。初期胚の凍結個数は1-2個程度にとどめ、残りは胚盤胞まで育てています。初期胚移植でなかなか妊娠に至らない場合や患者様が胚盤胞での凍結を希望された際も、胚盤胞にならなかった場合のリスクをご了承の上、培養を継続することもあります。患者様によって、受精卵の状態や治療内容が変わってきますので、臨機応変に対応させていただいております。

長くなりましたが、初期胚凍結のメリットについてのお話でした。
治療について分からないことや変更してほしいことがあれば、いつでもご連絡くださいね


扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ


体外受精治療スケジュールについて

March 08 [Fri], 2019, 11:00
みなさまこんにちは
寒い日が続きますが皆様、体調崩されていないでしょうか。
インフルエンザなどまだまだ予防して十分に注意してくださいね

今回は体外受精での治療の流れやスケジュールについてお話したいと思います

当院では仕事をしながら治療を行っている患者さまがたくさん通院されています。
体外受精へステップアップを考えているけれども仕事と治療の両立で不安を抱いている患者さまも多いのではないでしょうか

体外受精のスケジュールの実際を知っていただくことで、治療とご自身のライフスタイルを重ね合わせていだき、患者さまにとって一番いい方法で治療できればと思います

治療では、採卵までと、胚移植後の2つに分けて説明させていただいていますが、まず当院で主に行っているマイルド刺激法による採卵までのスケジュールを説明します。

採卵を希望される月経が開始すれば、通常は月経開始より3日目頃までにご受診いただきます。
診察の上、子宮や卵巣に問題なければお薬での卵巣刺激を開始します。マイルド刺激法では、クロミッド等の内服と安全かつ効果的な自己注射キットを併用して卵巣刺激を開始します。通常、お注射は2日に1度程度で開始します。

卵巣刺激開始から4−5日後および7−8日後頃の2回程度、超音波にて卵巣と子宮の診察を行い、1−2回、卵巣からのホルモンの血液検査を行います。診察の目的は、卵胞の大きさや数、子宮内膜の厚み、血液検査をする場合にはホルモンの値から卵巣刺激の方法や最も良好な卵子が得られる採卵日を決定するためです。
この図は採卵までの流れを示したものになります。


通常、刺激開始時と次回の診察では血液検査を行いません。採卵日を決定する診察ではホルモン検査の採血も行います(採卵までに採血する回数は通常1−2回ですが、その回数および待ち時間が少なくなるよう考慮しております)。 

ホルモン検査の結果をお待ちいただく場合、通常1時間程度で検査結果が判明します。診察の結果より、医師がお薬の投与の仕方や採卵予定日を修正・決定します。(多くの場合、採卵は月経周期の12−13日目頃となりますが、卵巣の反応や個人差にて多少、変動します。) 受診全体では1-2時間ほどお時間を要しますが、説明の内容により2-3時間ほどを要する場合があります。

これらの診察予定については、下記の当院YouTube動画をご参照ください。
体外受精セミナーC体外受精での通院予定と診察内容

お仕事をされている患者様にとっては、約3回ほどの診察ですが午前中にお休みを確保することが難しい方もいらっしゃいます。
そんな場合には、採血と診察を朝8時30分来て頂き一旦お仕事に行っていただきます。
お仕事が終わってから午後の診察に戻ってきて頂き注射や説明をさせて頂いくこともできます。
お仕事に行って頂いている間に、しっかりと診察の情報を確認して最適な計画を立て、午後のご来院で必要な処置と説明をさせて頂く、というパターンです。

梅田近辺でお仕事をされている患者様は、お昼休みを利用して採血を受けに来られるなど、みなさま仕事との両立のため工夫している方がたくさんいらっしゃいます。
「仕事をしながら体外受精の治療は無理かしら?」と悩んでいらっしゃる方はお気軽にご相談ください。

最近では卵巣刺激や自然排卵抑制のためのお薬などが自己注射がキットになっており、ご自宅や職場でご自身で行っていただけるようになっています。
通常、診察は2〜3回ですが、診察日以外の日に注射をした方が卵巣の良い反応が得られる場合もありますので、
ご自身で注射が行えると通院回数も少なくできます
自分で注射をするというのは不安も大きいと思いますが、看護師がゆっくり丁寧に説明させて頂きます。
また、自己注射がご不安な場合には通院で看護師が行うことも可能ですのでご安心くださいね。

採卵までのスケジュールはこのような流れになっていますがイメージできましたか?
皆様の卵巣に合わせて診療スケジュールは作成しますので、決まり切ったパターンに皆様をはめてしまうのではなく当院では個別性を重視したスケジュールを組みます。
例えば、「早期排卵」といって早めに排卵してしまうお体の方には排卵の兆候を見落とさないように早めに診察や採血を行う場合があります。
スケジュール後半で、急速に卵胞が育ち予定よりも早く排卵の兆候が見える場合もあります。
そんな場合は診療予定を変更し、採卵日も一番卵の状態が良いときに採卵できるように変更します。
卵は若すぎて未熟な状態では受精しません。
熟しすぎて過熟な状態でも受精しません。
卵が一番良い状態の時に良い卵が採卵できるように、予定は変更できるようにしておくと気持ちが楽かもしれませんね。
出張の多い方や会議の多い方など、午前中は代行の方にお願いしておいたり、といった工夫ができるとより安心して治療を受けて頂けるかもしれませんね。

ご不安な方はいつでもご相談ください。

採卵後、胚移植のスケジュールについては次回の話題にしたいと思います


扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

東洋医学の豆知識A風邪

February 22 [Fri], 2019, 11:00
皆さまこんにちは!
三寒四温のこの頃、まだ寒い日もありますが変わりなくお過ごしでしょうか?


今回は東洋医学の豆知識シリーズ第2弾!


