メビウス最終回

2007年03月31日(土) 18時54分
終わっちゃいましたね、メビウス。

何だか急に寂しくなりました。とはいっても、私はメビウスは途中から見たので、最初から見た方々からすれば、思い入れは半分ってところでしょうか。

しかし、もうこの人達の姿を見ることができないんだなぁ…と思うと、また寂しいです。最後はウルトラ兄弟達が、勢揃いで地球を守るのかと思っていましたが、こういう展開でしたか。そうだよね、もうミライ君は地球から卒業だもん、だからお兄さん達も直接は手助けはしないよね。

観ていて、泣きました。というか、たぶん泣くことは先週から分かっていたけれど、本当に泣けました

GUYSの皆さんは、もう役者さんの演技というよりも、本当に泣いていたみたいでしたね。たぶん、番組が終わってしまうということと、重なっていたような感じでしたね。

ウルトラ兄弟達の一人一人の言葉が、またなんとも……。しかし、あれですね、レオとアストラはやはり無言でしたね。

ウルトラマンって歴史があるから、より感慨深いものが残るのでしょうね。それは、今の子供達が初めてメビウスを観ていたとしても、人間的な何か深いつながりを感じると思います。

私も、幼い頃は姉弟の影響で、再放送だけれど、ほとんどのウルトラマンシリーズは観たと思います。一番印象に残っているのはセブンでした。そういった歴史を知る上で、メビウスを観ると、またなんとも…。

ウルトラマンを制作した方々は、色々な想いがあったそうですね。怪獣の血は赤ではいけないとか。怪獣は本当に「悪」なのか…とか。こういうことを、考えるのは子供にとっても大事なことだと思います。

そして私は、「闇があるから光がある」の言葉が心に残りました。

いつかまた新しいウルトラマンが地球にやって来るのでしょうか。でも、それって、地球がかなりまずい状態の時なのですよね。新たなウルトラマンが来て欲しいような、来て欲しくないような。

さようなら、そしてありがとう、ウルトラマンメビウス

えーん