野沢だけどもんぺえ

February 06 [Mon], 2017, 16:02
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
  • URL:https://yaplog.jp/oerwgfeht5taob/archive/35
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯太
読者になる
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる