ウルトラマン伝説展

2007年01月31日(水) 18時23分
今日はいいお天気でしたね。何だか春のようでしたね。街の中でも、梅の花がちらほらと咲いていました。

今日はそんなお天気の中、今週末で終わってしまうので、息子と2人で放送ライブラリーで開催されている「ウルトラマン伝説展」に行ってきました。もう展示イベントも終盤というのと、平日というのもあってか、館内はわりと空いていました。社会科見学の小学生がいなかったら、それこそガラガラでした。中にいたお客さんは、ほぼ私達と同じタイプの方ばかりでした。

放送ライブラリーは横浜情報文化センタービル内の、8と9階部分にあって、8回は常設展示でした。8階はちょっと小学生の団体に押され気味だったので、すぐに私達は目的の9階部分に行きました。入館料は無料というのを知っていたので、さほど期待はしていませんでした。でも、無料にしては、全体的にまずますの展示内容でした。

9階に着いて、ぐるっと常設の展示内容を見てから、「アニメヒーロー大集合」の前で、しばし母子でヒーローアニメを観ていました。展示してあったヒーローのフィギュアの前に、ボタンがそれぞれあったので、私が試しにアカレンジャーを押してみました。そしたら、いきなり「このヒーローとペアなのは誰?」とモニターに言われてしまい、慌てて「モモレンジャー」のボタンを押してみました。そしたら、全展示フィギュアのライトがピカピカ点滅して、正解のお祝いをしてくれました。ちょっと恥ずかしかったです。その後、問題を出してくれたモニターは、ゴレンジャーを放映してくれました

さて、今日の目的のウルトラマン伝説展なのですが、既にもう行かれた方や、過去に同様のイベント等もあったかも知れません。なので、ここからは今日初めてウルトラマン伝説展に行った、私の率直な感想です。下記は小学生の遠足レポみたいですみません

ウルトラマン伝説展は歴代のウルトラマンの写真パネルが展示してありました。ちなみに、館内は撮影禁止でした。前にバンダイミュージアムで見た、ウルトラマンのジオラマセットに似たタイプのも展示してありました。科学特捜隊員の隊員服も一着展示してありました。装備も展示してありました。こういうのって、ファンなら喉から手が出る物なのでしょうね。それと、科学特捜隊日本支部のミニチュアセット(復元です。1/33スケール)が良かったでした。当時でこれを作ったのは、かなりの技術だったと思います。あ、一応パンフレットを買っているのですが、まだ読んでいません。パンフにはこの詳細が書いてあります。そうそう、サイン入りの台本も展示してありました。

パネルの前の他のお子ちゃま達の、鼻息が荒かったのは微笑ましかったです。え、ウチの息子ですか。ぼーっと見てましたよ。っていうか、ウチの息子は昔のはエースしか知らないんで。メビウスのパネルの前でやっとにっこりしていました。え、誰が行きたかったのかって、そりゃ…

私です

ちょっと休憩がてら、上映していたウルトラマン第1話を観ました。ここのイス、キャスターが付いているので、うっかり動いてしまうんですよ。私はウルトラマンはあまり記憶に無いんです。再放送で観た記憶もおぼろげだし。なにより初回放送時は、まだ生まれていませんから。なので、結構新鮮でした。

う〜ん、正直言って間が長いって感じもします。今は、カットや展開が早いのかなぁ。この頃ってテンポがスローだったのかも。でも、その分じわりじわりとくる不気味さはありますね。また感心するのは、この当時でこの特撮の技術です。逆に、色々な計器が古くて、かなりギャップがありますね。そうそう、当然ですが計器はデジタル表示のは全くなしで、アナログの針のやつでしたね。赤ランプとかが並べてあったり。すごいのは、あのテープレコーダー。めちゃくちゃでかい。そんなセットをしみじみ観ていた私の横で、息子は「いつウルトラマンが出るの?」とじれったそうにしていました。

しかし、驚いた事に怪獣登場とともに前に座っていた、息子と同年齢とおぼしき男の子が、

「ベムラーだっ!」

なんで知ってんのよ…とツッコみたくなりましたが。きっと大図鑑とかで研究しているんだろうなぁ、それともあれ、もしかして最近どこかに出ました?ウルトラマンファンとしては、この怪獣は常識なんでしょうか。偉いぞ、そこのボクちゃんと思いました。あ、昔「ジャミラ」というあだ名の先生がいたなぁ〜なんて、余計な事を思い出しました。私、怪獣の名前はかなりうといんです。…というか覚えられない。

最後に関連グッズを見ました。そんなわけで、こんなの買っちゃいました。他にはウルトラマン達と怪獣がいっぱいの指人形とか、ウルトラマンせんべいとかDVDとかがありましたね。定番のおもちゃはどこでも買えると思ったので、今回は消耗品限定でした。これって、専門店で売っているみたいですね。写真では見えにくいんですが、このマカロニはちゃんとウルトラマンの形をしているのですよ。あと、ふりかけです。




