突然ですが、明日結婚します 第2話

2017年01月31日(火) 15時25分
続きが気になったので、2話も録画で見ました。

このドラマ、視聴率が芳しくないようで。
その原因はわかるような気がする。

ひとつは、恋愛ドラマに対する視聴者の受け止め方が違ってきているのでは。
一昔前のトレンディドラマが流行っている頃なら、このドラマだって悪くないと思う。

プリン☆あら・どーも!! 第7話

2017年01月31日(火) 11時50分
7話がイチゴミンの公式ツイッターで配信されています。
イチゴミンの公式サイトはこちら

今回は雪の結晶というお話。
それがオチという。

雪で喜ぶのはお子ちゃまだよね。
通勤・通学で車や電車に乗る人にはメンドクサイことで。
それに大人になれば、寒く感じるし。

冷える冷える。
心の底まで冷える。

んじゃ、雪合戦をすればいいんでしょうけれど、いい大人が雪合戦というのもどうかと思うし。
そもそも相手がいない…(悲しくて寒い)

雪だるまをせっせと作ったところで、ちょっと怪しいし。
それに見てくれる人がいないかも…だし。

まどかちゃんとひかるちゃんはいいよね。
無邪気に雪ではしゃいじゃって。
まどかちゃんなんて、雪でプリンを作ったりして。

シャーベットプリン。
融けるところは見たくない。

ひかるちゃんはイケメンの雪像を作ったよ。
それも融けるところは見たくない。
イケメンがドロドロ…

ホラー…

美しいものは儚いのね。
いずれみんな土にかえる。(極論)

その前に現世を思いっきり楽しみましょう。
イケメンのお兄さんを使ってみたり。
お兄さんにかまくらを作らせるという。

そんなわがまま娘達の要望に応えてしまうお兄さん。
それなのに「なんか小さいね」って。

娘ら、態度がでかいんじゃい!

たぶん、自分達で作った方がよっぽど立派だったと思うよ。

お兄さんも体力がないのね。
コンビニ帰りだからといっても。
HPがわかりやすいように図解されてた。

レベルが違うんだよ。(低い意味で)

ま、そんな見た目の期待とは違っているお兄さんのおかげで、オチがつきましたとさ。

その小さいかまくらにプリンがすっぽりとはまってしまったという。
頭隠してなんとやら状態で。
雪の結晶って、そういうことだったんだ。

お尻が丸見えで「変なトコ」って思われちゃったけど。
てゆうか、サンリオさんがそんなネタを出してくるとは。
変なトコでしゃべっているのは、プリンだけにオナラなんじゃ…とか思ったのは私だけじゃないはず。

そもそもプリンって、そういう生き物なのかしら。
つまり飲み食いして…って。
やだわぁ、いろいろと想像しちゃった。

それはさておき、プリンをどうやって助けるのかしら。
普通に考えるとかまくらを壊すんだよね、たぶん。

…。

お兄さんの苦労が台無し。
作らされて、自ら壊すという。

やっぱり雪は大人にはありがたくないってことで。
そんな教訓じみたお話でした。(そうなのか)


ではでは、こちらはまた来月

銀と金 第5話

2017年01月30日(月) 17時05分
5話は4話の完結編かと思いきや、このエピソードは次回にも続くのね。

今回も面白かった。
ただ、前回からのピンチは、ちょっと出来過ぎな解決だったよね。
もちろんドラマチックにする仕掛けなのはわかるけれど。

あれが切り抜けられなかったら、今頃鉄雄は海に沈められていたわけで。
鉄雄だけに浮かび上がらなかったかも。(なんてこと!)

それにしてもそのピンチの切り抜け方。
100万円くらいをさくっと用意できちゃうのがすごいよね。

ここからは内容を含んだ感想になります。

仮面ライダーエグゼイド第16話 「打倒MのParadox」

2017年01月30日(月) 00時05分
ここにきてニコがゲーム病患を発病したのが、なかなかすごい構成。
というのも永夢もゲーム病患者ということを隠せるから。
永夢に自覚症状がないのは、発病していないからか。
あるのは偏頭痛。

ポッピーはパニックになっていた。
「ピイロとパイパがペムを攻撃して」って。
逆に言いにくいよね。

ペムって。
なんか軽いよね。

魂のペンデュラム

2017年01月29日(日) 18時35分
レイが復活した。
零羅の体を使って。

えー…
まあね、器としては零羅が一番適任かと。
他の人で想像したら、いやになったもん。
ロン毛とか、一人称が女性口調の「私」とかって。

零羅がロン毛になってしまった。
今までフードとキャップをかぶっていたのは、そのためか。
ロン毛になっても違和感が出ないために。

そのために零羅がずっと同行してたんだ。
名前に「零」がつくので、キーマンになるとは思っていたけれど。
ちょっと気になったのは、零王のことを「父様」って呼んでたこと。

父になっちゃってる。
いいんだね、それで。

レイには実体がない。
ということは、4人の少女は分離できるということじゃ。
いつの間にかカードから戻っている人達もいることだし。

月影とか。
お久しぶりです、はい。

ズァークを倒すキーワードはやはり「笑顔」でした。
「エンタメ」と「笑顔」で反応しちゃう遊矢。
さすが、何年も言い続けてきただけのことはある。

だからか「スマイル・ユニバース」なんてカードも出て来ちゃったよ。
笑顔が世界規模になっちゃった。

例の4枚のカードは、花鳥風月かぁ。
風林火山もあることだし、4枚ということで四季かと思っていたけれど。
そのカードに描かれた色が、4人の少女の髪の色と同じという。

その前に零児もすんごいモンスターを召還してた。
エグゼクティブなんちゃらっての。
なにがエグゼクティブかというと、攻撃力が6000とかになっちゃうという。
他の二体も4600とかって、ほんっと桁違い。
その召還の仕方が、私にはよくわからんかったけど。

ほんとエグゼクティブ。
靴下を履かない零児さんにはお似合い。

ところで、ペンデュラムは遊矢が生み出したものかと思いきや、ズァークの分裂によるものだとしたら、本当の意味で生み出したのはレイじゃ。
となると、本当の意味での主人公はレイだよね。

そもそもズァークを生み出したのは、観衆であって。
完全な「悪」は存在しなかった。
って話なのね、ARC-Vってのは。

そう思うとズァークが不憫だったりする。
裸だし。

遊矢もね。
なんかとっても寒そうだった、遊矢の裸。
この時期だし。

次回は原点のスタンダード次元に戻るのかな。
「お楽しみはこれからだ!」ってのは、何度でもループしそうな勢いで怖いんですけど。

まあでも、沢渡さんがパパネタを出せば、視聴者のみなさんが笑顔になれるからね。

ところで、ユートとユーゴはどうしたの。
私の笑顔はそこからだ。


ではでは、こちらはまた来週