そうめん南瓜と焼きおにぎりとトマトのピクルス

2018年07月31日(火) 17時20分
八百屋さんでそうめん南瓜なるものが店頭に。
詳しくはこちら




茹でるとそうめんのようになるカボチャなんだそうで。
店頭で私、ぼーっと調理法を読んで買ってしまった。
ええ、後でいらんことをしたのがわかるという。

半分に割ったところ。




輪切りにしたところ。




実は私、皮までむいてしまった。
包丁でむかなくても茹でたら剥がれるというのに。
ふふっ、皮が厚くてむくのが大変だったのさ。

茹で時間は20分くらい。
水にさらしつつほぐすと本当に麺のようになっていくという。




麺つゆか、ドレッシングで食べるとよいとのことで、私はドレッシングをかけてみました。




シャキシャキしてよい食感。
麺というよりも白髪大根のような食感。
カボチャの味はほとんど感じないけれど、いい意味でクセがなく、ポン酢とかにも合いそう。

ちなみに刺身に敷いてあるものは、敷きヅマなんだそうで。
敷いてないものはツマではなくケンなんだとか。

そうめん南瓜、よいです、はい。
ただ、丸ごと一個茹でると結構な量になってしまうので、少人数で食べるときは半分くらいでよいかも。


* * *

エバラ食品のインスタにおいしそうな焼きおにぎりが載っていたので、私も作ってみました。レシピはこちら

私は黄金の味ではなかったんだけど。
もちろんエバラさんのタレですけど。
そのタレをケチっちゃったので薄い上に、おにぎりをひっくり返したらはげてしまった。




見た目はしょぼいけど、おいしかった。
これね、合わせみそを混ぜている段階でおいしい香りがするという。
なかなかよいです、はい。


* * *

今朝のあさイチで紹介していた「ミニトマトとオレンジのピクルス」が簡単そうだったので、私も作ってみました。
レシピはこちら

ミニトマトはちゃんと湯むきをしたのだけれど。
微妙にむいてない部分もあったという。
写真を撮って、後から気付いた。

ミニトマトの湯むきって面倒かと思いきや、意外と楽しい。
表面の皮が薄く剥がれるので。




こちらはまだ漬けたばかりなので、明日食べてみようかと。
なので味はまだわからないけれど、見た目がかわいい。
緑色のトマトがマスカットみたい。
きっとオシャレな味になると思う。(どんなイメージよ)


ではでは、こちらはこの辺で

半分、青い。 第18週「帰りたい!」火曜日

2018年07月31日(火) 10時05分
花野ちゃんが熱を出したとき、りょうちゃんがいなかったのはそういうことでしたか。

赤ちゃんの頃の花野ちゃん、結構涙目。
撮影現場に慣れなかったのか。
でも、パパと仲良く遊んでいたときもあったし。

でもって、いきなり5歳。
確かにそのくらいの方が、台詞もちゃんと言えるでしょうし。
花野ちゃん、元気な女の子になって。

そんな中、別れを切り出すりょうちゃんって。
結婚が早いと思ったら、そっちも早いなんて。
6年くらいは過ぎたけれど。
ドラマの構成的に早く見せたいのはわかるのだけれど。

朝ドラ受けの難易度が上がるドラマですね。
そこが楽しみでもある。


ではでは、こちらはこの辺で

ブルーシールのフレッシュフルーツヨーグルトクリーム

2018年07月30日(月) 18時50分
ワールドポーターズブルーシールの直営店があるとのことで行ってみました。

せっかくだからクレープが食べたいな。
と思い、カラフルでキュートなサンプルが並んでいるのを見て悩んだ結果、フレッシュフルーツヨーグルトクリームをオーダー。

そして、店員さんが作ってくれたのだけれど。
いや、それってもしかしてクレープの生地?
と思うくらいに驚きの大きさ。
ボリュームもありそう。

で、実際そうだった。
驚きの重さ。
渡されたときにズシっときた。

うっわ。
食品サンプルに騙された。
普通、騙されるとしたらサンプルの方が少ないのでしょうけど、こちらはその逆。それにお皿に盛られるのかと思いきやブーケ状態。

クレープってこんなに大きかったっけ?
私、遥か昔に食べたっきりなんで。
忘れもしない、高校に入学してすぐのこと。
同じ方向に帰る子達と寄り道をして、一緒にクレープを食べて、私は新品の制服のスカートにブルーベリージャムを落としたことを。
すぐに拭いて大丈夫だったけど。

こちらはその心配がない。
ちゃんと下の方にビニールがかけられている。

上から見たらこんな感じ。
写真を撮ってブログに載せてよいか、伺っています。




横はこんな感じ。




これじゃ、中のフルーツが見えない。
と思い、食べている途中の写真も撮ったけれど、ベリーの赤がどうも…と思い載せませんでした。

しかし、ホントすんごいボリューム。
アイスを付けたのもあるけれど。
値段からするともっと軽いものかと思っていたら。
生地もしっかりと厚いし。

ということで、食べ切るのに必死になってしまった。
もちろんいろんなフルーツやヨーグルトやアイスもおいしかったのだけど。
食べ疲れたのもあってか、下の方が段々と甘く感じた。
ほんっとご馳走様でした。

店内を見るとブルーシールの歴史が紹介されていた。
一つ一つ読みたくなる物でした。




今度はシングルの爽やかなのにしようと思った。
ライムシャーベットがすごく気になったし。


ではでは、こちらはこの辺で

Red Brick JOURNEY

2018年07月30日(月) 18時00分
赤レンガ倉庫で開催中の「Red Brick JOURNEY」に行って来ました。

夏の旅行をテーマにしたイベントなのだそうで。
詳しくは赤レンガ倉庫の公式サイトを見ていただいて。
私は撮ってきた写真を載せちゃおうかなと。

まずはイベント会場の一番手前にあるかわいい車。
後ろ姿というのがまたかわいい。
ナンバープレートの枠には「VOLKSWAGEN SPECIALIST SINCE 1976」と書いてある。




私は始まる10分前くらいに着いたので、まだ清掃中。
会場の中にはスタッフさんしかいない。




そして、オープンしてすぐに写真を撮ろうと。
あまり人がいない所を撮りたかったので。
ということで、撮ったのがこちら。




睡蓮があるのは、横浜美術館で開催中のモネ展を意識してか。




砂はとても真っ白でキレイ。






横浜港はこんなにお天気。




一通り撮ったら、さすがに暑くなったので日陰で休憩することに。
せっかくなので、何か食べたかったし。




私がオーダーしたのは WORLD DINNING BAR LECKERで、丸ごとトマトのアボカドシュリンプサラダとマンゴージュース。
ジュースにはカットされたマンゴーが乗っていて、ジュースもちょうどよい濃さで満足。




サラダはエビがプリプリ。
私、アボカドも好きだし、それらがモッツァレラチーズにあえられていて。
この組み合わせが好きな私にはたまらない一品。
器のトマトもよく冷えていて。
暑いときによいです、はい。




ちょっとしたリゾート気分。
会場でかかっている音楽の選曲も結構よいです。
めっちゃリゾート感があって。


ではでは、こちらはこの辺で

トークイベント「白倉伸一郎プロデュース作品を振り返る」武部直美さん パート5

2018年07月30日(月) 15時50分
武部さんと白倉さんのトークイベントの様子の続きが、東映特撮ファンクラブで配信されました。

今回は、Sh15uya(シブヤフィフティーン)や仮面ライダー THE FIRSTなどについて。

私はSh15uyaを見ていないので、調べてみたところキャストが豪華。
ガッキーが出てるし、仮面ライダー出演者も。

このSh15uyaは、どっかの誰かの企画を引き取ったのだとか。
田ア監督が関わった企画がポシャったらいけないということで、白倉さん曰く助けたのだそうで。

お金がないから、元々ある東映のビルを使ったとか。
東映アニメーション研究所の跡地を使ったそうで。
お金がないから撮影には現地集合。
撮影も大変だったようで。

こういうトークイベントの映像って、メモを取っちゃうと感想が書きにくいのかも。そのメモをどうやって第三者にもわかるように文章にしようかと考えちゃうので。
だって、メモってこんなの。

FIRSTとNEXTの話題に
そこで立ち去る白倉さん
出淵さんがデザイン
白倉さん、わりと冷たい「あーわかりました」って
お二人ともお酒が好き

ライダーのデザインがかっこよかった
DNAに仮面ライダーが流れている、昭和もいい

FIRSTは主役が決まらなくて
黄川田くん、主役がいいでしょ
八誠くんも
井上大先生の脚本だからコテコテのキャラ

FIRSTが始まった理由
平成ライダーが、仮面ライダーじゃないと言われたので
東映さんのみんなが言い出した
武部さん:暇だったから?
白倉さん:暇じゃない!

社長が言うの?
…そんな的な

怪人も含めてみんな仮面
NEXTはホラー
三部作の予定だった
1部:ラブストーリー
2部:ホラー
3部:コメディ

加藤和樹くんは今でもやりたいって
…STシリーズ

仮面ライダー「ザ・ピアニスト」とか(笑)。

カブトの話題
昆虫をやる
とにかくいっぱい虫
おもちゃ的にハチがいけなかったんじゃないか?
白倉さんは昆虫がすごく嫌いなのに

響鬼の後だったので、みなさん何がお望みですか?と聞いた
仮面ライダーに戻してもらいたい
どうもみんな虫をやりたい

ポエマー米村さん
「そして…」で終わる台本
Sh15uyaのリベンジだから、渋谷を壊すところから始まっている

元々、スタッフはセーラームーン流れ
カブトは多人数ライダーのわりになかなか脱落者が出なかった


カブトの渋谷に隕石が落ちる理由が、そうだったなんて。
知らなかった。
なんで渋谷なんだろうと思っていたけど。
単純に若者の街だからと思ってた。

カブトは大人数のライダーだけれど、それぞれにドラマがあったし、脱落者はサソードくらいだったのでは。サソード…というか、神代剣が退場したときは、すごく印象的だったのを覚えてる。私も泣いたような。

カブトはエグいよね。
ワームが人間に擬態することで、すんごくヘビーなドラマになって。
中でも神代剣は自分がワームであることを忘れていたのだから。
それ、最初からあった設定じゃないでしょ?

と思ったけど、むしろそれでエグすぎたオチになったので、いやというほど印象的なドラマになってよかった。
ひよりもね。

思えば「ヒーローかと思いきや実は怪人でした」的なサプライズは、乾巧と神代剣がかなりショッキングだった。特に神代剣は自覚がなかったから。
乾巧については、視聴者が勝手に騙されていただけなんだけどね。
変身できる=オルフェノクなのに。

白倉さん、虫がお嫌いでしたか。
それなのにあんなに虫っぽいワームとか、大丈夫だったのかしら。
あれ、ほんっと虫を感じるよね。

そうそう、だからアマゾンズで「虫を駆除する」というのが、どうもカブトっぽいなと思った。駆除斑がZECTっぽいし。
何気にコメディの「…ST」が見たかった。
でも、戦いながら笑いをとるって無理かも。

このイベントの様子を見て思うのは、武部さんってしっかりしているなと。
いい意味でクセがないというか、常識人というか。
いえ、他のゲストが個性的とは…(ごにょごにょ)


ではでは、こちらはこの辺で