ふと思う

2006年11月30日(木) 17時20分
今日の朝刊を読んでいたら、木下順二さんと実相寺昭雄さんの訃報が載っていました。ご冥福をお祈りします。

実のところ、私はお二人の事は全くと言っていい程、知らないのです。木下順二さんは、教科書に「夕鶴」が載っていたのと、私が通っていた小学校の講堂で、学校が呼び寄せた劇団が「夕鶴」を公演したのを憶えているくらいですかね。……自分の教養のなさを出しちゃいましたね

実相寺昭雄さんは、ウルトラマンの演出のお仕事をされていた方だとか。お名前を聞いたことがあるような。いつだったか、NHKが制作した円谷プロの成り立ちの特集番組を見ましたが、そのスタッフの中のお一人でしょうか。その番組も何となくしか憶えていないのですが、円谷プロのポリシー等が紹介されていましたね。私よりも、その道に詳しい方にお話を聞いた方が、手っ取り早いですね。

新聞記事から感じ取られるのは、お二人ともご自分の世界観を持っていたような方だと感じます。生まれ育った環境等が、お仕事に影響していたとも思われます。私の様に、あまりその方の事を知らない人にとっても、このように人に感動を与えてくれた方が亡くなるというのは、とても悲しい事のように思います。

私が身内で死を感じたのは、祖父しかいないです。他の祖父母は、私が生まれる前に既に他界してしまったからです。

見ず知らずの若い男女でしたが、私達が数年前に住んでいたマンションの真下で、車の単独事故で亡くなったのを、バルコニー越しに見た事がありますが。事故直後と数日間、お友達の方々がわんわん泣いていたので、とても胸に響きました。一年後のその日もお友達が現場に来ていました。あ、余談ですが、私の母は何度か交通事故を目撃したことがあるのです。

私が誰かが亡くなって悲しいと感じたのは、QUEENのヴォーカルのフレディ・マーキュリー氏が亡くなった時でしょうか。私が会社員だった頃の同僚にとっては、尾崎豊氏でした。実は、私は尾崎氏が亡くなる数週間前に、その同僚と仕事でちらっと尾崎氏を見たことがあったのです。もっと上の世代の方だと、ジョン・レノン氏でしょうね。この時の事は、いつか記事にするかもしれません。

ふと、私が19歳の時に不思議に感じた事を思い出しました。
実家の収納に、古い文庫本が並んでいて、それはずっと父の物だと思っていました。殆どの本がタイトルからしてあまり興味がなかったので、19歳の時まで私は手に取っていませんでした。

しかし、ある日、急になぜかその本が気になってしまい、その中の一冊を取ってみました。タイトルは「菩提樹」。タイトルからして、宗教的なものかと思って、読む気はしなかったのですが、ページをペラペラとめくっていたら、厚紙にぶつかりました。その厚紙は古いハガキで、ちょっとカビ臭い感じでした。よく見ると求人希望の内容でした。名前の欄には私が会った事のない、叔母にあたる人の名前が書いてありました。ハガキには、旧仮名遣いもあったので、時代を感じました。希望職種の欄には「ウエイトレス」。エの字が旧字だったと思います。自分の知らない身内の人の字を見ると、少しどきっとしました。年齢の欄には

19歳。

……絶句しました。たしか、父の話によると、妹であるその叔母は、19歳の時に結核で亡くなったそうです。亡くなる前日までは、元気だったそうです。その叔母の無念の思いがハガキに込められているようで、涙が出て来ました。父にそのハガキを見せたら、とても驚いていまいた。というのも、その叔母の持ち物は、全て私の母が嫁ぐ前までに処分したからです。そのハガキが捨てられなくて良かったです。

その叔母と当時同じ歳だった私は、叔母の分まで生きていこうと思いました。

実際、その歳の私は人生の中で重要な歳でした。
あれっ、女の厄年って19歳でしたっけ?

