ひよっこ2 最終回

2019年03月28日(木) 23時50分
うまくまとまりましたね。
ひよっこの時間は、やはり緩やか。
ドロドロの展開などはなく、いくつかの問題があって、それを穏やかに解決していくという。

漫画家とヤスハルの方は、解決していないけど。
ヤスハルの方は、ずっとあの調子なのかも。
となると、父はヤスハルの歌手デビューを心配しなくてもいいような。
ヤスハルは広場でワンコ相手に弾き語りをしているのが、お似合いだよね。

漫画家の方は、悪くはないんじゃ。
早苗さんが笑っていたくらいだから。
アメリカに行ったおかげのようだけど。

というか、早苗さんと彼氏さんってば、どんな待ち方をしてたの。
みね子とヒデが帰ってくるのを待っていたかのような体勢で。
面白かったけど。
千手観音みたいで。

時子の問題は、自分で解決。
みね子と話して、自分なりに出した答えのようで。
そのときの牛があまりにも時子と至近距離だったのが、気になったりも。
あと、君子さんがネギを持っていたのも気になったり。

ところで、時子の相手役って、片岡信和くんだったのね。
役名が海老原京介って。
なんかちょっとゴーオンジャーっぽい役名。

ちよ子の方は、やはりあのバスでのことは伏線だったのね。
あんな風に憧れの先輩に言われちゃったらねぇ。
家のことよりもそっちに心が動くよね。
前日にみね子が話してくれたこともあったし。

鈴子さんの腰は、温泉に行ったことでよくなったそうで。
気持ち的なことも大きかったようで。
鈴子さんが元気になって、すずふり亭は安泰。
愛子さんの下手な芝居は、お芝居じゃなかったみたいだし。
そういえば、愛子さんの初登場シーンって、お茶をこぼしていたよね。

米子は実家に行っちゃうし。
夫の方の。
それはそれでよかったんじゃ。
角谷家の女性陣が、視聴者的に面白かったから。
チューされてたし。

ヒデは嫁の実家で大告白をしちゃってたし。
あんなこと言われちゃったら、実さんも茂さんも嬉しいでしょうね。

ラストのみね子から視聴者へのご挨拶もステキ。
そして「またね」で終わるという。
なもんでトレンドに「ひよっこ3」とか出ちゃってたし。
気が早いって。
視聴者も面白いわ。

ということで、ほっこりほんわかの4日間でした。
今日も「ブループラネット」も見ちゃったし。
そっちは結構サバイバルだったけど。
タコとカニがわりと出てたよね。
それにしても海の撮影って、すごい作業だったのでは。
「ひよっこ2」も「ブループラネット」もよいものを見ました。


ではでは、こちらはこの辺で

カル:エクレ(錆花紋)

2019年03月28日(木) 16時30分
ニトリでこちらのお皿を買っちゃいました。
かわいいし軽いので。
ほんっとすごく軽い。
カル:エクレというのだそう。




せっかくなので、何か盛ってみようかと。
そう思いつつ、スーパーでアサリを見ていたときにエバラ食品のインスタに春を感じる和風蒸しレシピが載っていたことを思い出し。

ということで、菜の花ではなくブロッコリーだし、レシピ通りではないけれど似たようなものを作ってみました。




うん、お皿もかわいい。
春っぽくなった気がする。


* * *

エバラ食品といえば、前に新たまねぎのレシピにも挑戦したけれど、うっかりあんかけを忘れてしまって。(どんなうっかりよ)
それに鶏ひき肉じゃなくて、細かくしたササミだし。
そもそも新たまねぎではないという。

ということで、載せなかったけど。
なんというか、せっかくなので載っけておきます。





こちらのレシピで、ラップをしてレンジで玉ねぎを柔らかくするのって、すごくよいと思いました。


ではでは、こちらはこの辺で

まんぷく 最終週「行きましょう!二人で」木曜日

2019年03月28日(木) 10時30分
今日は鈴さんがヒロイン。
みんなもヒロイン。
お互いに気持ちを伝えるという。
そう思うと生前葬というのもよいと思う。

ただ、お葬式の形にしなくてもいいような。
80歳を祝う会とか、そういう形でも。
それだと、普段通りになってしまうのかな。

赤津は来ないかもしれないし。
って、赤津さん。
懐かしの塩軍団からも。
今度は腕を怪我しているみたいで。
数秒でキャラが立ちすぎでしょ。(褒めてます)

世良さんもね。
鈴さんに「お母さん」と呼んでくれて。
これって、番組を作ったスタッフさんの想いも詰め込んでいるような。
だから、今回はこの生前葬だけに時間を使ったようで。

