シリーズ スペース・スペクタクル 第2集 見えた!ブラックホールの謎

2019年07月29日(月) 15時50分
第1集に続き見ました。
放送後のトレンドにも「ブラックホール」が上がっていたみたいで。
番組公式サイトはこちら

今回はアインシュタインさんがゲスト。
アインシュタイン役の方が一言も話さなかったのは、日本語を話したくなかったからか、それともまさかの全身タイツ姿を披露するのに照れちゃったからか。

カラフルな全身タイツ姿。
戦隊ヒーローじゃないんだから。
それで人体を作っている物質の割合を表していたけれど。
若干、罰ゲームみたい。

しかも「アインシュタインでも気づかなかった」的なことを何度となく言われちゃったりで。もちろん、100年前にブラックホールの存在に気づいた偉人として、扱われていたけれど。

最近の研究によると、ブラックホールは吸い込むだけの天体ではなく、むしろ放出している方が多いくらいな天体とのこと。
今までブラックホールを扱ったSF作品の根底から崩れてしまいそう。

ブラックホールに近づくなんて、無理かと。
その前に周りのガスで宇宙船ごと消滅しちゃうわ。

そんなブラックホールのおかげで、私達生命が生まれたようで。
そう思うと、今まで恐怖の存在のように扱っていたブラックホールさんに謝らないと。

その研究によって、わかることも多いようで。
また、地球規模の電子顕微鏡プロジェクトでは、世界各地で協力してブラックホールを観測するなんて、なんてステキなこと。

科学者が穴の空いたシリアルを食べて、験担ぎをするくらいの記念すべき観測だったようで。

個人的には、M87というのが気になって。
それって、ウルトラマンの故郷のような数字。
ウルトラマンの場合、本当はM87星雲のつもりが、間違ってM78星雲に誤記したようで。

それと、時間の歪みとか、そういうことを聞くと特撮を連想しちゃったり。
今の所はフィクションになっているけれど、いつかそれが実証されたりしてね。

こうして観測、研究をしていくと、今までの概念が崩されて行くのもまた興味深い。


ではでは、こちらはこの辺で

なつぞら 第18週「なつよ、どうするプロポーズ」月曜日

2019年07月29日(月) 10時50分
社長の挨拶長っ。
話していたことは、小林一三さんみたいなことだったけど。
要するに社長の意思は、芸術よりも利益重視ということで。
それは正論なんだけどね。
社長ってば、奥原なつを面接で落としたことを忘れていたなんて。
兄のことは覚えていたのに。

この頃は、仕事始めは女性は振袖を着ていたのね。
それであんな晴れ着。
結婚式の披露宴かと思った。
今じゃ、会社がそういう服装を強要したら、なんちゃらハラスメントとか言われそう。

モモッチは芸達者で。
傘回しができるとは。
楽しんでやってそう。
あるとしたら、次の出し物に期待しちゃうじゃない。

そして、よくわからないなつと一久さんの関係。
一久さんは、そういうところも不器用なようで。
まあね、ガツガツ行くような男子もどうかと思うけど。

何気に亜矢美さんの昔の話が気になる。
このままモヤモヤで終わるのかしら。


ではでは、こちらはこの辺で