入り口前のここだけ、撮影してもいいそうです。
このウルトラマン伝説展は、2月4日までです

電王のおもちゃ

2007年01月30日(火) 18時48分
つい最近なんですが、いつものスーパーに行ったら、もうボウケンジャーソーセージがない…。え〜ん、なんだか寂しいよぉと嘆いている私の横で、

「あ、電王のソーセージだ!」

と喜んでいる息子。

ま、ボウケンジャーのはたまたまなかったのかな、なんていいように考えておきました。でも、当然のように、電王のフィッシュソーセージを買ってしまう母と息子。ああ、もうすぐ次のに目が行っちゃう浮気な母と息子。

忘れていたんですが、そのソーセージの箱を今日開けてみました。中に入っていたカードの裏には、電王ベルトのひみつなる文章が。もしかして、電王ベルトってば、カード展開ですか。でも、たぶんトレーディングカードのような展開にはならないと思いますがね。ちょっとこういうのが気になるんです。なんでかというと、来月は息子の誕生日があるからです。息子には自転車を考えているけれど、どうもおじいちゃんが息子の願いを聞いてくれそうなので……。

というわけで、ちょっとネットでおもちゃの下調べをしてみました。息子の誕生日はゲキレンジャーの放送前なので、ターゲットは電王かと。あらら、調べてみるとあるんですね。しかも、電王ヘルメットは売り切れの所なんてあるじゃないですか。あれ着けて、自転車の練習をしたら目立つよね。変身ベルトは、なんと音付きのDXと音が無い廉価版とがあるのですね。デンライナーの仕組みがわからないので、これはちょっと保留でしょうね。

な〜んて、親が勝手に下調べしておいても、子供って全く違う物を希望したりするんですよね。とりあえず、今の所は価格チェックしただけです。

でもね、正直言って、あの変身ベルトの音が良かったりする私でした

懐かしい80

2007年01月29日(月) 13時48分
今日は、ウチの息子は鼻水たーれなので、大人しくお家にいます。そんなわけで、今日はメビウスの感想も書いちゃいます。

…とは言っても、メビウスは私が見始めたのが遅かったので、まだまだ新参者です

でも、懐かしかったんですよ〜

ウルトラマン80!

私も確か、リアルタイムで80を観ていたと思うんですが、記憶があまりないです。弟ならしっかりと覚えていると思うんだけれど。とにかく何回かは観たという記憶と、あのテーマソングは何となく覚えています。

80のお顔って可愛いですよね。どうも、お兄さんタイプではないような気がします。ウルトラマンの中では癒し系のお顔ではないでしょうか。

部外者は入れないのに、ミライ君はあっという間に学校に入っちゃいましたね。GUYS特権でしょうか。この「部外者は学校に入れない」という設定が、現実的ですよね。娘の小学校も、一つしか門は開かないし、普段はその通用門もロックしてあるのです。

中学校の卒業生達は、当時の俳優さん達がそのまま出演されているのかは知りませんが、そうでなくても、80に現況報告をしているシーンは、とても感動のシーンでした

メビウスというのは、完全に親の世代のハートをがっちりとつかむようですね

仮面ライダー電王 第1話の感想

2007年01月29日(月) 13時40分
いや〜いいですねぇ〜「仮面ライダー電王」。
結構、子供達も私も気に入っています

困ったことに、昨日からあの「デンライナー」が来る時の音が、私の頭から離れません。いいですよね、あの音!早速子供が欲しそうな変身ベルト(の音)ですこと。携帯の着信音みたいな気もしますが。

電車を使うことに、スポンサーがらみの意味があるのでしょうか。これら、家族の通勤・通学定期パスは、お子ちゃま達に取られて「変身」されちゃったりして。

しっかし、いいですぇ、ヘタレの主人公!本当にいいです、好きです、ああいう設定。普通の男の子で、親しみやすい。結構、お子ちゃま達に元気を与えてくれそうなヒーローですよね。

あの、お財布に付けていた名札(?)。100円ショップとかで買ったのでしょうか。良太郎君の性格が出ていますね。前に、私がボウケンジャーで「最上蒼太」って名前を、よく初対面のネコが知っていたなぁ…と不思議に思っていたんですよ。そこで、蒼太君の持ち物に名前が書いてあったとか、そんなことを思ったんです。でも、いい歳した男の子がそんなことはしないよね〜なんて、思っていましたが。……なんていうか、そういうの

