転んでもただでは起きるな!

2018年01月04日(木) 18時45分
今年の後期のNHKの朝ドラが、日清食品の創業者の奥様をモデルにしているとのことなので、こちらの本を読みました。
前にカップヌードルミュージアムで、安藤百福氏に興味を持ったのもあり。
本についてはこちらに。

ずっと読みたかったけれど、お正月にゆっくりと読もうと思っていた一冊。
そして、読んでみたところ。
本当にドラマチックで、ドラマにしたら盛り上がりそうな内容。
とても興味深く、勇気づけられる。

勇気づけられるというのは、安藤氏がチキンラーメンを開発したのが48歳ということ。それ以前は波乱に満ちたエピソードが多く、それらが全て無駄ではなく、チキンラーメンの開発につながっているということ。

ネタバレをしたくないので、内容についてはあまり書かないようにします。といっても、安藤氏についてはドラマ化されたり、それこそ記念館で紹介されていますからね。

安藤氏は知られている。
実在の人をモチーフとするとドラマにクレームがつきやすい。
また、彼が生まれたのは台湾。
となると、ドラマを作るが大変になる。

そう思うとその妻をモデルにするのは、ドラマ制作上都合がよいかと。
奥様の記録はあまり残っていないとのことなので、架空の人物として作りやすいとか。

それに朝ドラの主役は「ヒロイン」ですからね。
これは「マッサン」に似たスタイルになるのかも。

と、本書を読みつつ、ドラマ化したらどうなるんだろう…とばかり考えてしまった。読んでみると、なぜ安藤氏をモデルにした役名が「萬平」なのかもわかってきた。

百福の百に萬をかけ。
「平」は安藤氏がよく使われた言葉。
ヒロインが「福子」なら夫婦で「まんぷく」になる。
なるほどよく考えられている。

ちなみに私は、安藤氏と同じ誕生日。
もちろん生まれ年は違うけれど。
それもあって、カップヌードルミュージアムのチキンラーメンを開発した小屋を再現した所で、そこにあるパネルに書かれていたことが記憶に残っている。

ただし、モデルになった人のことを知ると、ドラマ化したときに違和感を感じてしまうので、ドラマを見る際には本書に書かれていることはあまり意識しないようにしたい。

そう思いつつ、安藤氏関連の本の面白そうなこと。
二代目社長の「カップヌードルをぶっつぶせ!」という本も気になってしまう。


ではでは、こちらはこの辺で

わろてんか 第14週「みんなの夢」木曜日

2018年01月04日(木) 10時30分
オープニングはお正月バージョンになって、新春らしく。
年末にあんなに引っ張っていたことは、年初でさくっと解決。
そうなるとは思っていたけれど、一日で収まるとは。
リリコはじんわりと残っているかもしれないけど。
それとトキのことは収まってない。

キースが乙女組に好意的でなかったのは、この展開のためでもあったのね。
いいな、活動写真のデート。
トキも風太のことを潮時と思ったのか。

風太はここで男を見せないとね。
乙女達にうつつを抜かしている場合じゃないってか。
そちらも大事だけど。
そちらは仲良くなって、うまくいったからよいんじゃ。

それもこれも栞様のおかげ!
あと隼也くん!
母の側にいたいからって。
そっちかぁ。
風鳥亭のことを同級生にバカにされたのかと思ってたら。
遠くはないけど。

ドラマの後は戌年だからか、犬だらけ。
ラブくんって、犬の名前に結構多いみたいですね。
かわいい。

有働さんのワンちゃんも。
最高どん。


ではでは、こちらはこの辺で