Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜 #2

2019年07月16日(火) 23時50分
なんだかいいお話になっちゃって。
そして、いい感じでお客が来るという。
そうじゃないとお話にならないけどね。

それにしても小澤シェフってば、恐ろしいほどの不運に見舞われるという。
それって、ロワン・ディシーに勤める運命のためだったりして。
何が不思議な力が働いていたとかで。

…こわっ。(勝手に怖がるなってか)

というか、そんなにもシェフが勤めていた店が潰れても転職先があったということは、逆に強運というか、バイタリティーがあるってことなんじゃ。
名前に「幸」も付いていることだし。

そんなシェフが、今回はちょいちょい凹んじゃって。
それをあの力士とお面で表現するとは。
お面って、アナログな合成。
体格も状態によって変えちゃって。
塩はHPみたいで。

そんなシェフを見て、太一くんったら「べっこり凹んじゃってる」って。
べっこりって。
なかなかすごい表現。
落ち込んでいる人の心をえぐるみたいで。
かわいい顔して、すごいこと言っちゃうよね。
かわいくなかったら、シャレにならないというか。
呪われそう。

というか、このレストラン。
本当にそっちの人用なんじゃ?
ランチはなくて、深夜営業とかって。

今回もみなさん、心の声のときは生首だったし。
しかも、伊賀くんなんて一人生首。

きゃ〜〜〜!
いくらイケメンでも生首がしゃべってるって。
半透明だし。
そんな仮面ライダーもいたけど。
ゴーストっていう。

いやいや、伊賀くんはみんなと友達になりたいタイプよね?
とはいえ、オーナーの人脈には勝てないみたいだけど。
オーナーって何者?
めっちゃオシャレさんだし、ものすごいポジティブ思考なんて、幽霊とかじゃないとは思うけど。

今回、オーナーもスマホが使えるのね…と思ったら、友達のライターさんに頼んでネットに記事を書いてもらってたのね。

自分とこのシェフの不運をウリにして。
なんか、ひどい。
ひどいけど合理的。
結果、オーライ。

余分に買った食材も。
結果、オーライ。
結局は、オーナーが高級食材を食べたかったんじゃ。
なもんで、あまりが出るようなことをさせたような。

まかないもおいしそうだったし。
ごろごろ野菜のパスタで、まかないがあんなにキレイなんて。
それが「普通」って。
普通って。
普通って。
ツボ。

野菜といえば、鎌倉野菜を使ってましたね。
ソースが色とりどりで美しく。
次回は中華街や赤レンガ倉庫が出るので、このお店って神奈川県にあるのかしら。私、原作は知らないけど。

京急がCMしてたし。
そこも地味にツボ。
すごいじゃん、京急がCMしてる。
それで鎌倉とか横浜とかが出るのかな?

偵察に行ったレストランは、伊賀くんのかっこよさを見せつけるためだったのね。消防士と思われたみたいだけど。

そのレストランのシェフ。
自分の写真を店先に掲げるって。
若干、イラッとしたりして。
別にいいけど。
ああいう写真で腕を組むのって、シェフあるあるなのかしら。

酒井シェフの絵ハガキを思い出しちゃった。
坂井宏行シェフのドレッシングに付いていた、シェフの写真入り絵ハガキ。
そのハガキをどうしろと?
出す宛もないよね。

こちらの小澤シェフのお品書きの筆文字もすごいよね。
あれはあれでよいかと。

今回は、小澤シェフと昔のお客さんとのいいお話で。
早く、キュウリの件に触れてよと思ったりもしつつ。
じらすよね。(褒めてる)
そこまでに紆余曲折があったりと。

このレストランがすんなり繁盛しては、ドラマにならないみたいで。
ご苦楽レストランってタイトルに書いてあるし。
次回はどんなトラブルが待っているのかな♪
楽しみ。

目にもおいしいし。
いいな、アワビとかあんなに大きなエビとか。


ではでは、こちらはこの辺で

聞くと思い出が

2019年07月16日(火) 18時20分
仮面ライダージオウを見ていると、どうしても時計が気になってしまう。
ちなみにみなとみらいにあるコスモクロックは、世界一の時計。
中央のデジタル時計だけではなく、支柱部分も秒数や分数を刻むからなのだそうで。

そのコスモクロック のイルミネーションがすごい。
こちらで紹介されています。

他にも世界一の時計ってあるのかなと思い、調べてみたら。
世界一高価な時計を紹介しているサイトが、たくさんヒット。
その一つがこちら
あまりにも宝石を散りばめちゃったら、もう時計よりもそっちの方がメインじゃ。

そういえば、山手線の目覚まし時計ってあるよね。
こういうの
そこから山手線の発車メロディーが紹介されている動画も出てきたので、つい聞いてしまった。

メロディーを聞くと、その駅を使ったときのことが思い出される。
個人的には恵比寿駅のが好き。

山手線じゃないけれど、蒲田駅のも好き。
ちなみに京急の上大岡駅はゆずの夏色。

横浜駅はブルーライトヨコハマ。
京急線はこんな感じ
って、すっかり時計の話から駅のメロディーになっちゃった。

では、お絵描きに参ります。
今回はスウォルツとバンバ。

なつぞら 第16週「なつよ、恋の季節が来た」火曜日

2019年07月16日(火) 10時00分
一久さん「一生」ってどういう意味なんだか。
そういうところは不器用じゃなくて、あっさりと言えちゃうのね。
それとも深い意味がなく、自然と出た言葉なのか。

夕見子の駆け落ちどころじゃなくなってきたね。
思えば、一久さんが風車に通っているのって、なつが気になるから来ていたのね。仕事だけではなく。

夕見子の駆け落ちくんも。
ヒゲってそういう意味でしたか。
突っ込みたいような、突っ込んじゃいけないような。

彼にも事情があるようで。
裕福な家庭に生まれたからこそ、自由を求めているようで。
それで東京に出て来たり、ジャズが好きだったりと。

「古い」って言っちゃったけど。
亜矢美さんも仲さんも大変。
若い人から「古い」って言われちゃって。
そこに悪意がなく、間違いでもなさそうだから、余計に戸惑うよね。

ここのところの一久さんが、なんだか前よりも大人びて見えるのは、アーガイルのニットじゃなくて、白いシャツだからなのか。

東洋動画の噴水は、一久さんをキラキラに見せるためにあったのね。
まぶしいわ、ほんっと。
水落ちした人がいる一方で、葉っぱも絶妙なタイミングで落ちてうふふなシーンにもなっちゃうなんて。


ではでは、こちらはこの辺で