風邪(ふうじゃ)

についてお話させていただきます。
風邪(かぜ)と書いてふうじゃと読みます。

前回の豆知識シリーズでも少しお話させていただきましたが、
邪気には6つの種類があります。

春が近づくこの時期に活発になるのがこの『風邪』。

風は軽く、上や外に向かう性質があります。
なので体の表面や上部、肺を侵しやすく、鼻や呼吸器の症状、いわゆる風邪(かぜ)
の様な状態になります。


かぜは万病の元
と言う言葉がありますが、これは風邪の特性から来ている言葉です。
風邪は他の邪と一緒に人体に入ってくることが多く、
風と寒、風と湿、・・・など他のものと合わさって悪さをします。
ただの風邪・・とおもっていると思いがけず悪化してしまうこともあるので要注意です


風邪は、肝を侵しやすいとも言われています。
肝の機能が弱ると、陰血不足 といって血が足りない状態になってしまい、
めまいなどの症状が起こりやすくなります。
肝の機能は妊活にもとても大切な部分です。

今の季節は風邪+前回お話しした寒邪に侵されやすい時期です。
風邪は背中にある風門というツボから侵入して来ると言われています。



ここにお灸をしておげることで体に風邪が入ってくるのを防ぐことができます。
お灸が難しい方はこの部分にドライヤー、もしくは熱いおしぼりをあててあげてください
ただし、高熱がでていたり喉が腫れているときは悪化するので注意してください

またエアコンや扇風機等の風も風邪のひとつ。
あたりすぎないようにきをつけてくださいね


風邪予防のツボは風門以外にも、

頭の付け根にある風池


腕にある尺沢


もおすすめです!
お灸ができなくても、心地よい程度におしてあげるだけで効果はありますので、
是非やってみてください

医療費控除について

February 13 [Wed], 2019, 18:30
皆さまこんにちは

前回の投稿が途中になってしまいまして申し訳ありません。
再度医療費控除について投稿させて頂きます

医療費控除とは
1年間に生形を同じにする家族が支払った医療費を合計し、一定の金額を超えた場合に、所得控除(減税)を受けることが出来る制度です。

年収が320万円以上なら医療費が10万円以上の支払。
年収が300万円前後以下なら所得に対して5%以上の支払が対象になります。
ただし保険金などが給付された金額は医療費から差し引く必要があります。

医療費控除に必要な書類は
@確定申告書類
 国税局のホームページから作成することが出来ます。

Aかかった医療費が分かる領収書またはレシート
 医療費が分かる領収書やレシートは必ず原本が必要になるので、とっておいて下さい

B医療費集計フォーム
 こちらも国税庁のホームページから作成可能です。

C給与所得がある場合
 給与所得の源泉徴収票(原本) 
以上を揃えて所轄の税務署へ申請してくださいね

下記に医療費控除の対象となるものをあげてみますので、ご参考になさって下さい
 ・保険診療

 ・自由診療(保険外診療 不妊治療も対象です

 ・市販薬

 ・鍼灸治療

 ・交通費等などです。

交通費については領収書は必要ありませんが、実際にいくらかかったか説明出来るようにしておきましょう
以上、簡単にご紹介いたしました。
対象にならないものもありますので詳細は、税務署にお問い合わせ下さい。

国税庁のHPにものっていますので、ご参考になさって下さい。

申告までにまだ少し時間はありますが、早めに準備をしておくことをお勧めします

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

8細胞じゃないとダメなんですよね?

January 25 [Fri], 2019, 11:00
皆さま、こんにちは

今回は、受精卵の細胞数についてお話しいたします。
3年以上前の記事 : 「受精卵の分割スピードについて」がいつも1番人気の記事のようでしたので、補足説明としてご覧ください

受精卵の発育具合を患者様へ説明した際に、
「培養3日目は8細胞じゃないとダメなんですよね?」
「16細胞は速すぎて染色体異常ですか!?」

と質問されることがあります。

ダメじゃないです。むしろ良い。元気があって素晴らしい。ちょっとせっかちさんなだけ。
とお答えします。

6-7細胞だと、ちょっとのんびりさんだなと思いますが、5細胞でも妊娠して出産されている方がいらっしゃいます。分割の仕方が正常であれば、問題ないと考えています。


なぜ、分割が速い方がむしろ良いのか・・・簡単なグラフを作成しました。

左が新鮮胚移植、右が凍結胚移植の妊娠(胎のう確認)率です。
青色が8細胞以下の受精卵、オレンジが9細胞以上の受精卵を移植した結果です。

新鮮胚・凍結胚移植のどちらも9細胞以上の方が妊娠率が高い結果となっています。


当院では、2015年11月からタイムラプスインキュベーターによる、受精卵の動画観察を行っています(詳しくはこちらをご覧ください)。動画観察によって、正常に分割していると判断された受精卵の移植結果です(見た目の評価はVeeck分類グレード1から4の受精卵)。対象は2015年11月から2018年12月、39歳以下の初期胚を1個移植した症例です。



人間や動物に個性があるように、受精卵にも個性があります。細胞数はあくまで目安だと思っておいてください

ご質問がございましたら、遠慮なく胚培養士にお声掛けくださいね

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

麻疹と妊娠

January 11 [Fri], 2019, 11:00
皆さま、あけましておめでとうございます
今年がみなさまにとって素晴らしい1年になりますように・・・。

さて、さっそくですが本題に
今日は麻疹(はしか)についてお話しさせてください。

当院では、原則として通院される患者様全員に感染症の検査をさせて頂いています。
B型肝炎やC型肝炎など血液や体液を介して感染する病気ははもちろん、風疹と麻疹の検査も原則必須とさせて頂いています。
妊娠中に風疹にかかった場合のリスクについては、妊娠に向けて治療をされている患者様の多くはご存知かと思いますが、麻疹も、風疹ほどではないものの妊娠中に罹患することについてリスクがあるのはご存知でしょうか?

