「10月のマダン」〜ゲストは、K-POPアイドル「RE;ACT」(リエクト)!

September 14 [Fri], 2018, 0:18
あんにょん!!いろいろ書きたいことはたまってるのに〜〜今、「韓国本」書いてます!また、詳細はあちこちでお知らせしますね!!!!!
そして!!今年も「10月のマダン」の司会をさせていただきます。
10月6日(土)13時30分〜松江くにびきメッセ 多目的ホールです。
多国籍芸能、本場テコンドー実演、韓服試着、多様な体験コーナー、多国籍屋台や抽選会もあります。
今回は、K-POPの実力派ボーカルグループ「RE;ACT」(リエクト)が登場します!オッパドル(お兄さん+アイドル)として親しまれていて、歌もダンスも実力派の3人組です。わー、楽しみ楽しみ♬参加料500円です。
お待ちしてます!

「海を渡った出雲屋」〜韓国のパンの百年史〜を読んで。

July 16 [Mon], 2018, 14:32
韓国通のローカルフリーアナウンサーおがっちが、韓国のことをあれこれ綴るブログです。
韓国3大パン屋さんのひとつ、韓国最古のパン屋さん「李盛堂(イソンダン)이성당」のパン、ご存知でしょうか?
いつも行列ができるパン屋さん〜という話は、私も聞いたことがあったのですが、このイソンダンと島根の出雲がつながっていた!という本を読みました!!!!

その本のタイトルは「海を渡った出雲屋」〜韓国のパンの百年史(ハーベスト出版)
韓国ではじめて西洋式のパンを売ったのは、島根から渡った「出雲屋」だった―

これは、韓国で出版された「パンの百年史:群山の出雲屋」の日本語版。
1910年、島根県出雲市出身の廣瀬安太郎が韓国の全羅北道・群山(グンサン)で「出雲屋」という製菓店をはじめました。
韓国で初めて西洋式パンを売ったこの店は大繁盛しましたが、1945年の終戦後、出雲屋はたたむことになり、一家は引揚げ船へ。この出雲屋の跡地は、イソンダン(李盛堂)と名を変えて1945年に始まる韓国最古の製菓店のひとつとして、大人気となりました。
戦前、戦後の日本と韓国との混乱の中での、この廣瀬さん一家の様子、兵隊さんの食堂となった様子、当時のパン作りの様子、大繁盛していたお店が一転して手放さなければならない様子、日本への引揚げ後の様子、その後の出雲屋について、、、などなど、興味深かったです。当時のパン屋さんは近代化されて、栄えていたんだなーと改めて、植民地時代の様子がよくわかります。
その後のご苦労の様子も。

その年月を超えた出雲屋と李盛堂(イソンダン)のパンの歴史は、全北大学のハム・ハンヒ先生と指導大学院生オ・セミナさんが書かれ、その話をきいて興味をもたれた島根大学の出口教授によって日本語版が出版になったとか。
現出雲屋の方々にも日本語版は読んでもらいたかったという皆さんの思いがつながっていったのでしょうか。
本当に、ご縁の本なのですね。

今ではこの「李盛堂(イソンダン)이성당」のパン屋さん、群山でも相変わらず長蛇の列ができてるそうですし、ソウルにもお店やカフェが出ています。

あんぱんと野菜パンが、大人気だそうです。これは、食べてみなければ!
今ではこの「李盛堂(イソンダン)이성당」のパン屋さん、群山でも相変わらず長蛇の列ができてるそうですし、ソウルにもお店やカフェが出ています。

あんぱんと野菜パンが、大人気だそうです。これは、食べてみなければ!

韓国のお店で買う菓子パン・・・・正直あまり、おいしくはなかったのですよ。2000年代前半の頃は。ドラマ「製パン王キム・タック」が人気になってから、ちょっこしおいしくはなったのですが、、、このパン屋さんは、日本仕込みのパンだからずっと評判で、行列なのですね。

群山本店のほかに、ロッテワールドモールのロッテワールド店、蚕室のロッテ百貨店内にも蚕室店があるそうです。
このロゴにも見覚えがあるような・・・それとは気づかずに食べてたかもしれないです。。。

ちなみに、群山は、「八月のクリスマス」(ハン・ソッキュ、シム・ウナ主演)のロケ地としても有名ですよねー。一度、ゆっくり旅したいわー。

というわけで、お世話になっているハーベスト出版さんから教えていただいた本でした。
私も念願の本の出版にむけて、頑張ります!!!!!

黒田福美さんの新著「それでも、私はあきらめない」8月2日発売!

July 16 [Mon], 2018, 13:49
韓国通のローカルフリーアナウンサーおがっちが、韓国のことをあれこれ綴るブログです。
大好きな黒田福美さんの新しい本が出ます!それでも、私はあきらめない〜映画「ホタル」で知られる出撃前夜、アリランを唄った朝鮮人特攻隊員がいた。その彼の故郷に慰霊碑を建立しようとした福美さんの前に「反日」の壁が立ちはだかる・・・日韓友好を願いながらも、直面するそれぞれの事情・・・それでもあきらめなかった福美さんの思い・・・この時期だから、読んでほしい、読みたい1冊です!

以下、黒田福美さんのFacebookより引用
新しい本がでます!『それでも、私はあきらめない』(WAC)、8月2日に本屋さんの店頭に並びますし、またAmazonでも予約を開始いたしました。この本は昨年出した『夢のあとさき』を修正し、また後日談を付け加えて新装版としたものです。しかし内容は「昨年の法要」の様子や、その折りに知った「ビッグニュース」が盛り込まれたことで、より感動的な「新しい本」に生まれ変わったと思います。

校正をしながら、私自身不覚にも、最後のシーンでしみじみと涙に暮れてしまったことを告白します。

前回の本をお読みになった方にも、まだの方にも是非手に取っていただきたい一冊です。(千円切ってます)

夏になると往時の戦争を振り返る番組も沢山報道されます。お国を守るために犠牲になった英霊の方々を称えますが、その中に多くの朝鮮人兵士や軍属がいたことに、私たちはどれほど思いをいたしているでしょうか。日韓の友好を願いながらも、相克を見つめてきた私が生涯をかけた仕事の全貌です。どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
シェアもしていただけたら嬉しいです!

アマゾンは以下でお申し込みを!

追伸:皆様の予約のおかげで、アマゾンのランキングがどんどん上がっています。重ねて御礼もうしあげます。m(_ _)m

以上、Facebookからの引用でした。
昨年、発売になった「夢のあとさき」も、一気に読んでしまいました。これが本当に福美さんの現実として起こったことなんだーと、、、日韓のことは、本当にいろいろとあります。。。

黒田福美さんは、私が主催する「おがっちの韓国さらん公開講座」に、2回ほどゲストにお呼びして、いろいろとお話を伺ったのですよ。
ちなみに、2016年にゲストにお呼びした時に、島根県の竹島資料室も見学されました。そのことも今回の本には書かれてるとのことです。

そもそも、私おがっちが、なぜ黒田福美さんをゲストに迎えたいと思ったかというと・・・

2001年・・・映画「JSA」と「シュリ」に感動していた頃、この映画を面白く感じるには、もっとお国事情を知らないといけない。単に映画としてだけでも面白いけど、もっと背景を知ったら、深く感動できるのでは・・・と。
当時、韓国のことを知りたい知りたい知りたい〜何かいい本はないかしら〜と本屋さんでいろいろ探していたところ・・・黒田福美さんの本「ソウルマイハート」が目についたのです!

へー。俳優の黒田福美さんって、こんな本を出してらっしゃるのね!すごい韓国通なんだーー!!と。
これは、1988年に出版したものを、1995年に講談社で文庫版にされたものでした。
福美さんは、一人のバレーボール選手に興味を持ち、そこから韓国への扉が開かれたのですよね。

なんだか、この本を読んで、福美さんをとても近い人と一方的に親しみをもってみるようになりました。テレビの中で「世界ふしぎ発見」やドラマでしかみることができない方なのに、なんだかとても近く感じたのです。

そして、「ソウルの達人 最新版」!これなくしては、私の韓国への扉は開かれなかった・・・

2002年、私が初めて韓国に行った時に、とてもとてもとても参考にさせていただいた「ソウルの達人」!当時、そこまで韓国のことをレアに案内してくてる案内本って本当になかったのです。韓流ブームの前までは。
なので、この本をかかえて、占いコルモク(横丁)に行きました!!そして、あちこち周りました!!

