へんなおばけ

2008年02月29日(金) 23時58分







えへへ…
いきなり「へんなおばけ」の登場でした。
(※携帯電話からだと見えないかも知れません、ごめんなさい





※カラーだと見られない環境の方がいらしたようなので、モノクロで載せてみました。


こちらは、風船のおまけに付いていたシールで、ウチの子供達が遊んだものです。この絵があまりにインパクトが強かったので、勝手にブログに載せちゃいました。

実際は、体の部分は鉛筆で描いてあったので、スキャンしたら細くて見えにくくなってしまいました。ということで、私は久しぶりに必死でトレースしていました。結構、無駄な労力でした。

で、前フリはこれでおしまいです。


ここからは、私が描いたお絵描きです。

コメントレス

2008年02月29日(金) 19時02分
いきなりですが、私信です。

昨日、こちらにコメントをいただいた件数が、左のサイドバーからはみ出してしまったのと、その記事の所在がわかりづらくなってしまったので、各記事のタイトルを記載します。

昨日の夕方から、今日の夕方までにいただいたコメントのお返事はこちらです。


影を入れました(けろりんさんへ)   :27日の記事
中身は同じ(けろりんさんへ)     :26日の記事
ゴーオンジャー1話の感想(風水さんへ):17日の記事
始めの一枚(風水さんへ)       :19日の記事
思いついたので(風水さんへ)     :21日の記事
たまにはいいかな(風水さんへ)    :21日の記事
ゴーフォン(風水さんへ)       :22日の記事
寂しくて(風水さんへ)        :23日の記事
中身は同じ(風水さんへ)       :26日の記事
影を入れました(風水さんへ)     :27日の記事
キバ 第5話の感想(風水さんへ)   :25日の記事
ごめんなさい(mintさんへ)      :28日の記事

です。
風水さんより、17日の記事に入れていただいたコメントの所在が分かりづらくなってしまったので、こちらに記載させていただきました。


ではでは、本日はまたまた参上

ごめんなさい

2008年02月28日(木) 22時14分
えっと、最初に言っておく、今日は

「かーなーり、眠い。」

ので、さくっと参ります。


と、言いつつも、いつもぐだぐだとくだらないことを書いてしまう私。
本当は、これから30分程度かかる用事があるので、そちらを済ませてから今日は寝ます。

ですので、コメントのお返事は明日させていただきます。
明日起きたら、コメントがいっぱいとかだったら嬉しいな〜♪

あと、私信ですみませんが、レツくん(万平くん)が大好きなmintさんのブログのリンクを、右のサイドバーに貼らせていただきました。万平くんが好きな方は、レッツゴーよん♪

え〜、なんか連絡事項ばかりですみません。
ついでに書くと、本当は今日は2枚お絵描きをしたのですが、2枚目の方の加工が出来ていないので、明日の記事に載せます。予告しておくと、その方の人気がわかったりしてね。

本日の2枚目を予定していた方は、ゴーオンブルーこと連くんです。


では、1枚目の方を載せます。
でも、お顔は二枚目です。

影を入れました

2008年02月27日(水) 23時55分
今日、息子と耳鼻科に行きました。
そこの待合室で、息子と同じくらいの歳の男の子がいきなり

「ゴーオングリーンって知ってる?」

と、息子にじゃなくて


ワタシに!


話かけてきました。
ええ、しっかり

「うん、知ってるよ。」

と、作り笑顔をしながら答えてあげました。
その後もその子は

「ゴーオンブラックって知ってる?」と私に話しかけてきました。

「もちろん!」と心の中で叫んだけれど、にっこり笑顔で答えてあげました。

そして、ウチの息子がその子とゴーオンジャーについて語り始めたけれど、なぜか時折その子は


ワタシに!


話かけてくるのです。

「ブルーのバスは合体すると足になるんだよね。」

等々。
あまりにも私に話かけてきたので、その子のママが「すみませんね。」と申し訳なさそうに言ってくれました。

どうして、息子にじゃなくて私だったんだろう。
私としては、特に詳しく答えた訳じゃないんだけれど…。

普通のママのふりをしたり、にやけるのを我慢するのって、結構辛いもんだと実感しました。


ええ、そんなことくらいしか変化がない今日この頃です。
ではでは、今日もまた描いちゃったよん♪

中身は同じ

2008年02月26日(火) 23時51分
昨日、久しぶりの友達からのメールに、「キバの音也さんがおもしろいね。」と書いてありました。

その友達は、電王はすごく好きだったけれどキバはどうかな…と始まる前に言っていたのです。別に、その人は特別な特撮ファンではないです。ただ私と同じ様に、対象年齢の息子さんがいるママなのです。

そのメールが私には意外でした。
だって、その友達って音也みたいな人は嫌いだと思っていたからです。
それは、きっと自分とリアルに関係ないからそう思えるのかも知れないのですね。

ちょっと勘違いくらいの人の方が楽しいかも知れませんね。
そういう人が真剣な面を見せると、どきっとしちゃうし。


そうそう…。
メンズバーに行った知人によると、ちょっと勘違いくらいの男の子の方が面白かったとのことでした。

イケメンじゃないのに、それっぽく振る舞っているくらいの子の方が、本当のイケメンよりハジケテくれるそうです。

それって、なんとなくわかる気がする…。
お顔が完璧な人よりも、何か足りない人の方が努力したがるものね。

ま、そのハジケ方も微妙にズレると腹が立つのですがね。


え〜、こんな前フリなのに、今日は音也さんは描きませんでした。あ、音也さんのお顔は、別に「何か足りない人」ではないと思います、はい。