人が死ぬという恐怖は、自分が死ぬのは勿論の事ですが、もしかするとそれよりも、身近にいる誰かが亡くなってしまう、という恐怖の方が強いのではないかと思います。ですから、……自殺なんてして欲しくないですね。

思い出すのは

2006年11月29日(水) 23時20分
今週のボウケンジャーは、総集編とコスプレ大会だったわけなので、子供達も別に「コレ」といったツボはなかったようで……。

先週の予告で、フラダンスに浮かれていた息子は、それなりにウケていたんだけれど。思っていたよりも……という感じだったかも。

でも、久しぶりに見た、メンバーの笑顔が次々と出てくるシーンで、家族全員で大爆笑しちゃいましたね!!もう、あのチーフの「笑い」。笑顔じゃなくて、爆笑のような顔ですね。あのチーフの笑いは、最高ざんす

今までのお話を振り返るシーンで、息子の反応は……

「こんな攻撃の名前あったっけ?」

…ってな感じでしたね。

他は、ズバーンは(あの手で)ちゃんとお金を払えたのかな。なんて心配だったり

眩き冒険者のお話で思い出すのが、娘が真顔で言っていた言葉を思い出しました。

「この壁、壊れちゃったけれど、誰が直すの?」

映ちゃんが初めてシルバーに変身した直後に、ガイとレイを壁に叩き付けたシーンです。変身した場所は、パシフィコ横浜なので、娘も何回か行った事があるので、本気で心配したのでしょうね。でもあの、壁(本物)は別のロケ地のようですが。要するに、あの壁を誰が直すというか、弁償するのかと心配したのです。

お話的に考えれば弁償するのは、シルバーであって、修理代の請求はSGS宛てなんでしょうか

あのシーンは、8歳が初めて特撮の技術を実感したシーンでしたね。後からちゃんと、私が特撮の事を説明したんだけれど。

でも、私がその説明をする前に、旦那が真剣な顔の娘をおもしろがって

「あの、壁はまだ直っていないから、パシフィコへ行って見て来てごらん。」

と娘に言ってからかっていました。そう言われたら、娘はより心配になっちゃいましたが。ひどい父親だ。

でもさすがに、前回のシズカが公園の柱を、素手(?)で壊しても、もう娘は心配していませんでした。

そういえば、私も子供の頃はスタントマンや特殊メイクというのを知らなくて、血だらけの俳優さんの事を本気で心配したことがあったっけ。素晴らしい映像を撮る影には、色々な方々の技術があってのことなんですねぇ。しみじみ……

何だか、最近子供の頃を思い出してばかりだわね。歳のせいかでも、ヒーローの事を考えると、とつい自分の子供時代を思い出してしまうのよね。

息子は既に、来週の本物ボウケンジャーVS偽物を期待しているようです。
今回は誰も変身しなかった分、母子共に次回に期待していますよ

片頭痛

2006年11月28日(火) 22時02分
昨日と今日と、「片頭痛」を扱った番組が放送されていましたね。私も片頭痛持ちなのですが、最近は医師から処方された薬で、なんとか平穏に暮らせるようになりました。本当は、「トリプタン」とかいうお高い薬の方が良いのですが、保険が利いても一錠300〜500円ではちょっときついので、私のは「クリアミン」という薬なのです。私の頭痛は、空腹が長かったり、低気圧でなるので、台風の発生や雨は体でなんとなくわかるのです。また、妊娠中は頭痛はなかったので、典型的な女性ホルモン関連の片頭痛らしいです。

一時期は、片頭痛のサイトを検索しまくったり、漢方やサプリの本とかを読んだりしました。漢方はたぶん、きちんと薬剤師に処方されるのを飲むと効くと思いますが、やはりそれだとお高いので

昨日の番組では、「ちょっと片頭痛ってやばくない?」っていう感じでしたが、出演されていた医師が、「片頭痛って、美人や金持ちや、頭のいい人がなるんですよ。」との一言に、すっかり気を良くしてしまった、お気楽な私でした

