ゲキレンジャーその5の感想

2007年03月18日(日) 14時50分
今回のゲキレンジャー。観て一番気になっていることは、

あれって肉まん?

かな〜。です。以上。

では、ありません。今回は、あまり嫌な所はありませんでした。だけど、逆に言うとインパクトに残るシーンもあるかなという所ですね。私は前回、五毒拳にありゃまぁ…と思っていたのですが、こんなにカデムがあっさりとお亡くなりになるとは思っていませんでした。五毒拳士って、そんなキャラだったんだ。だから、5人揃っての前回の名乗りは、最初で最後だったんだ。だったら、嫌がってごめんね、カデム。でも、アンタの顔、やっぱ嫌だよ

今日の息子が一番興奮したシーン

「マサキとチーフはどこ?」

よく覚えているよ。だけど、やっぱそう思うよね。それと、息子は美希さんに

「あー、食べながらしゃべってるし、歩いている。」

だそうです。でも、いいんです。なんか、今回の感想では辛口はお休みです。


やっとヒーローらしい、ランちゃんが出て来ました。でも、いい子過ぎる。あの辞表って、簡単に出していたみたいだけど、本当は給料とか人間関係の問題とかじゃないのかなぁ。まさかセクハラとか。それとも、

「私、お茶出しだけに、働いているんじゃないんです

なんて、古典的な理由ではないですよね。え、マスター・シャーフーの好みのお茶の温度にうんざりとか。

ま、なんでもいいです。

でも、やっぱりゲキレンジャーの目的って、平和を守るためとかじゃなくて、ただ臨獣殿との勝負だったんですね。そうなると、スクラッチ社がゲキレンジャーに給料を払っている理由が、曖昧過ぎると思います。そもそも平和を守っても、ボランティアだもんね。レツの治療なんて、労災扱いなのかしら。

それとも、まさか

ゲキレンジャーとゲキトージャが、会社の宣伝とか

そうそう、バエねぇ。素直に可愛いんですよ。だから、今までごめんねぇ…文句言って。こんな母がいるから、しゃべれなくなっちゃったんだよね、きっと。でもさ、これからたぶんシリアスな戦闘って絶対あるわけでしょ。

そういう時って、どうやって実況するんでしょうね。

それがかなり楽しみです。もしかして、その時のバエは、完全なお涙頂戴モードになるのでしょうか。でもさ、戦っている側にはたぶん聞こえていないけれど、実際あの実況を聞いていたらかなり

ムカつくと思うんだけどなー

例え応援されても、「なんでよ」って思うよね。こちとら必死(?)で戦っているのに。あ、また書いちゃった。ごめんよ、バエ。

それと私、思うんですけれど、レツって横顔がいいなぁと思うんです。最初見た時にそう思ったんです。カメラもそう追ってくれると、ファンになりそうです。

来週のレツのメイン話で、私が本腰を入れてゲキレンジャーのファンになるかどうかが、かかっていそうです。まぁ、そんなの、どうでもいいっちゃいいんですけどね。

やっぱりね、ヒーロー物を応援するには、少しでもヒーローを応援したいじゃないですか。なもので、ここはひとつレツを

魅せてちょーだい

次回の予告でも

「まだ足りないんだ。」

って本人も言っていることだし。ええ、出番がです。

以上