イケメン先生

2008年04月26日(土) 23時54分
今日もちょこっとだけROOKIESを見ました。

私は見たというほど画面を見ていなかったのですが、音声は聴いていました。これって、今の時代にしては真面目に熱血教師を取り上げて新鮮に思えるけれど、かなりの冒険のような気もします。

少し現実離れし過ぎているのが、いいような悪いような。

ま、こういう教師は現実にはいないでしょうね。
まず、現場の教師は忙しくて時間がないようですからね。


でもね、実際にすごく燃える先生を知っています。
私の中学の担任の先生だったのですが、なんと同僚のもう一人の先生と、夜の学校に忍び込んだ泥棒を取り押さえてしまったのです。

いや〜、それってすごかったんですよホント。

本人の話なので、どこまで本当かはわからないですけれど、泥棒を追いかけるのに廊下をダッシュしたそうです。

えへ、ここで軍平の話題に持って行こうかと思ったんですけれど、違いますよん。


教師といえば…。

私は先月まで、娘の小学校の役員をしていました。
それで、よく学校の印刷室を使っていたのです。

私が一人で印刷室にいる時に、子供達には人気で親には不評のイケメン先生が印刷室の前の廊下にいたのです。

その先生は、物事にルーズなので親からは不評だけれど、ルックスは先生らしくなくて今時のお兄ちゃんなのです。

そのイケメン先生が廊下にいたのは、子供達数人と授業で使う教材を探していたからなのです。その先生は、一度職員室に行ってしまったので、子供達だけで教材のある印刷室の隣の部屋に行ったのです。

そして、その先生が職員室から戻って来たら、隣の部屋に向かって子供達に話しかけていたのです。

で、その先生はなぜか印刷室に来て、私に向かって大声で


「こらっ、そこにはないぞ、お前は何をしているんだ!」


と言い放ったのです。

アタシャ、心臓バクバクでしたよ〜。
イケメン兄ちゃんに「お前」って言われちゃったよ〜。

その先生、私が児童ではなくて、保護者だと気が付いたらものすごく慌てた顔で


「し、失礼しました! すみませんでした!」


と平謝りでした。


うふふっ
何気に、イケメン兄ちゃんに「お前」と言われた後に、謝られちゃったなんてちょっと


ラッキー


でもってね。
実は、その先生とは前に階段で、出会い頭にぶつかりそうになったこともあったの。

その時は、めっちゃ顔が至近距離だったの。


その先生、イケメンなのに日頃のルーズさで母親達から不評なのに、私はなぜか

嫌いじゃないし…。


でも、やっぱり娘の担任じゃなくて良かったと思っています。
だって、個人面談とかで向かい合わせになったら困るし…。

なんてね、実は階段でぶつかりそうになる前は、私も他の母親達と同じ気持ちだったんですよん。


ま、ちょっとしたおばさんの幸せなひとときでした。

こんなことを書いていると、なんだか可哀相な主婦のような文章ですね。


ということで、その上塗りです。

レスキューフォース 第4話の感想

2008年04月26日(土) 16時35分
今回の舞台は、輝くんの古里でした。

今回は輝の少年時代のエピソード。
しっかし、この番組ってずっと輝が


主役はオレだ!


なんですね。
ま、それでもいいです。

ではでは、感想に行ってみましょ。