今日の番組では、「ネガティブ思考」と「ポジティブ思考」というのをやっていたのですが、それを見ていた子供達は……

「ネガティブ」だって。

と楽しそうに言っていました。で、その後に、


「ところでネガティブってなに?」

……今まで、ボウケンジャーをさんざん見ていて、言葉の意味を知らなかったんだ……。まあ、悪い人達という意味で、理解しているんでしょうが。でもさ、これって勝手にボウケンジャー達が、自分を肯定している上で、敵は「ネガティブ」なんだよね。ちょっと、ずるいんじゃないの、その考え方は……。

ま、ネガティブ思考は万病の元ってことでしょうかね。
私も神代家のおぼっちゃまを見習って、ポジティブ思考でいきたいですね。
ところで今は、どちらの思考なのかしら、おぼっちゃま。

今日は久しぶりに、「アシュの鏡」を見ましたが、そういえば映ちゃんったらセロリと鏡をすり替えたり、いきなり姿を消す特技を持っていたのですね。何気にすごい技を持っているのに、今はそんなのどこへやらという感じですね。あ、もしかして、あの技は、錫杖がないとだめなのかなぁ。
で、娘が言いました……

「この頃の服の方が、映ちゃんカッコイイよね

…やっぱりそう思っていたんだね。あの服や袋は今どこに……
ちょっと来週のために復習してしまった母子でした

好きです〜横浜〜♪

2006年11月27日(月) 19時24分
タイトルのフレーズは、横浜市のゴミ清掃車が流している曲の一部です。あの曲、あんまり好きじゃないんだけれど…。

今日の朝刊の神奈川欄を開けたら、「歴代のウルトラマン親子で楽しんで」という記事がありました。ちなみに、ウチの新聞は朝日新聞です。詳しい内容は、こちらをご覧下さい。そちらのサイトへ行ったまま、戻ってこなくなったりして

記事を抜粋すると、横浜市中区の放送ライブラリーで、「ウルトラマン伝説展」という、来年の2月4日までのイベントです。初代から、最新作のメビウスまでの歴史がパネルなどで紹介されているそうです。

ちょっと行きたくなりました。というか、ウチから遠くないので、きっと行くでしょう。メビウスは夏頃から見ているのですが、息子はじーっと見ているわけではないし、私はリアルタイムのその時間は、夕飯の支度をしたりしているので、イマイチ内容が分かっていないのですが。録画もあまり再生しないし……。

でも、ミライ君がメビウスだというのが、バレてしまった前後からは、私もじっくり見て感動しちゃいました(かなり最近だね)。その頃から、録画したのをちゃんと見るようになりました。タロウが出て来た時には、子供より私の方が真剣に見ていました

どうやら、ウチの息子はストーリーが理解できないのか、戦闘シーン以外は、ぼ〜っと見ている感じですね。娘はあんまり興味ないし。

私は弟がいたので、子供の頃のウルトラ兄弟シリーズは、再放送でしっかりと見ていました。しかも、実家の近くには、遊園地とかにあるヒーロー型の遊具を作っている町工場がありました。あの、100円とかで動く乗り物のタイプです。なので、ヒーローは普段から見慣れていました。乗り物なので、殆どの体型が飛んでいる状態なので、今見るときっと笑えるでしょうね。でも、もうだいぶ昔にその工場はなくなっちゃいました……

昔は、その町工場の敷地に無造作にヒーローが置かれていて、夕方頃に見ると、子供心にとっても不気味な光景でした。というのも、ヒーロー人形達が、整然と置かれていたのではないので、戦いに敗れた落ち武者の山の雰囲気でしたね

今年の夏休みに横浜人形の家でも、ヒーローの特設会場がありました。そこでは、トキワ荘のカーテンに描かれた、超有名漫画家達の寄せ書(描)きも、期間限定で展示してありました。私は嬉しくて子供達に、

