重版出来! 第4話

2016年05月04日(水) 14時55分
ここからは二人の新人を追う展開なのかな。
一方は絵がうまくいが、内容がイマイチ。
もう一方はその逆という二人。

今回、面白かったのは心が最初に持ち込み原稿を読んだ老人が、後で大化けしていたこと。

逃がした魚は大きかった。
その魚をよそに誘導したのは心だったというオチ。

その老人のエピソードの意味はそれだけではない。
東江が進路に迷っているときに「おばあちゃんになって、漫画家になりたかった」と後から思うんだろうという話にも絡んでいる。
歳を取ってからでもデビューできる人はできる。

それにしても成田メロンヌ先生の楽しそうなこと。
女の子が群がっているのが、そんなに嬉しいのか。
確かに人気がなかったもんね。
連載、終わったし。

と思ってたら、新連載がスタートするのね。
腐ってもメロンってか。

ちなみに私、腐ってもメロンって一般的に使われていることわざと思っていたら、私の周りだけだったのね。腐っても鯛と同じような感じで使ってた。

心が担当する新人にすべく二人。
絵がうまい東江は、原作がある作品の作画を引き受けることに。
それって、大丈夫なのかな。
仮にその作品がヒットしたとしても、次につながらないような。

一方、絵が下手な中田の方は、本人のメンタル的には問題がない。
問題なのは絵だけであって。

何気にすごいと思ったのは、心の観察力。
東江が30分以上もバイブスのブースの周りをうろついていたことを見ていたという。

あんなに大勢いる中で一人の行動までも見ていたとは。
それだけ東江が挙動不審だったのか。
心が暇だったのか。

すごいと思ったのは、あのセットも。
コミケっぽい会場をよく再現したよね。
その会場は緑山スタジオで再現したようだけれど、あんなにも細かくセットを作ったり、大勢のエキストラさんがいたりと。

ドラマの内容もさることながら、いろんなシーンでの美術さんやスタッフさんのお仕事にも感心します。手間がかかっていることでしょうね。


ではでは、こちらはこの辺で

横浜見聞スター☆ジャン

2016年05月04日(水) 11時45分
スタージャンが気になったので、YouTubeで見ちゃいました。
エピソード1を。

それにしても、とにかくキャストがめっちゃ豪華。
ローカルヒーローなのに。
エピソード2では森本亮治さんも出ているし。

てか…

濱尾家の三男って、萩野崇さんだったのね!
それだけでおかしい。
シャンゼリオンや王蛇が三男って!

それに大口兼悟さんって、トッキュウジャーよりもスタージャンの方に先に出ていたのね。

すごいと思ったのは、元オーピンクの珠緒さんはもちろんのこと、大西結花さんのスケ番刑事の名乗り!

こういう企画じゃないとできないよね。
公認のヒーローには絶対無理だよね、こういうの。

キャストがこんなに贅沢って、ほんっとすごい。
ほらほらここを見て。

これ、横浜を紹介するというご当地ヒーローなんだけど、お話も結構クオリティが高い。
コメディも結構面白い。
だけど、私はこの番組の存在を忘れてた。(えへ)

で、これね。

実にくだらない。
いいわ、めっちゃ。
エピソード1の最終回はお面が割れたし。
うっかり笑ってしまった。

てな感じでゆるく面白いんだけど、細かく感想を書くのはどうかと思う。
突っ込み所が満載なものに突っ込むのがメンドクサイっていうか。

キャラがみんな濃いし。
年齢不詳っていうか、実年齢と設定がいろいろ間違ってるでしょ。
さとう珠緒さんが18歳設定とか。(違うと思う)
まあね、宇宙人だし。

エピソード2が昨日再放送されていたので、そちらも見てみました。
いきなりな展開でちょっと驚いたけど。
なんかめっちゃ本格的になってるし。

しかもこれ、映画にもなるみたいで。
どんだけ地味にすごい企画なの。
ごめん、横浜市民なのに知らなくて。
この前のフラワーショウのショーでもグダグダと思って、ごめんね。

めっちゃ気合いが入ってるのね、スタージャン。
エピソード2では戦隊並みにスーツが増えてるし。
すごいじゃん。

エピソード2もYouTubeにアップしてくれるのかな。(そっち待ちかい)
だって、放送日とか忘れそうだもん。


ではでは、こちらはこの辺で