嬉しいです

なんだか、良太郎君には、自分の息子に対する気持ちにも似たものが出て来ました。ちゃんと持ち物にはお名前書いておこうね、みたいです。

そうですよ、誰だっていきなり変なヤツが出て来たら、退きますね。だから、急に戦えって言われても無茶な話です。いいんです、逃げて!それが普通の反応じゃありませんか。あの状況をすんなり受け入れて戦ったら、その方がおかしいですよ。

さりげなく、変身ベルトに信号のようなカラーボタンが付いていますね。これから、おもちゃ展開炸裂ってところでしょうか。

子供達にも笑えるライダーって大切ですよね。あまり、お話を難しくしちゃうと、子供達が途中から観る気がなくなってしまいますからね。これからのライダーショーは、気合い満々の演技じゃないので、役者さんもやり易かったりして。

電王を観ていたら、急にコーヒーが飲みたくなってきました

ボウケンジャーTask.47の感想

2007年01月28日(日) 18時43分
のっけから、あらまぁですね。リュウオーン陛下って、身を削って邪竜達を生み出していたのかしら。だったら、この前の3千の邪竜って……、もったいない。前に、邪竜を生み出すのは面倒だとか言っていたような気がしたけれど、こういう事だったのかしら。それにしても、生まれた邪竜って、すぐにリュウオーンのことを「陛下」って言っちゃうんですね。しかし、陛下って寿命があったのですね。あんだけ、チーフとかに斬られているのに。

私はイマイチ分からないんですが、真墨の闇って一体なんでしょうね。それが、そんなに強いものでしょうか。映ちゃんにはそれが分かるのでしょうか。真墨なんて、きっと就職とかできなそうだから、お金がピンチになったら戻って来そうだけど。これって無断欠勤だよね。菜月ちゃんは一体どこを探すつもりだったのでしょうか。ゲームセンターとかじゃないよね

チーフが真墨を探すなというのは、やっぱり自責の念があるからでしょうか。今までは、チーフの方が突っ走っていましたからね。

ボイスが不在ってことは、うーん興味ありですね。あの逆三角形のまま外出していないよね。これって、何か意味あり気です。いよいよラストって感じですね。

あらっ、オープニングにヤイバ様がいないので、シズカが「べ〜」していましたね。ゲッコウ様も前に出て来るし。元気そうで何よりです。

海辺の真墨、なんだか可愛いなぁなんて思ってしまいました。ちっとも怖くないですよ。

映ちゃんの「強力なプレシャス反応だ。」

の後にガジャ様が出て来たので、笑っちゃいましたよ。てっきりガジャ様自身がプレシャスかと思ったので。ガジャ様はちゃんとボウケンジャーの人数を把握していましたね。一番カラフルではない色なのに、よく覚えていました。やはり記憶力が良いんですね。

ガジャ様ったら、パワーアップです。なんだか、お茶目さがなくて今日はツッコめません。でも、やっぱりガジャ様が出て来ると嬉しい私。陛下って、あれカブトだったのですね。ますます、ヤイバ様の人間体が気になってしまいました。

SGSの警備員さんって、もしかしてイケメンですか。採用条件は顔もありなのかしら。どうやら警備員さん達の方が、メンバー達よりも内部事情に詳しそうですね。

メンバーの息が白いです。ロケ地は寒そですね。お疲れさまです。しかし、SGSのプレシャス保管庫って結構目立ちますね。

最近思うのですが、メンバーが倒れた時のカメラのアングルが、女の子のスカートの方にばかり行っていませんか?ちょっと意図的な感じがします。

陛下ってば、やっぱり行き当たりばったりなんですよね。牧野先生が一番のプレシャスなんだから、誘拐しちゃえばいいのにね。ってことは、牧野先生の顔はバレていないのかな。あ、チーフが倒れ込んだ、あの白いテーブル。あれって、確かクリスマスの時にも出ませんでしたかね。

ボイスってどこにいたんですか。なんだか、ちょっとダークな感じがしますね。牧野先生はボイスの実態を知っているのでしょうか。

陛下は人間の姿に戻ってしまいました。ラギもここで、元の姿に戻れるといいんですが。プレシャスバンクの爆破解除なんて、200年前の人にできるんでしょうか。できないって、分かっているなら自爆行為ですよ

どうせ解除ができなんだから、陛下とチーフ…どーでもいいけど、外でそういう話をしませんか。チーフの熱い台詞には感動しましたが、危険な場所で余裕で説得しないで下さい。

ガジャ様と最悪のアナタ……そんな格好で街中を歩いちゃ目立つでしょ。今回の最悪のアナタはガジャ様から直接生まれて来たから、クエスターのように言う事を聞かない子じゃありませんでしたね。今日のラストでは、ゲップしませんでしたか。まだ、授乳しているのかしら

いよいよクライマックスですね。ちょっと寂しい気もしますが。もの凄い勢いでラストに突っ走っている感じですね