麻疹とは?
麻疹は非常に感染力が強く、飛沫感染でうつり、潜伏期間は10〜12日間とされています。
最初は熱、咳、鼻水などから始まります。そのため、はじめから麻疹と診断されることはほとんどありません。感染してから5日目を過ぎると、頭・顔→腕→体幹→足と全身に発疹が出来てきます。多くの場合はここで初めて「麻疹」と診断されます。

発疹は4日〜1週間で色あせていきます。茶色の色素沈着は残りますが、痕は残りません。合併症がなければ熱も下がり回復していきます。また、他の感染症と同様、大人がかかると重傷化します。

妊娠中に罹患すると・・・

妊娠中に麻疹に罹患した場合、風疹と違って胎児に先天性異常が出る可能性は否定されています。
ただ、流早産や死産の増加が報告されています。また分娩直前または分娩後に発症したときには児が先天性麻疹になる可能性もあります。

このように妊婦さんが麻疹にかかると、重傷化の可能性もあるうえに胎児への影響も否定できません。
抗体のない方は是非、妊娠前にワクチンを接種してください。
ただし、ワクチンは生ワクチンであるため接種後、2ヶ月の避妊期間が必要です。ご注意ください。
またご主人についても、自分の身を守るためだけでなくご自身が感染源にならないために是非ワクチンを受けて下さい。
当院でもワクチンはご用意していますので、ご不明な点はいつでもスタッフにお気軽におたずね下さい。

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

東洋医学の豆知識@寒邪

December 21 [Fri], 2018, 11:00
東洋医学の豆知識

@寒邪 (かんじゃ)



皆様こんにちは

寒い日が続いておりますが、体調はおかわりないでしょうか?

この寒さ、実は東洋医学では、病気の原因の一つとして考えられています!



寒さの他にも、暑さ、乾燥など、その人の外の環境から生じる、
6つの病気を「六淫(りくいん)」と言い、
今回から6回にわたってわかりやすく解説していきたいと思います!



これを知っておくと、季節の変化によって注意すべきポイントがわかります!



ー寒邪ー

毎日のこの寒さ、東洋医学では寒邪(かんじゃ)と言います

寒邪は名前の通り、寒さのことです。

冬の寒さだけではなく、冷たい冷房など、体の外からくる寒さのことをいいます。


寒邪が体に入ると、身体を冷やしてしまいます。

特に冷えるのが、体の下の方で、これは、冷たい空気が下にたまるのと同じです

そして、下にたまったこの冷えは、なかなか動かずに居座り続けます

寒邪が居座り続けると、体の様々な機能がストップしてしまい、

体全体の血や水分などの流れを悪くしてしまいます

寒いと動作が遅くなり、動きたくなくなりますよね

「停滞して、動きを止める」寒邪の性質そのものです。


体の症状としては、冷え性、肩・腰・膝の痛みなど引き起こします

寒くなると、節々が痛くなる…よくありますよね。
それ寒邪です!!


それでは、寒邪の予防、対策ですが、

ずばり「温める」です

そのまんまなのですが、

単にカイロやお風呂で体を温めるだけではなく、

・軽い運動やストレッチ、ヨガなど、体を動かして、冷えにくい体を作る!

   ・ショウガやカブ、ニンジン、ネギなど冬に旬を迎える食材は体を温めます。
    この体を温める食材をいっぱい摂って、体の中から、温める。


をぜひ、実践してみてください

冬に旬を迎える食材は、お鍋やスープなど、今の季節にぴったりな献立になりそうですよね

適度な運動とバランスの良い食事で、寒邪を追い払ってください



扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

不妊治療連絡カードのご案内

December 07 [Fri], 2018, 10:44
お仕事をしながら不妊治療をされている皆様、不妊治療と仕事の両立にお悩みではないでしょうか
「休暇を申請したいけど、言いにくいなあ」
「何度もシフトを調整してもらうのが申し訳ない」
普段からこのようにお悩みの患者様もいらっしゃるのではないかと思います。

この度、厚生労働省が実際に企業側や不妊治療をされている従業員の方にアンケート調査を行ない、
企業や職場へ仕事と不妊治療の両立に関する理解や配慮を求めるツールとして「不妊治療連絡カード」が
作成され、当院でもご希望の患者様にお渡しが可能となりました
厚生労働省の調査結果に現状での悩みや希望したい制度などの調査結果や、
すでに企業側で実施している取り組みの紹介など詳しく載っております。
厚生労働省の資料案内はこちらからご覧ください
厚生労働省の資料
https://www.olc.ne.jp/files/files20181107174738.pdf

「不妊治療連絡カード」は、企業側に不妊治療中であることを証明したり、
企業独自の仕事と不妊治療の両立を支援するための制度等を利用することを目的としたものです

当院でお渡しする「不妊治療連絡カード」は、厚生労働省が一般的に定めている通院日数より
少ない頻度で組まれております。皆様が職場に申請される際、心の負担を軽減でき、
職場への影響も最小限になるよう設定されております。
また患者様にとって通院していただきやすくなるよう、お仕事の勤務状況と通院日について
個別にご相談いただくことも可能です。無理のない範囲で治療プランを組めるようにご協力させていただきます
しかしながら、見落としや、診断に誤りが生じないよう適切な時期での診察、治療を進めていけるよう
必要な受診日の提案をさせていただいております。

当院で発行する「不妊治療連絡カード」
https://www.olc.ne.jp/files/20181109card_sample.pdf

仕事と不妊治療の両立を望んでいるのに、仕事を退職する、また不妊治療を断念するといった選択は
とても辛いことだと思います。だからと言って無理をすると身体も心も疲れてしまいますよね。
無理なく不妊治療を進めていけるよう今回ご紹介した「不妊治療連絡カード」をぜひご活用ください