確かにね、最終回間近で近親者が他界するなんて、どうかと思うし。
朝ドラでよくある「近親者の他界で、お涙頂戴」というのもなんだかなぁ…って思っていたら。

生前葬は逆にほっこり。
笑ったり、泣いたり。
娘たちが母への気持ちを伝えたり。
萬平さんも今まで鈴さんをこき使っていたことを謝ったり、感謝したりと。

自覚、あったのね。
鈴さんをたくさん働かせたり、台所を使えなくしたこととか。

しかし、ほんっとみなさん役者さんだわぁ。
弔辞の一言一言が心に響きました。
遺影が写真ではないところにもほっこり。


ではでは、こちらはこの辺で

クイーン MUSIC VIDEO HISTORY MTV 蔵出しスペシャル Part2

2019年03月28日(木) 06時20分
パート2も見ました。
もうね、見ていて泣きそうになった。
こちらでは、フレディが亡くなった後のビデオもあったし。

「The Miracle」以降は、私は時間がなくてあまりミュージックビデオを見られなかったし、フレディが亡くなって数年間は、気持ち的にクイーンの映像を見ることができなくて。
曲は聴きまくったけど。
映像で見ると泣きそうで。

なので、ここでのものは断片的に覚えていたり。
全く未見だったり。
ということで、本当に蔵出ししてくれて嬉しい。

フレディの追悼コンサートでのジョージ・マイケルや、ポール・ロジャースのクイーンのライブも見せてくれたりと。

あのマイケルはやはり最高。
フレディのようなボーカルは、マイケルしかいないと思った。
けれど、ポール・ロジャースのもよかった。
フレディとは違うと思って聴けば、最高だったし。

この番組構成は、本当に見る人を泣かせにかかってる。
徐々にフレディの死期を感じさせ、その後を見せていくという。

「No-One but You」では、もう。
歌詞からフレディに対するメンバーの想いが、痛いほど伝わって。
こんなにも歌で感情が動かされるとは。

でも、悲しいだけではなく。
その後に元気そうなフレディも出たし。
本当に構成がうまい。

最初は「Bohemian Rhapsody」のWayne’s World バージョンも出たり。
見たかったんだよね、これ。
見ることができて、本当によかった。
車内で頭を振るシーンは覚えていたのだけど、久しぶりに見るとこんな感じだったのね。

ブライアン・メイがフライングVを持っている姿も見られてよかった。
そんなに尖ったフライングVじゃなかったけれど、ブライアンがそんな形のギターを持つなんて、すごく違和感。悪くはないけれど。
「Princes Of The Universe」ででしたか。
映画のイメージに合わせていたのね。

当時は全く気にしなかったけれど、後からこうして見ると、フレディがエイズにかかっているとわかってから、年を追う毎にミュージックビデオにメンバーの姿が少なくなってきたり、加工されたり、イラストになったりと。

フレディが映っているかと思えば、例の厚化粧だったりと。
そして、やたらと元気だったり。
また、過去の映像を見せていったりと、まるで走馬燈のように思えたり。

「The Miracle」でのキッズの出演は、そういう意味もあったのでしょうけれど、そちらは素直に面白かったし、微笑ましかった。
チビちゃんと本物のメンバーとのコラボで。

「The Invisible Man」の少年もかわいかったし。
メンバーもかわいかった。

ただ、ふと思ったのは、そこでフレディがメガネをかけていることで、わざと顔を隠したのでは…なんて、余計なことを思ってしまったり。

その頃の歌詞を改めて噛み締めて聴くと、いろんな感情が波のように押し寄せてきた。フレディへのメンバーからの熱い想いや、残り少ない時間を意識したり、大丈夫、フレディは死んだりしない…といったように聞こえたりと。

映像で見てしまうと、余計に。

フレディの病状が悪化してからは、やたらと天国を意識したような。
自然の美しさを慈しむような歌詞だったり。

といったことで、見ていくうちに感傷的になっていたけれど。
「Teo Torriatte」が流れる直前の広告に「ストーカーってリスク高いよ」と書かれていたのが、ミョーにツボだった。

というのも、その「Teo Torriatte」の映像には、クイーンが初来日したときの映像が流れたから。ストーカーではないけれど、熱狂的な歓迎をしていたファンの様子が出たのでね。

そして、フレディのウィンクが胸にグサッと。
元気で、ポジティブなので。
そんなん見たら、逆に泣くわ。
元気付けられたけれど。
本当にありがとう。


ではでは、こちらはこの辺で