塩の街。

January 11 [Tue], 2011, 0:12
久しぶりに小説を1日で読破



有川浩さん著『塩の街』



40ページ目ですでに号泣でした。

もうとにかく、おもしろかった

ヤプミーさんの記事で見てから有川さんの『図書館戦争』

ずっと気になってて読んでみたかったんです。

でも、残念ながら文庫にはなっていない様で…高いんですよね

「うーん…もうちょっと待ったら文庫にならないかなぁ。」

と購入に踏み切れずにいたら

ドラマ『フリーター、家を買う』の原作者という形で

有川さんを目にする機会があって興味が再燃。

「やっぱり読んでみたい

とりあえずデビュー作から入ってみたら

…見事にハマりました。

塩の結晶が地球に飛来したことで

人間が塩化し世界が死滅していく…

というあらすじを読んだ時は

「…え…塩…SF

一体どんな内容なのか疑問符だらけでしたが

2章目辺りからどんどん感情移入して

最後まで一気に読めました。

何より登場人物たちが魅力的。

まっすぐで純粋で優しくて強い。

不器用な元自衛官秋庭さんと、

女子高生真奈ちゃんの心の交流がまた素敵でした。



「これ、すごい面白かったよ。泣けるからちょっと1章、読んでみない

「いや、こんだけあらすじ聞いちゃったら泣けないでしょ、普通。

この作者の人ってさ、男の人


「ああ、男性っぽい名前だよね。私も最初そう思ったけど女の人だよ。」

「へぇ…そうなんだ。どれ、ちょっとだけ読んでみるかな。」



―――――数十分後。

「…ストーリー知ってても泣けたわこれ、おもしろい

「そうでしょ〜



次は『海の底』『空の中』いってみようと思います。

好きな作家さんが増えるって楽しいですね



追記で返信コメントです

ロスト・シンボル。

September 21 [Tue], 2010, 11:05
『ダヴィンチ・コード』で有名になったシリーズの最新作です






以前、ビデオで『ダヴィンチ・コード』を見た時は

旦那共々途中からすっかり寝入ってしまったので

「なんか意味がよく分からなかったね。」

「うん。難しくて私達には向いてなかったんじゃない2人とも寝たし

という残念な感想でした

それ以来、このシリーズにはあまり興味無かったんですが

職場でよく会うお客さんから『天使と悪魔』

勧められて読んでみたら、予想外にすごく面白かったんです

それで続編も借りちゃいました

自分では滅多にハードカバーの本を買わないので



装丁の豪華さにちょっとびっくりo(゚◇゚)o



表紙の裏にも印刷がっ



本体も凝ってますね



『天使と悪魔』は前・中・後編の長編だったこともあって

読み終わるまで2ヶ月以上かかってしまいましたが

今回はもう少し早めに読んでお返ししたいなぁ




さぁ、読書の秋ですね

幻想の世界。

January 29 [Fri], 2010, 0:37

天野喜孝さんの画集














職場の方が貸してくれたんです

すごーいっ

初めて見る幻想的な世界観に圧倒されました

天野喜孝さんってすごい方だったんだなぁ…

ファイナルファンタジーのパッケージくらいでしか見たこと無かったので

ほとんどの作品は知らなかったんですけど

幅広く色んなものを描いていらっしゃる画家さんなんですね


柔らかくて変幻自在ないくつもの線がとても綺麗でした。

様々なテイストのイラストがありましたが、

私はこんな感じが一番








心に思い浮かぶイメージをそのまま絵にできたら

いいのに…と思いますが、難しいですねぇ

とりあえず、新年早々風邪で寝込んでから

仕事でずっと行けてなかった絵画講座へ、

来週は勤務を交代してもらったお陰でようやく行けそうなので、

久しぶりに描いてこようと思います

君に届け。

October 29 [Thu], 2009, 23:46
久しぶりに少女漫画を大人買いしました。



君に届け

面白かったです

9巻まで一気読み。

陰気な見た目から人に恐怖心を与えてしまい、

うまくコミュニケーションを取れない主人公の爽子ちゃんが

正義感が強くて明るくクラスの中心的存在でもある風早くんに助けられながら

周囲に馴染んでいき、彼に惹かれていくという王道な少女漫画です。

感情表現がストレートで読んでいて清々しいし、

登場人物が皆優しくてあたたかい気持ちになれます

爽子ちゃんほど極端じゃないですけど、

私も昔「お菊さん人形」と呼ばれたりしたことがあるので(前髪パッツンの黒髪長髪で顔色も青白かったんです)

なんだかちょっと共感できる部分もあったり…(笑)

人に誤解されてそれを解くというのはかなりエネルギーのいる事だし、

何度も失敗しているのに真っ正面から立ち向かうのは勇気のいる事だと思います。

でも、そんな何事にもまっすぐにぶつかる不器用さと言うか芯の強さがなんだか好きです

というわけで、あまり似なかったけど描いてみました



ちっちゃい爽子ちゃんがちょっと怖すぎかも…


追記でコメントのお返事です


天使と悪魔。

October 20 [Tue], 2009, 21:50


職場で借りた本ですが、今、中巻の真ん中あたりなのでちょうど半分読みました。

最初なかなか読み進めなかったのは

カタカナの人物名を覚えるのが苦手だから老人

ハイ、学生時代、世界史ぼろぼろでした(他もひどかったけど…)

洋画も登場人物が皆同じに見えることが…たまーに…あったりします(笑)

でも、読み始めたらすごくおもしろい

映画のような派手なアクションシーンも沢山あるし、

(…っていうか映画の方も観たい)

宗教と科学という一見相反するものを通して、人間がよく表現されていると思います。



ヴァチカンのパンテオン。

ガリレオが創始者だという秘密結社イルミナティのアサシンが、

枢機卿を公共の場で殺害すると宣言し、その舞台になるだろうと推理された場所です。

実在の観光地が登場するのも魅力的ですね。





サン・ピエトロ広場と大聖堂内部。

うーん、一生に一度くらいは海外にも行ってみたいです

冒頭に事実としてこんなことが述べられています。

世界最大の科学研究所であるスイスのセルン(欧州原子核研究機構)が

反物質粒子の生成に先ごろはじめて成功した。

反物質は公害も放射線も生み出さず、

ほんの微量でニューヨーク市全体にまる一日分の電力を供給できる

人類にとって最強のエネルギー源とされている。

しかし、ひとつ落とし穴がある。

どんな物質とでも-空気とでさえ-接触すれば発火する、非常に不安定な物質だという点である。

反物質1グラムが有するエネルギーはヒロシマに投下された核爆弾とほぼ等しい。

このきわめて不安定な物質は、世界を救うのだろうか。

それとも歴史上最も凶悪な兵器を生み出すために利用されるのだろうか。


物語の中では反物質が爆弾として利用するために持ち出されます。

実際に起こりえないとも言い切れないと思うとちょっと怖いですね。

無から有を創り出すところに創世記を重ねたりしていましたが、

科学もここまできたら神の領域、という気がします。



ハバククと天使の像。

天使、描いてみたいなぁ


追記でコメントのお返事です


龍は眠る。

October 02 [Fri], 2009, 23:25
宮部みゆきさんが好きです。

『模倣犯』『クロスファイア』は映画だけ観て、小説読んでないんですけどね本当にファンですか

初のファンタジー作品『ブレイブストーリー』はアニメ映画化されてました。

私が特に好きなのは『龍は眠る』です。

…こうして見るとなんかこの表紙、ちょっと怖いですね

ある雑誌記者が、嵐の晩に車で東京へ向かう途中、

道端で立ち往生している少年を拾います。

そして、二人は小学生の死亡事故に遭遇。

冠水した道路のマンホールの蓋がずらされ、傍に子供用の傘が取り残されていたのです。

少年は言います。

「僕は超能力者なんだ。あんなちっちゃい子がひどい死に方をしなきゃならなかった原因をつくったヤツを探し出せるヒントを持ってる。」


…と、ここから物語が始まるんですが、

最後は全く予想外な展開でおもしろいです

宮部さんの本は、読み終えた時最後の最後でじんわりと胸にあたたかいものが残ります。

あとお気に入りなのが『魔術はささやく』

まだ読んでないけど、最近買ったのが『ICO-霧の城-』

これは元々ゲームらしく、調べてみたら感動するゲームの1位になっていたので

読んでおもしろかったらゲームの方も欲しいなぁ


追記で

ヒカルの碁。

September 30 [Wed], 2009, 21:10
…また懐かしいものを発見しました。



ヒカルと佐為ですね

いつ描いたんだったかなぁ…これ。

なんか一発勝負で急いで描いた感じですね。

碁は全然分かりませんが、『ヒカルの碁』は好きでした。

特に佐為が。(このイラストの比率を見れば一目瞭然ですけど)

旦那も好きだったらしく、家には全巻揃った単行本が2セットあります(笑)

そういえば、この間同じ小説を二冊買っていたことに気付いてかなりショックでした。

最近、物忘れがひどいんです。

…まぁ、以前からでしょと知ってる人にはつっこまれそうですが、

少なくとも同じものを気付かず二回購入してしまったのは初めてです

母がボケ気味だと聞いて心配してましたが、実は自分の方が危険だったりして…

脳ドック行ってみようかな


追記でコメレスです!!

