QUEEN BOOKS & MAGAZINE FAIR GOLDEN WEEK 7DAYS SPECIAL

2019年04月30日(火) 18時40分
シンコー・ミュージックのイベントスペースで、現在開催中の「QUEEN BOOKS & MAGAZINE FAIR GOLDEN WEEK 7DAYS SPECIAL」に行って来ました。
入場無料って、シンコー・ミュージックさんもすごいですね。

そこに行く前に。
小雨が降る中、私はJR御茶ノ水駅からわざわざ回り道をしてそのイベント会場に行くことに。

御茶ノ水は以前、よく行っていたのでその辺の道はわかってるし。
シンコーミュージックのビルも仕事で行ったことがあるから、大体の場所は知ってるし。

シンコーミュージックのビルに初めて入ったときは「トレンディドラマに出るような、なんてオシャレな会社」と思ったっけ。

私が御茶ノ水に行っていたのは、画材店や楽器店、書店があるから。
それと、以前はロックアイテムが売っているお店があったので。
そのお店は、シンコーミュージックさんのお膝元だったというか。

そんな思い出深い光景の一つがこちら。
レモン画翠






私が初めて本格的な画材を買ったお店。
高校の同級生と初めて行ったときのことはよく覚えている。
店名で、さだまさしさんの「檸檬」を連想してしまうのもあって。
なんたって、こんなにも画材が揃っているお店を見たのは初めてで。

楽器店街も思い出深い。
こちらは社会人になってからの方が、思い出がある。




昔はこんなに歩道が整備されていなかったような。
明治大学も高層で近代的になっちゃって。

シンコーミュージックのビルはこちら。






ちゃんと道案内の張り紙もあって。
でも、これは帰り道で撮ったもの。
というのも、私は逆方向から来たので。

イベント会場に着くと小雨が降る中、ビルの外で並ぶ人の姿が。
私は開始時間から遅れることほんの数分。
でも、すんなりと入れました。

初日はすごかったみたいだけど、雨のせいか二日目だったからか、今日は入りやすかったのかも。とはいえ、整理券が出るようになってしまったとか。

入り口では、スタッフさんが傘を入れるビニールを広げて持ってくれて。
お客さんの傘が入りやすいようにと。
私のは折り畳みだったので、すんなりと入らずに手間取らせてすみませんでした。
ところで、スタッフさんって連休返上なのかしら。

会場に入ると所狭しと人の群れが。
動くのも大変。
展示物を見るには、カニ歩きのようにそろそろと横歩き。
みなさん写真を撮るのも一苦労。

お客さんの大半は女性。
年齢層は幅広く。
ファン層の厚さを感じた。

会場には、至る所にクイーン関連の書籍が。
個人的にはシマあつこさんの「麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ」が気になったり。

でも、8ビートギャグを出版していたのって、シンコーミュージックではなかった記憶。気になって調べたら、そうそう音楽専科社。
今はなくなってしまったのね。
ちょっとショック。

その「8ビートギャグ リターンズ」の刊行記念トークショーについて、こちらのサイトで紹介されていますね。
かなり詳しいレポートで。

ミュージックライフでクイーンが表紙になったものが、ずらーっと。
どうしても携帯の影が写り込んでしまった。
大勢いる中で、人影はどうにか避けられたけど。




フレディの命日の追悼イベント。
詳しくはこちら




イベントに参列した方々のメッセージがこんなにも。
映画を観た後にこちらに来ましたとか。
本当に大勢の方々から愛されてますね。

こちらの銅像に見覚えが。
気になり、2011年に東京タワーで開催された「結成40周年!クイーン展」のときに撮った写真を見返したら、やはりありました。
そういえば、あのイベントも大盛況だったっけ。
そう思えば、今のブームもおかしくないわけで。

フレディ・マーキュリー「MADE IN HEAVEN」銅像。




この銅像は世界に10体のみ作られ、フレディの近親者などに手渡されたもの中の1体。こちらはある方のご厚意によって展示されているとのこと。
詳しく知りたい方は、ぜひこちらの会場に。

展示にはメンバー直筆のアンケートがあったり。
そこでフレディの好きな食べ物に「Teriyaki」と書かれているのが、かわいくて。「i」の文字の上の点が、○になっているのもかわいい。

他にも実際にフレディが使った「女性の胸」が展示されていたり。
それはこのイベント関連のSNSを見るとわりと載ってる。

個人的には「ブライアン・メイギター奏法」の本が何冊も出版されているのが、気になったり。
ペラペラとめくっていると、まるでブライアンは「天才」と言わんばり。
実際、そうなんでしょうけど。

そこに載っていたエフェクターとかも気になったけど、ご本人仕様なのかどうかはわからなくて。詳しく読むには、そこに座り込む勢いじゃないと。

それと、こちらのパネルのロジャーのズボン。
テープのようなものが気になる。




イベントは展示だけではなく。
私はミニライブまでは見なかったけれど、貴重なものがたくさん見られてよかったです。シンコーミュージックさん、ありがとうございます。

帰りながら、以前私が勤めた会社を見てみようと。
シンコーミュージックから近いのもあって。
といっても、移転した所なので住所を頼りにスマホのマップで見ながら、その会社を見つけ、外観だけ見たという。

私が務めていた頃は、1階に製品を展示してあったけれど、今はそれはなかった。見ようと思えば、楽器店が近くにあって見られるからか。
あるフロアでは灯りがついていたので、連休は関係ないようで。
お疲れ様です。

その会社は御茶ノ水駅から数分なので、いい場所にあるなぁ、成功しているのね…なんて感慨深く思いながら帰った私。
いろいろと懐かしかった。


ではでは、こちらはこの辺で

なつぞら 第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」火曜日

2019年04月30日(火) 09時50分
なっちゃんモテモテ。
柴田家の人からあんなに愛さられているなんて。
東京から信哉が来たら、あんなに慌てちゃって。

戸村さん親子もなっちゃんのことを気にして。
何気に照男兄ちゃんの表情が、物語っていた。
動揺していた。

ここに天陽くんがいないのが気になる。
まあでも、一度はお兄さんを捜しに東京に行かなくちゃね。
じゃないとイケメンの出番がないし。
天陽くんのお兄さんの出番も気になるところ。
それにしても次から次へとイケメンが出てくるって、プロデュース的によく考えられてますね、ほんっと。

夕見子の大学進学は、お手伝いでどうにかなるのか。
そう思うと信哉が訪れてくれて、よかったのかも。


ではでは、こちらはこの辺で

ボヘミニャン・ラプソディ フレディと猫に捧ぐ

2019年04月29日(月) 18時00分
癒しの本。
ひたすら猫ちゃんをニヤニヤ見るという本。
詳しくはこちら

こんなずるい企画を考えた人って、どんな人よ。
便乗商法にもほどがある。
でも、嫌いじゃない。
むしろ好き。

フレディに似た猫ちゃんの写真集って。
チョビヒゲ猫ちゃんが、本当にフレディっぽく。
ヒゲ模様がなくても、それっぽいポーズをしている猫ちゃんがいたりと。

こじつけっぽいけど(笑)。
そう見えてしまうスタッフさんの性格が好き。

確かにね、フレディっぽいオーラがある猫ちゃんもいる。
独特なオーラを放って。
でも、猫ちゃんなのでふふ…って思ってしまう。

写真の選び方は、普通にかわいい猫というよりもクセのある表情が多い。
威厳があったり。
クールだったり。
わりと変な表情だったり。

猫と並ぶとフレディがかわいく見えてしまうくらい。
マッチョ・ムナゲーなのに。
あ、体毛でいったら猫に負けるか。

みんな個性があってかわいい猫ばかりなので、お気に入りというのは選びにくいけれど、強いていうなら36ページの左下の寝ている猫ちゃんがかなり好き。
おっさんが寝ているっぽくて。

それと56ページの白猫ちゃん。
そこのフレディもめっちゃかわいいし。
この猫ちゃんはページをめくった瞬間、吹いた。
こんな感じなんだもん。




フレディの写真と並べているから、余計にコミカル。
かわいくてたまらない一冊です、はい。
癒し。


ではでは、こちらはこの辺で

ドライブサーガ 仮面ライダーブレン 第1話

2019年04月29日(月) 11時15分
ブレンが仮面ライダーになるって、どんな感じかと思いきや。
キャラはあのままだった。
むしろ濃くなってた。
調子に乗ってたし。

いいんです、それで。
既視感のある顔と声の博士を助けることができたし。
クリス・ペプラーさんが博士役になるとは。

全体的に昭和チック。
改造人間のシーンから始まるなんて。
昭和のライダーをオマージュしてか。
まあ、ブレンが人間というのは違うけど。

ブレンを改造したのは「ム」の人たち。
漢字で書くと「無」なんだそうで。
その「ム」が某オカルト雑誌のロゴっぽい。
三角形ということで、東映っぽいし。

その無の人たち。
ブレンから在庫一掃って言われちゃってた。
確かにそんな感じ。
この企画のためにわざわざ新たな怪人を作るのもどうかと思うし。
その怪人の「ボデー」という昭和チックな話し方に懐かしさを感じたり。

在庫と言われて怒ったのは図星だからじゃ。
おかげで5万ボルトの電流を流されちゃったブレン。
ピカチュウの10万ボルトの半分だけど。
まな板の上の鯉状態だったのに。
それでこそブレンって感じだったけど。
みなさん、普通にかっこよいブレンを期待していないと思うし。

だってこの企画、エイプリルフールのネタかと思っていたもん。
それが本気だったという。
だからか、怪人は在庫からなのは。
企画が発表されて配信がすぐだったし。

とはいえ、仮面ライダーブレンは新規で。
意外とかっこいいじゃん。
ボデーの緑色もキレイだし。
博士を助けたときなんて、別人かと思ったし。
まさか、別人じゃないよね?


ではでは、こちらはこの辺で

なつぞら 第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」月曜日

2019年04月29日(月) 10時45分
なっちゃんモテモテ。
番長の大告白には驚いたけど。
いきなり「嫁」って。
空気読めって。

そんな番長がかわいいと思った。
あの風体だけど。
今回は番長のインパクトが強すぎて、草刈さんが草を刈ったのをうっかり忘れそうになったよ。

覚えてた、うん。
泰樹さん、草を刈ってもかっこいい。
馬車に乗ってもかっこいい。
そこでなつに将来のことを話すという。
泰樹さんもなつに期待していたなんて。

それなのになつは絵を描くことが好き。
天陽くんのお兄ちゃんからもらった画材で絵を描いていたら、東京から友人がくるし。

ああ…
泰樹さんのことを思うと。
泣けます。
今週のサブタイトルからして、なつが上京しそうだもん。

夕見子は北大に行きたがってるし。
そしたら柴田家は寂しくなるよね。
そう思いつつ、番長のことが気になったり。
この先も出番、あるのかな。(そこ)


ではでは、こちらはこの辺で