仕事と不妊治療の両立、通院に関する相談がございましたら、いつでもお声掛けください。
当院ではお仕事しながら不妊治療を受けられている皆様を応援しております
「不妊治療連絡カード」をご希望の際は費用はかかりませんので、お気軽にスタッフまでお声掛けください

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

15℃を下回る日は特に注意!! 精子検体持込み方法について

November 23 [Fri], 2018, 10:00
みなさま、こんにちは いよいよ寒さが増してきましたね。今回は、冬場には特に注意していただきたい、精子検体のお持込みについてお話させていただきます

寒い日には、お持込みされた検体カップがとても冷たくなっていることがあります。顕微鏡下で観察すると、ほとんどの場合、前回の検査値と比較して運動率が低下しています。
思いの外、元気な場合もありますが、精子がほとんど動いていない状態の方が多いです。


精子は外気温の影響を強く受けます。暑さや寒さにとても弱いのです。

培養士が頭抱えるくらい、動いていません。
患者さんや院長からも言われますが、
動かなくなった精子は、培養液に入れても動きません。
もう、どうしようもありません。


精子の状態が悪いと、治療方法の変更を余儀なくされたり(例:体外受精予定が顕微授精に変更になる)、治療自体が中止になったりする場合があります。


それを防ぐには、できるだけ体温に近い温度を保つために、採取後の精子検体カップは寒い室内で放置などせずに、速やかにタオルで包み、外気に触れないようにコートの中にいれて抱えるようにして、クリニックにお持込ください。


ただし、カイロ等で保温はしないでください。熱にも弱いので逆効果です。



当院では写真のような保温バックを貸出しております(有料)。
ご希望の方はお申し出ください。ただし、保温バッグを使用した場合でも、コートの中に入れてお持ち込みください。


院内の採精室もご利用いただけます(有料)。
ご本人に受診歴がある場合はインターネット予約も可能です。ただし、インターネット予約の場合は、後日確認のためにご連絡させて頂く場合がございます。ご了承ください。




11月から3月くらいまでは持込時にご注意いただきたいと思います。
今日は暖かいなと思っても、気温が15℃を下回るようなら、注意が必要です

ご質問がございましたら、いつでも胚培養士にお声かけください

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

インフルエンザワクチン入荷のおしらせ

November 09 [Fri], 2018, 23:00
皆さま、こんにちは

だんだんと気温も下がり寒〜い季節が近づいてきました。。皆様、体調お崩しになられていないですか
これからの季節、気になってくるのがインフルエンザです。
そこで今日は看護部よりインフルエンザワクチンについてお話させて頂きます

インフルエンザは呼吸器症状などの風邪様症状に加え38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などを伴う感染症です。
多くの場合は治療をしなくても1~2週間で自然治癒しますが小さな子供や老人、持病のある方はまれに重症化することもあります
また妊婦さんは赤ちゃんに多くの酸素を送る必要があるために心肺機能が低下し、インフルエンザにかかると重症化する割合が高くなります。

ワクチンを接種することによる赤ちゃんへの影響を心配される方もおられますが、インフルエンザワクチンは不活化ワクチン(細菌やウイルスを殺して免疫をつけるための成分だけを取り出して作ったワクチン)なので、理論的にも妊婦さんや赤ちゃんにも影響はないとされ実際の調査でも影響があったとの報告はありません。
逆にお腹の赤ちゃんの免疫も作るとされています。

上記のようなことから、副作用の事を気にしてワクチンを接種しないよりも接種した時のメリットの方が大きいと言えますね。

これから妊娠を考えておられる方、すでに妊娠されている方ぜひご自身やおなかの赤ちゃんを守るためにもインフルエンザワクチンの接種をお勧めします。
ワクチン接種を受けた場合にインフルエンザに絶対にかからないか?と聞かれればそうではありません。
ワクチン接種で罹患そのものを防ぐことに役立ちますが、罹患してしまう場合もあります。
しかし、罹患した場合には、ワクチン接種をしていない人達に比べるとかなり重傷化は防ぐことができるようです。
基本的な予防はやはり手洗いやうがい、マスクなどを利用、しっかりと加湿する、ということになります。
インフルエンザに負けないように、この冬を乗り切りましょう!

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

当院鍼灸師のご紹介

October 26 [Fri], 2018, 23:00
こんにちは、過ごしやすい気候になりましたが、皆様体調お変わりないでしょうか

治療がなかなかうまく進まない…、何か気持ちのリフレッシュがしたい…という方、
一度鍼灸を受けてみてはいかがですか
身体はもちろん、気持ちもきっとスッキリして頂けます

鍼灸施術の間は、鍼灸師と一対一のゆったりとしたお時間を過ごして頂くので、治療や日常での悩みや、心配なこと、どんな些細な事でもお話しやすい環境です。
今話題の美容鍼灸も一緒に行うことが出来るので、テレビや雑誌等で気になっている方、体調管理と美容鍼がセットになった「アンチエイジングコース」をぜひお試し下さい

今日は、鍼灸師をご紹介致します
当院の鍼灸師は、クリニックのスタッフの一員として、常時施術を行っております。
施術の空き時間には、受付にいておりますので、お気軽にお声掛けください


こんにちは
鍼灸師の戸津 萌です。

皆様の不妊治療のお悩みを一緒に考え、嬉しい結果を一緒に喜べるこの仕事に、
本当にやりがいを感じております。
自分自身3児の母になり、
「心身共に健康な身体でいることが大切」と
改めて強く実感しています

鍼灸は学べば学ぶほど奥が深く、鍼灸師になって10年以上経ってもまだまだ日々勉強ですが、
これからも現状に満足せず、様々な知識を得て、皆様によりよいサポートが出来ればと思います。

当院の鍼灸では、治療のカルテを確認できるので、
施術の前に患者様の現在までの治療状況をしっかりと把握します。
そこから、その方の体質・状況に合ったオーダーメイドの治療を行っております。
医師だけでなく看護師や培養士、受付などの他部署のスタッフとも連携が出来ているので、
鍼灸を受けるのが不安な方もきっと安心して受けて頂けます