さまよう刃。

September 23 [Wed], 2009, 22:50
里帰りした時、帰りの電車で読み始めたんですが…

電車内で泣きました


この年代の人物を描いたのは初めてです。難しいそして字が汚すぎですね

作者の東野圭吾さんは多くの著作が映画化やドラマ化されているので、

以前からちょっと興味はあったんです。

Sゅうさんがお勧めの作家さんとして名前を挙げていたのがきっかけで

初めて小説を手に取って…見事にはまりました

さすがに周囲の視線が気になって、電車で読むのは諦めて

家で毎日読み進めていたのですが、やっとラストまで読み終えたので少し感想らしきものを。

ただ一人の肉親である15歳の娘を陵辱されて殺された父親が

犯人である少年たちに復讐する、というストーリーなので

全体的に重く哀しく最後までやり切れなさが残ります。

でも、他人事ではないなと感じました。

同じような事件をニュースで見たことがあります。

いつ、それが自分の身にふりかかってもおかしくない世の中です。

犯人の一人を虐殺し、復讐を果たすために逃亡を続ける長峰重樹は、

他人を思いやる事のできる善良な、ごく普通の人物として描かれています。

文章は始終淡々としていて、それがとてもリアルに感じられました。

正直、彼が犯人を殺すまでの過程に共感しました。

大切な人があんな目にあったら、そしてそれを自分の目で見てしまったら、

それなのに犯人は大きな罪に問われず反省も後悔もしていないとしたら…

誰でも殺意を抱くと思います。

「警察は人の心ではなく法律を守っている」

何が正しいのか。

読み終えても答えはでません。

でも、「まだまだ人間って捨てたものじゃない」と言えるような

子供たちの未来に希望が持てるような世の中であって欲しいと願います。

10月10日に映画が公開されるようなので、

観に行こうか考え中です。

小説を読んだ後だと心理描写などがない分物足りなく感じそうですが、

旦那も観てみたい様だし…

映像になるとまた印象も違いますよね。


追記で



たまには小説を。

August 28 [Fri], 2009, 22:10
司馬遼太郎さんの『国盗り物語』

『燃えよ剣』とか有名ですが、
これもおもしろいです

斎藤道三と織田信長、明智光秀の物語ですね。

それにしても私、昔はこんな長編読んでたんだなぁ…(゚_゚

そういえば、学生の頃は漫画だけじゃなく

小説も一冊丸々立ち読みしたりしてました←買いなさい

最近は読もうかな〜、と思ってもなかなか…。

漫画でも小説でも自分が選ぶものって偏りがちなので、


これはお勧め


というものがあったら教えてください


追記でコメントのお返事☆
最新コメント
アイコン画像まぁメイド☆
» ひとりファッションショー(笑) (2013年11月26日)
アイコン画像こんぶ
» パンケーキ☆ (2013年11月25日)
アイコン画像こんぶ
» 最後だよ!全員集合!ホーム祭B (2013年11月11日)
アイコン画像こんぶ
» 血管がない!? (2013年11月03日)
アイコン画像gucci カバン
» 厄払い。 (2013年10月08日)
アイコン画像まぁメイド☆
» 漫画の描き方指導☆強力助っ人編・後編☆ (2012年07月14日)
アイコン画像えみ
» 漫画の描き方指導☆強力助っ人編・前編☆ (2012年01月14日)
アイコン画像アレって本当に効果あるの?blog
» ホウ酸団子の威力。 (2011年11月20日)
アイコン画像三ユキ
» 漫画の描き方指導☆初日編☆ (2011年07月03日)
アイコン画像こんぶ
» 漫画の描き方指導☆初日編☆ (2011年07月03日)
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えっくまぁと
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月20日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-イラストや絵画(アクリル画)を描いてます。
    ・読書-漫画も小説もジャンルを問わず面白ければ何でも読みます。
    ・ビューティ-美容や健康に関することにとても興味があります。エステも大好き☆
読者になる
お絵描きTimeと言うからにはイラストやアクリル画をもっと増やしたいんですが…今のところ亀さんペースです

コメント・ヤプミー!申請はお気軽にどうぞ
いつでも大歓迎

映画やMy本棚の記事は思い切り内容に触れてますので
『まだ見てないから内容は知りたくないという方はご覧にならないで下さいね。
Yapme!一覧
読者になる