そのほか、もっと福美さんの本はあるのですが、一部を紹介しました。

初渡韓してからというもの、どんどん韓国のことを知ろうと追及したり、映画やドラマやK-POPに魅了されていき、そして、お隣とのいろんな問題があることに気づき、感動したり落ち込んだり・・・そんな10数年・・・いつも福美さんの本には、勇気をもらっていました。

福美さん本をまたいろいろ読み返したり。ああ、福美さんもいろいろ苦労されたんだわ。ワタシの苦労なんて、全然大したことないわ!と、また、元気が出るのでした。

日韓交流を続けて30年の福美さん〜
1988年のソウルオリンピック前から、テレビ番組で韓国からのレポをされていたりとか。
その後、90年代の韓国。
2000年代の韓流ブームの韓国。
そして、日韓の間に横たわるいろんな問題。。。
その情熱たるや・・・俳優という仕事をつづけながら、こういう活動を続けてこられたことは、並大抵の覚悟ではできないですよ。
お隣の国なので、近い時期もあれば、また離れてしまう時期もあり。30年っていろんな日韓関係の時代があったわけで。

そんな福美さんの新しい本〜ぜひぜひ、読んでみてください。
また、近いうちに、講演にお呼びしたいと思っています!!!
まずは、本、読んでみてくださいね。

2018年07月15日のつぶやき

July 16 [Mon], 2018, 0:00

<ハンマウム映画祭in島根「ゴシップサイト 危険な噂」上映会のお知らせ>

June 09 [Sat], 2018, 19:11
ハンマウム映画祭in島根「ゴシップサイト 危険な噂」上映会のお知らせ
毎年恒例、韓国映画上映会がありますよ〜♪
・6月24日(日)13時30分〜映画上映後、映画関連トーク、交流会あり。(国際交流員の方のお話だそうです。)
・入場料 500円(軽食代)
・松江市市民活動センター 5F交流ホール
・内容
ネット情報にコントロールされ、追いつめられていく恐怖・・・ 衝撃の謎を追うサスペンス・アクション!
闇メールマガジンでスキャンダルをバラまかれた新人女優が自殺し、彼女をここまで育て上げたマネージャーのウゴンは何もかも失った。噂を流した首謀者への復讐のため、特ダネを交換しあう「情報会議」の存在を突き止めたウゴンは、情報をねつ造する巨大な陰謀に気づく。やがて事件の核心に近づくほど、闇の実態は一層の深まりを見せていき……。

・主演 キム・ガンウ
共演には、国民的俳優アン・ソンギ、『7番房の奇跡』『王の男』のチョン・ジニョン、『ハロー!?ゴースト』のコ・チャンソク、『新しき世界』のパク・ソンウンなど、実力派俳優が集結。
【主催】
在日本大韓民国民団島根県地方本部・駐広島大韓民国総領事館
【お問合わせ】
在日本大韓民国民団島根県地方本部
TEL 0852-26-6830



予告編です〜


広告
https://yaplog.jp/ogatch/index1_0.rdf
プロフィール
  • ニックネーム:おがっち
読者になる
おがたえつこ/DJネームは「おがっち」。エフエム山陰「おがっちのレトロ本舗」メインパーソナリティ。 2001年、韓国映画を観て、韓国に興味を持ち始める。映画、ドラマ、K-POPに惹かれ続けて、18年。ハングル検定4級。最近は、地方にも魅力を感じ、浦項市ではホームステイを続けている。韓国のことを文化を通じて学ぶ「おがっちの韓国さらん公開講座」を主催し、芸能だけでなく、歴史や文化を学び、より韓国を理解しようと活動を続けている。 松江しんじ湖温泉COCOMATSUEに、レンタルスペース「カルチャースペースさらん」を開設。 おがっち(Ogata Etsuko)公式サイト
2018年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30