不妊治療のその先、妊娠中・産後の様々なトラブルにも当院の鍼灸は対応していますので、
不調の時はいつでもご相談下さい


はじめまして!
鍼灸師の花田 彩葉です

私は、子供の頃喘息で、激しい運動を制限されていたのですが、
鍼灸の施術を受けて、活発に運動ができるくらいに元気になりました。
自分自身の経験から、鍼灸で多くの方の手助けができればと思い、鍼灸師を志しました。
不妊の症状でお悩みの方に寄り添い、
妊娠しやすい身体づくりのサポートをさせていただければと思っております


今まで鍼灸を受けた事がない方や鍼灸が怖い方・抵抗がある方にも、
安心して施術を受けていただきたいと思っておりますので、どんなささいなことでもご相談ください。
鍼灸を受けるタイミング、鍼灸で得られる効果、美容鍼灸についてなど、
鍼灸の予約がない時は5階受付におりますので、お気軽に声をかけてくださいね

治療や仕事、家事との両立で、お疲れになっている方も多いと思いますが、
ほんの1時間ほどでもゆったりと心が安らげる時間を提供させていただければ幸いです


                  

いつも頑張っているこココロとカラダを、ぜひ鍼灸で休めにお越しください

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

スマート会計のご案内

October 12 [Fri], 2018, 11:00
皆さまこんにちは
今回は受付からスマート会計についてご案内いたします

診療が混み合っている日はお会計も混雑し、お待たせすることが多くご迷惑をお掛けしております

そこで特にお急ぎの方などには、今回のスマート会計をお勧めいたします


このスマート会計とは当院で行っているオンライン診療アプリ(クリニクス)を用いて行う会計システムになります。


このアプリでクレジット決済予約をされると、診察終了後は待ち時間なくご帰宅いただけるようになります

処方箋などはすぐにお渡しさせて頂き、次回のご予約は窓口で承ります

またお支払い後の領収書については、引き落とし時添付ファイルにて明細書をクリニクスに送信させて頂きますので、明細内容もアプリ上でご確認頂けます

領収書は次回来院時にお渡しさせて頂きます

登録方法はクリニクスのアプリをダウンロードし、アカウントを作成します。(名前 生年月日 性別 メールアドレス 電話番号 住所など)

お手持ちのクレジットカード(JCB以外のカード会社)の番号などを登録
扇町ARTレディースクリニックを選んで頂きます。その後再診コードなどを入力頂き、クレジット決済を選んで予約して頂きます。

予約時間は実際来院される時間と一致しなくでも大丈夫です。

簡単・便利なクレジット決済。是非この機会にご利用下さい
詳しくは受付へお尋ねください

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

第14回待ち時間調査のご報告

September 14 [Fri], 2018, 17:22
第14回待ち時間調査の結果をご報告をさせて頂きます
調査期間:2018年2月27日(火)〜2018年3月5日(月)
調査人数:148名


一般的に、病院を受診する際の「待ち時間」が長いことが、患者様の不満要素となっています。
当院では定期的に待ち時間調査を行い、ご受診にかかっている待ち時間の把握とその改善に取り組んでおります
また、年に1度の患者様満足度調査の結果、多くの患者様が「ご来院からご帰宅までの時間は90分以内」が理想と回答されていることから、医院滞在時間90分(1時間30分)以内とすることを目標にしております。




クリニック全体の平均の医院滞在時間は71分でした
診察待ち時間、看護師の処置・説明待ち時間、会計待ち時間はそれぞれ30分、11分、11分でした




曜日別の医院滞在時間で比較しますと、火、水、木、土曜日が待ち時間が比較的長く発生しておりました
火・木曜日に関しては、午前中のみの診療時間となっているため、患者様の受診時間が集中し待ち時間が発生しやすくなると考えられます。




体外受精周期の方の平均滞在時間です。採卵の日は全身または局所麻酔を使用するため、採卵後は麻酔が醒めるまで安静にお休みいただきます。




下図は、診療内容ごとの平均滞在時間となってますので、ご受診の際の参考にしてくださいね





昨年から始動しておりますオンライン診療アプリ「クリニクス」を活用した新たな診療システムも定着してまいりました。
クリニックに来院されなくても、スマートフォンやパソコンを使用し、自宅や職場から医師と面談することが可能です。
来院までの通院時間や診察待ち時間を考慮すると大幅に待ち時間を軽減することができる為、多くの患者様に高い評価をいただいております
これらの便利なアプリを皆様にご利用頂くことによって、患者様の貴重なお時間を来院受診のために費やされることなく時間を有効に使って頂けます。また院内が混み合うことを予防でき、ご来院頂いている患者様の待ち時間もさらに減らすことができます。ぜひ積極的にご活用ください

これからも、医療サービスの質を維持しながら、スタッフが一丸となり、皆さまの医院滞在時間や待ち時間が短縮できるよう努めて参ります。
ご意見やご要望などございましたら、お気軽にお声掛け下さい
今後とも扇町ARTレディースクリニックを、よろしくお願いいたします

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

養子縁組について

July 13 [Fri], 2018, 11:00
こんにちは
看護部の武矢江美です。日差しもグンと強まり、生命の力強さを感じる季節となりましたね。皆さま、いかがお過ごしですか?