「これを描いた人が、ライダーとかの生みの親なんだよ〜。」
と熱く語ってしまいました。

…で、子供達の反応は「ふ〜ん。」だけでした。

それよりか、子供的には、特設会場の「ヒーローコーナー」の方が楽しかったようです。私も昔のヒーローの人形やグッズが展示されていたので、小躍りしたくなるような感じでした。

展示販売していたレジのお姉さんは、てっきり息子がボウケンシルバーの人形をお買い上げするかと思っていたようですが、ただの冷やかしの家族でした。すみません。あんなに長い時間、親子で眺めていて。ヒーロー限定ではないのですが、気になったお方は、こちらでちょっと雰囲気を味わって下さいませ

ボウケンジャーTask.39の感想

2006年11月26日(日) 23時15分
今日のお話の半分は、普段のウチの子供達の会話みたいですね。
「クエスターってなんだっけ。」
「ほらほらあの黒い2人組の悪い人達。」
みたいな感じ

で、途中からボウケンジャーを見た方への、復習であって、次週からの盛り上がりのお膳立てでしょうね。

しかし、今見ると最初の頃のセットって凝っていましたね。どこぞの映画ばりのセットでしたものね。「冒険ですよ!!」って感じでしたものねぇ。あの頃の緊張感は、一体どこへ行ってしまったのでしょうか……

私的には、今回はズバーンのお買い物と、真墨の着物が一番でしたね。チーフの変な格好には、もう免疫が着いちゃって、ちょっとやそっとじゃ動じなくなってしまいましたね。確かにあのコスプレの大サービスは面白かったし、それなりに笑えたんだけれど、……それよりも、何を見ても動じなくなっている自分が怖いです

それから、ボウケンジャーがそれぞれのネガティブをどう思っているのかが、よく分かったんだけれど、これって、視聴者がいつも思っている事をはっきり言ってくれちゃって、ツッコミができなくなっちゃいましたね。もう、ココにツッコミを入れようと思っている視聴者を、制作者側は先にツッコミしちゃったみたいな。

私はしばし、あ、そうですね…状態だった。やっぱりそう思っていたんだ……。ネガティブ達のこと……。

しかし、あの石、お酒もお茶も飲むんだ……。
これから飼っていくのは大変そうだね。黙らせるには、塩着けにするしかないのかな。ネコ飼う方が楽だね、蒼太君

きっと、今日の放送を見て、
「プロメテウス」とか「エーゲ海」とかを、検索している人いるだろうな。

あれってどういう位置づけで「プレシャス」なんでしょうね。
繁栄の石からくどいんですけれど、爆発したのを見た事ある人いるの?
だったらさぁ〜、安全な所に置いて、半径1km以上から遠隔操作で怒らせて、爆発させちゃえばいいんじゃないのですか、サージェスさん。…ドッカーン

しかし、牧野先生ってば、どうしてそんなコスプレグッズを持っているのですか。
嫌ですよ、たまーに仕事に疲れて、あれを着ていたら

今回のチーフ:
あなたの変な格好には、もう免疫が着いています。でも、やっぱり、最後の格好のパンツのぴったり感がおかし過ぎます。

今回の真墨:
フラダンスの背中が綺麗でした。何よりも着物姿が美しかったです。

今回の蒼太君:
普通にロッカースタイルが格好良かったです
あのエアギターは、素の三上さんって所でしょうか。他の変な格好は時間が短すぎて、とろい私には一時停止をしない限りよく分かりません。

今回の女の子達:
可愛いです。若いっていいな〜。

今回の映ちゃん:
真墨と同じく、フラダンスの背中が綺麗でした。
できれば、大阪弁で石に対抗して欲しかったところですが…。
最初と最後に、石を持っていた所がおいしかったですね。

さあ、来週からは、笑っていられませんね