スカイシアター

2007年03月10日(土) 23時42分
今日は、家族4人でスカイシアターに行って来ました

久しぶりに東京に出た気がします。息子は、往復の電車の窓から見える新幹線もお楽しみでした。

実は、私達はスカイシアターは初めて行ったので、今日がどれ程の混み具合なのか、正直分かりませんでした。でも、あんなにお客さんがいっぱいだったので、ボウケンジャーがいかに皆さんに愛されているかがわかりました。

私達は、2回目の公演を見て来ました。席は蒼太君側でした。風も弱く日差しがあったので、予想していたよりも寒くはなかったです。

ショーの内容は、今でも私の少ない脳の中でぐるぐると断片的に回っているので、うまく言葉にできません。本当に、メンバー全員が一斉に動いている時は、誰を見ていればいいのか、わからなかったです。というわけで、一人一人の印象を書いてみたいと思います。

チーフ:
第一印象は、あれっ、日に焼けました?
そうですね、一番印象に残っているのは、誰よりも熱くお芝居をしていたような。やっぱりチーフという感じでした。声も素敵でした。今まで、あんなにチーフの横顔がカッコイイと、思っていませんでいた。テレビだと、正面を向いて「アタック!」が多かったせいでしょうか。

真墨:
席が遠かったので、しっかりとは見れませんでしたが、笑顔が素敵でした。やっぱりサラサラヘアーでしたね。それと、バック転をしてくれましたね。でも、私の頭にはまだ49kgという数字が残っています。羨ましいスタイルです。

蒼太君:
もう、今日はこの方!ウチの家族全員のブームです。子供達が揃って「蒼太君が一番カッコイイ!」と連呼していました。席の位置はそのためもあったのですが、ウチの母子は元々蒼太君が一番のお気に入りなんです。そして、なんとも言えない

いい人オーラ

三上君は、本当に好きでブルーを演じていると思いました。蒼太君が観客に手を振ってくれた時に、私は目が合いそうに(「かーちゃんなんか、見てねーよ」と言われそうですが)なると、あまりに恥ずかしくて、さくらさんの方に視線を動かしてしまいました。きっと、隣の子供達を見ているんでしょうね。あのスマイルは最強でした。本当に三上君って、根っからいい人なんでしょうね。作り笑いとかじゃないですから。ショーの全てを楽しんでいる感じでしたね。

菜月ちゃん:
可愛い。もうその一言。世の中にあんなに可愛い人っているんですね。癒されますね。しかし、スカートの丈が短いです。太陽光のせいなのか、テレビよりも髪の毛が茶色に見えました。アクションも楽しそうでした

さくらさん;
ウチの娘が「テレビと印象が全然違う。」と言っていました。たぶん、テレビでの凛とした表情のさくらさんのイメージが強いからだと思うんです。他のメンバーが話している時に、結構笑っていましたね。さくらさんの前髪がアクションをしたせいなのか、テレビとは違って見えました。さくらさんもスカートの丈がかなり短いですね。さくらさん、お芝居の時は、本当にサブリーダーでした

映ちゃん:
あれ、鼻声?
出合さんのブログで、そのようなことが書いてありましたが、やっぱり鼻声?体調は、大丈夫なんでしょうか。髪もやはりテレビの時より黒かったでした。今回は、主役なのでしょう。とてもカッコ良かったんですが、なんだかかなりテレビの声とのイメージが違いました。お大事になさって下さい。しっかし、足が長いですね。アクションも素晴らしかったです

皆さんよく練習されたのでしょうね。今日は子供達も大満足でした「また行きたいな〜。」なんて、口を揃えて言っていますが、または無いんだよね。もう来週からゲキレンジャーですから。本当はまだ色々と書きたいのですが、うまく言葉にできません。

ショーの最後に、ゲキレンジャーが登場しました。私、今までちょっと辛口のような感想を書いていましたが、なんだか応援したくなりました。

「頑張れゲキレンジャー!」

ってね。

しかし、「頑張れ」という言葉はなんでしょうね。この言葉を嫌がる人に会ったり、新聞の投書でも同じような意見を読んだことがあります。私が言いたいのは、欧米風の口調で…

「ボウケンジャーに負けないよう、ハジケテクダサイ〜〜〜!」

ということです。

今日はお天気で良かったです。でも、最終日の明日の空模様が気になりますね