さて、以前「家族を増やすということ」についてブログでお話させて頂きました。
本日は少し予告させて頂きましたように、「養子縁組」について詳しく書かせて頂こうと思います。

不妊治療を現在、頑張られている方にとって、今はなかなかこの養子縁組という方法にまで考えが及ばないかもしれません。
ですが、お子様を迎える一つの方法として養子縁組という選択肢があるのだと言うことを、少しでも知っておいてもらえれば、と私たちは考えます。
アメリカでは年間5万人もの養子縁組がある一方で日本では500人ほどに過ぎません。その反面、親に恵まれない子供たちの85%が施設で暮らしているのだそうです。
お子様を切に願われている方がたくさんおられるのに対して、日本にはまだまだ温かい家庭、お母さん、お父さんを待っている子供たちもたくさんいるということなのですね。

養子縁組とは?
養子縁組は元々親子関係のない者同士に、法律によって親子関係を成立させることを言います。
養子縁組には家の存続や跡取ををもうけるための「普通養子縁組」と子供の福祉を最優先に考えられた「特別養子縁組」があります。
2つの養子縁組制度はこのように目的が違いますので、条件もそれぞれ違っています。


※養子縁組の場合は、戸籍編成上、養子が自分のルーツを探せるための手がかりが残されています。
(血族結婚を防ぐため)


お子様を望まれていたにもかかわらず、実子を得ることが出来ず養子の選択をされるほとんどの方は「特別養子縁組」の選択をされます。

相談はどこに?
公の機関となる「児童相談所」や民間の機関で紹介してもらうことができます。養子をあっせんすること自体は違法とはなりませんが営利目的となると違法となります。よって、通常公の機関ではもちろんのこと、民間の団体であっせんを受けた場合でも直接、仲介料という形で費用を取られることはありません。
またご夫婦の年齢に関して、団体によりそれぞれの上限が定められていることがほとんどですのでお気をつけ下さい。

お子様を望まれているすべての方に、一刻も早く素敵な家族が増えますように・・・

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

凍結受精卵のメモリアル廃棄について

June 15 [Fri], 2018, 11:00
みなさま、こんにちは

当院では、凍結受精卵の廃棄方法を以下の3種類から選んでいただけます。

通常の廃棄

研究利用による廃棄

メモリアル廃棄

今回は、メモリアル廃棄についてご紹介いたします。

メモリアル廃棄とは、凍結受精卵を保管しているスティック(写真では黄色い棒状のもの)に装飾を施して、卵型のカプセルに入れてお渡しします。受精卵を使用することはできませんが、ご夫婦の手元でずっと保管することができる廃棄方法です。



この廃棄方法が生まれた背景には、患者様からのお声がありました
 
『 捨てるのは可哀そう 』

『 家に連れて帰りたい 』

『 自分が死んだときに、一緒にお墓に入れてほしい 』

そのようなお声を聴いて、様々な事情で凍結している受精卵を使うことができないけれど、“大事に思っている”という気持ちをひしひしと感じました。また、受精卵を日々見守っている胚培養士として、患者様からのお声やお気持ちがとても嬉しかったです。 (胚培養士も受精卵を廃棄するのはつらいです・・・)

職員一同、患者様やそのご家族のご希望に何とか応えたい!と考えた結果が、メモリアル廃棄です

凍結しているスティックをそのままお渡ししても良いのですが、せっかくなので手作りの一点ものを、胚培養士が手作りしています (出来上がったものは、可愛いかどうか他の職員にチェックしてもらっています



メモリアル廃棄をご希望の場合は、当院からお送りしている『 凍結受精卵の更新書類 』に同封している『 凍結受精卵廃棄依頼書 』のメモリアル廃棄に☑チェックを付けて、返送してください。後日、当院から受取日についてご連絡させていただきます。基本的に、当院へ受け取りに来院していただける場合に限らせていただきます(遠方の方は一度ご連絡ください)。

以上が、メモリアル廃棄についてのご紹介でした。ご質問がございましたら、遠慮なくお声掛けくださいね

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

よくある質問:多胎妊娠を希望されている方へ

June 08 [Fri], 2018, 11:00
みなさま、こんにちは

体外受精ステップアップセミナーで、よくあるご質問についてお答えいたします。
今回の記事は、体外受精ステップアップセミナーでのご質問について:2017/12/9開催分から抜粋したものになります。

Q6. 治療年数が長いのと金額的に治療できる回数が限られていて、多胎も考えているのですが、初めての体外受精では難しいのでしょうか?あと、流産死産をしているので、そのリスクを考えると多胎を考えない方がいいのでしょうか・・・
A6. 院長朝倉です。かつては体外受精による妊娠率を高める為に、複数の受精卵を子宮に移植することが日常的に行われてきました。その背景としては、より着床しやすい胚盤胞を育てる培養技術が確立していなかったことと、受精卵を凍結することで胚の質が低下する可能性が高かったことが挙げられます。これまで日本の体外受精は、多胎妊娠(同時に二人かそれ以上の胎児を子宮に宿すこと)を治療の目標とすることはありませんでしたが、30歳代で2個の受精卵を同時に子宮に移植すると、約2−4割の妊婦が多胎妊娠になります(図1)。

図1
多胎妊娠では、早産により出産時期が約3−4週間早まることが通常となり、胎児が未熟の状態で生まれる可能性が高くなります。未熟で生まれる胎児は、人工呼吸器による治療が必要になり、脳、眼、肺、心臓等の内臓が未熟でもあるので、生涯続く後遺症が発生する可能性が高くなります。 多胎妊娠は、母体へも妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、胎盤異常などの出産リスクを高くする合併症が多発することが知られ、出産も帝王切開になる可能性が高くなります。 一度の出産で、二人の子供を得ることで、今後の治療を受けなくても良くなる利点はあるかもしれませんが、それと引き換えに新生児および母体への身体的なリスクを受け入れる必要があります。また、新生児を2人、特に未熟で生まれる場合の育児労力も大きく、多くの多胎出産後の体力的、経済的および精神的負担に悩む場合が少なくありません。

参考:東京歯科大学市川総合病院リプロダクションセンター「多胎妊娠のリスクと予防」

ガラス化法というより胚に負担の少ない受精卵の凍結保存方法が普及したことから、2008年に日本産科婦人科学会は、下記(図2)の胚移植個数についての学会ガイドラインを発表しました。
図2
当院でも、妊娠ではお一人を出産されることをお勧めし、上記のガイドラインを基本とした移植個数をお勧めしています。結果として当院の体外受精による多胎妊娠(ほぼ双胎のみ)の発生率を4%程度に抑えることができています。
図3

移植する胚の個数は、患者の年齢や治療経過(回数や結果、胚の状態)、出産される母体の健康状態等を元に、予想される治療結果(妊娠率)と副作用(多胎妊娠率)のバランスを考えてお勧めしますが、患者ご夫婦のお考えを最優先するようにしています。

 特に早産、流産や死産を繰り返される女性へは、多胎妊娠が流産や早産のリスクをより高める場合があるので、複数胚の移植は慎重であるべきと考えます。

 今後、一層当たり前の生活が困難になると予想されています。生まれた赤ちゃんが立派な社会人になるまで養育するのに長い時間と2−3千万円以上かかる時代に、赤ちゃんの可能性を最大限に引き出せるように、できるだけ健やかに出産し、一人一人と濃厚に向き合い、丁寧に育児していただけるご判断を期待しております。

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ


男性不妊症外来のご案内

June 01 [Fri], 2018, 11:00
皆さまこんにちは
今回は当院で行っている男性不妊症検査についてご案内します 当院では、男性の泌尿器科医師による、男性不妊に対する専門的な治療を行っています。

主に行っている治療や検査は以下の通りです。
● ホルモン検査
● 精液一般検査(濃度、数、運動率、細菌培養検査)
● クルーガー検査(精子の形を詳しく診る検査)
● ハロスパムテスト(精子受精能力を調べる特殊検査)
● 超音波検査による精索静脈瘤の診断
● 超音波検査による睾丸萎縮の有無と性機能低下症の診断
● 乏精子症に対する投薬治療
● EDに対する相談と投薬
● 逆行性射精の診断と治療
● 腹腔鏡下精索静脈瘤結紮術(日帰り手術)
● 顕微鏡下精巣精子採取術(MD-TESE:日帰り手術)
● その他

『不妊原因の約半分は男性因子である』ということは、以前から知られています。
男性不妊では、精子の数が少ない、またはいない、運動率が低い、奇形精子が多いといった造精機能(精子をつくる機能)に問題がある場合があります。これらは日常生活の中では気づかず、病院で検査して初めて明らかになることがほとんどです。
妊娠しにくい原因を探り、治療をすすめていくには、男性も検査を行うことが大切になります


○精液検査
精液中の精子の数を数えて、液量・精子濃度・運動率等を計算します
精子は精巣にあるもととなる細胞からつくられるのに、約3ヶ月かかります。その3か月の間に、ご主人にストレスがかかったり、インフルエンザなどで体調が悪かったりすると、精子の所見も悪くなります。採取時の気分や、採取場所によっても数値が異なる場合もあります。そのため、1回の検査では判断しにくく、複数回検査を受けていただくことをオススメしています。詳しくはラボ通信#3:精液検査をご覧ください。

○クルーガー検査(Kruger検査)
精子の形を詳しく調べます(精子正常形態率)
精液をスライドガラスに塗抹し染色します。染色された精子を顕微鏡で観察し、正常な形の精子がどのくらいの割合で存在しているか算出します。
検査基準値:4.0%以上が正常範囲(WHOマニュアルより)
精子の形が悪いと、子宮や卵管を通って卵子まで辿り着くことができなかったり、受精しにくくなったりする場合があります。また当院のデータでは、2.0%以下の場合は、人工授精での妊娠率が低下します。
詳しくはラボ通信#8:クルーガー検査をご覧ください。



○ハロスパーム検査(Halosperm)
精子の質を詳しく調べます(精子DNA断片化率)
精子を特殊な試薬に浸け、染色します。染色された精子を顕微鏡で観察し、質が悪い(DNAが断片化している)精子の割合を算出します。
検査基準値:15.0%以下が正常範囲
この値が高いと、受精卵の発育に影響したり、流産率が高くなる傾向があります。とくに30.0%以上の場合は、男性への治療をおすすめしています。
詳しくはラボ通信#11:ハロースパーム検査についてをご覧ください。


「自分にきちんと精子がいるか気になる・・・」
「濃度は問題ないと言われたけど、質の方は大丈夫なんだろうか?」
と気になる方もまずは医師までご相談ください。
検査の結果に応じて、治療のご提案や当院男性不妊症外来への紹介をさせていただきます。

以上が男性不妊症検査についてのご案内でした
男性不妊症外来は隔週の土曜日に行っています。ご予約の際はお電話でご確認ください。
ご質問や気になることがあれば、スタッフまでお気軽にどうぞ



扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ


よくある質問:体外受精治療での卵巣刺激方法について

May 25 [Fri], 2018, 11:00
みなさま、こんにちは

体外受精ステップアップセミナーで、よくあるご質問についてお答えいたします。
今回の記事は、体外受精ステップアップセミナーでのご質問について:2017/12/9開催分から抜粋したものになります。

Q. 卵巣刺激方法はマイルド刺激法以外はないのか?たくさん採卵できるのであれば、1回でたくさん取って凍結したい
A. 院長朝倉です。大変重要なご質問をいただいたので、やや多めのスペースと資料で説明いたします。
時間と費用も小さくない体外受精では、一度の採卵でより多くの卵子を作って、受精卵ができれば数回の胚移植ができて効率が良いと考えられるのも理解できます。卵巣刺激法は、従来はゴナドトロピンというお薬を毎日注射することで、なるべく多くの卵胞を卵巣内に育てることを目標にしていました。しかしながら、その副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が約1%の患者様に起こります(図1)。OHSSは腹水や胸水が増え、呼吸が困難、血管内の血栓症が発生しやすくなります。重症になると、入院して集中治療が必要となる場合があります。OHSSは、一旦、起こってしまうと、それを抑制することが困難という側面があります。

図1
他方、OHSSでは、採卵される卵子の質へも影響することが、最近分かってきています。図2に示されるように、卵子数は、ある数を超えると全体の質が低下するために、受精卵の子宮への着床能力(妊娠効率)が低下しはじめます。よって、卵子数が増えるほど、OHSSのリスクだけでなく、受精卵の質の低下につながる可能性が高まります。そのため、最近は、より多くの卵子数をめざすよりも、より安全に、より高い質の受精卵を数個造ることを、院長は目標にしています
図2
日本全体での結果(図3)を見ると、受精卵だけを比較すると、どの卵巣刺激法であっても胚移植あたりの妊娠率はほぼ同等です。当院の結果からは、マイルド刺激法は、毎日注射による通常刺激法に比べて、同等またはより高い妊娠効率があることがわかりました(図4)。当院で行うマイルド刺激法(図5)では、注射の投与回数と総量を減らす代わりに内服による卵巣刺激を併用するために、お薬にかかる費用を抑えられると共に、重い卵巣刺激症候群(OHSS)が起こる治療周期が、ほぼ無くなりました。OHSSが起こる可能性が少ないために、診察やホルモン検査の回数も少なくてすむ利点があります。卵子数も過剰に多くはないので、顕微授精や凍結保存にかかる費用も、予想以上に大きくなることを予防します。得られる受精卵の品質も通常刺激法と同等か、より良好であると考えます。よって、当院ではマイルド刺激を卵巣刺激の第一選択手段とさせていただいています。
図3
図4
図5
 但し、卵巣刺激法は、個人差がある卵巣の卵子の作りやすさや副作用(特にOHSS)の起こりやすさ、過去の体外受精結果など医学的な背景だけでなく、患者夫婦の経済的事情、通院のし易さ等も総合的に考慮して、できるだけ患者の希望に合った方法を選択いたします。治療の状況によっては、次の治療をマイルド刺激法から通常刺激法へ、または調節自然周期法へ変更することも多々あります。

図6に、当院で使い分ける主な卵巣刺激法の概要を示します。治療法の選択については、各方法の長所と欠点を理解して、積極的に医師と相談をいただければ幸いです。

図6

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

応援メッセージをいただきました#46

May 18 [Fri], 2018, 11:00
当院を巣立たれた患者様からお便りを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

有名人や芸能人が「不妊治療」を口にすることが多くなり、比較的オープンになってきたのかな、とは思うのですが、それでもなかなか公にはしにくいもの、という思いがあります。
通院中は思いの外、沢山の患者さんが待合室におられ勝手に「同志だ!」と励まされ、また少なくない数に自分だけが「特別」「特殊」なんじゃないんだ、と気持ち的に救われました。
どこまで医療の力を借りるのか、いつまで続けるのか人それぞれの考えがあるかとは思いますが、すべての人が納得できる結果が得られることをお祈りしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お忙しい中、お便りありがとうございます。
辛い治療を続けていく中で同志はとても大切だと思います。待合の他の患者様をみて「自分だけではない!」「仲間がいる!」と思えたことは、非常に励みになったことと思います。
専門職からのアドバイスも重要ですが、同じ立場で語り合える同志、というものも頑張っていく上では非常に重要ですね。
これからは「育児の同志」をみつけて子育て頑張ってください。当クリニックでは育児の相談も承ります。
もしも、相談していく場所に困ってきたときにはお気軽にご相談ください。子育て経験のある看護師、助産師がしっかりと相談にのらせて頂きます。

助産師 武矢江美

扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

当院の生殖医療技術の特徴

May 11 [Fri], 2018, 11:00
みなさま、こんにちは

体外受精・顕微授精や受精卵の培養技術は、クリニックによって異なります。そこで、今回は当院の生殖補助技術の特徴についてお話させていただきます

○ 顕微授精(IMSI:イムジー):よりきれいな精子を選ぶ
1000倍の高倍率で精子の形態を詳しく観察・選別を行い、顕微授精する方法です。より形態が良好な精子を顕微授精に用いることが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。



○ 紡錘体観察:より安全な位置に針を刺す
卵子の紡錘体(染色体の分裂に関わる細胞小器官;通常の顕微鏡では観察できない)を避けて、より安全に顕微授精を行うことができます。詳しくはこちらをご覧ください。



○ 受精卵の動態的評価:タイムラプスインキュベーター
受精卵を培養器から取り出す必要がありません。いつでも好きな時にパソコン画面で観察することが可能です。繰り返し開ける必要がないため、培養器の中の環境が安定します。


タイムラプスインキュベーターでは、15分毎に受精卵の写真を撮影します。撮影した写真を合わせて動画にすることができます。動画で分割の様子を観察すると、通常の観察では分からない、分割の仕方・速度が分かります。


形態的評価(見た目)と動態的評価(分割の仕方・速度)を組み合わせることで、最も妊娠しやすい受精卵を選択することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

○ 孵化補助法:レーザーアシステッドハッチング
透明帯(卵子の殻)の一部を開孔して、受精卵の透明帯脱出(孵化)を助けることで、着床率を向上させます。透明帯の厚さや硬さによって、必要かどうかを胚培養士が判断します。詳しくはこちらをご覧ください。



ご質問がありましたら、いつでも胚培養士にお声かけください
扇町ARTレディースクリニックのホームページはこちらからどうぞ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:扇町ARTレディースクリニック
読者になる
大阪、梅田で不妊治療、体外受精を中心に治療をすすめているレディースクリニックです。
赤ちゃんが欲しいご夫婦に一日も早くお二人のお子様を抱いて頂けるよう、スタッフ一同、日々学び質の高い医療サービス提供を心がけております。
詳しくは扇町ARTレディースクリニックHPからご覧頂けます
2019年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる