ウルトラマンジード 第25話

2017年12月23日(土) 14時45分
最終回はてんこ盛りでしたね。
ジードが父の苦しみを理解したり。
ライハがケイの想いを受け止めて、消してあげたりと。
その二つのエピソードは感動的。

ベリアルがなぜああなってしまったのかを知らないと、共感しにくい部分もあったけれど、幸いにも私はそのことを知っていてよかった。
よいウルトラマンになれなかったベリアル。

仮にリクが父の苦しみを理解して、それによってベリアルが改心したところで、ベリアルがしてきたことが許されるわけではない。
なので、ベリアルは消えなくてはいけなかったと思う。

その前に、リクはきちんと「父」と対話をしたかったのかも。
父といえば、ウルトラの父が助けに来てくれた。
その「父」はベリアルとの対比かと。

ウルトラの父の声は、西岡徳馬さんなのですね。
父の声としてはおなじみのようで。

巨大戦で雨が降るという描写は興味深かった。
ただ、雨粒の大きさが大きすぎると思ったけれど。
でも「雨」として見せるには、そうするしかなかったのかも。
自然に降る雨でもカメラには写りにくいようなので。

水しぶきも気になった。
ミニチュアの水たまりから跳ねるって。
相変わらずミニチュアのこだわりもすごい。
緊急車両に赤色灯が灯っていたりと。
カメラアングルもこだわりを感じた。

ゼナもゼガンを使って、戦ってくれて。
そのときクルトが言っていた、あの台詞を言っていた。
最終回で、ちゃんとシャドー星人のことにも触れていた。

ライハとケイの決着もアクションがてんこ盛りで。
ものすごい見応えで。
赤いテーブルセットが出てきたときは、東○特撮のパロディかと思ったり。
さすがに色まで真似してはと思ったのか、白ではなく赤だったけど。
その赤いイスをケイがライハに投げつけて、ライハが蹴って避けたのもすごかった。

足ではね除けたよ!
すごいよ、かっこいいよ。
素手でケイに連打しまくったり。
拳の力で。

それでいて、ケイをちゃんと見取ってあげるという。
母性のような優しさで。
とはいえ、ベリアルと同じで、悪は消えないといけない。
この決着の前にケイが深手を負っていたのは、この展開のためか。

そうでないとライハに勝ち目はないし。
ケイが弱っていることで、ライハが致命傷を与えたと思いにくいし。
あの杖はそういう意味でもあったのかも。
遺品にもなったし。

そして、正義の「父」はジードに期待を持った。
「若いウルトラマン」に。
ヤング…メン。
ジードは無限の可能性を持っている。

その前に、諸先輩のお力を借りて。
諸先輩の目が全員ベリアルの目だったけど。
ベリアルの目の先輩方がずらーっと並ぶって、なかなか見られない。
助け合いこそが、ウルトラマン。

しかし、星雲層に自爆装置が付いていたなんて。
ケイが仕掛けたとしたら、わからないでもないけど。
だとしても、そんな簡単に押せると所って。
ボヤッキーの設計じゃあるまいし。

もしかして、それってレムのジョークだったのかも。
そうだとしたら、めちゃくちゃすごいAIじゃないの。
そこを勝手に掘り下げると、ケイは人間的だったのかもしれない。
ベストセラー作家だったし。
そのままでよかったのにね。

ゼロもマユちゃんを娘にしたいなんて言い出すし。
レイトの「2万年早い」が最後にいい味出してました。
てか、レイトは負傷したけどゼロは無事だったんだ。
さすがウルトラマン。

ジードもウルトラマンとして、地球や光の国の人々に認められたのでしょうね。この作品はリクの成長期でもあったわけで。

でも、ごめんねリクくん。
みんなで飛び跳ねるシーン、ゼナ先輩に釘付けだった私。
無表情で飛んでかわいかった。


ではでは、こちらはこの辺で

ウルトラマンジード 第24話

2017年12月16日(土) 14時50分
クライマックス感が満載。
レイトの家族との幸せなひとときは、まるでゼロの死亡フラグ。
高級レストランで食事だなんて、最後の晩餐みたいじゃない。
でも、ゼロは大丈夫だと思うけど。

レイトがウルトラマンということは、妻にバレていた。
そこは父のセブンとは違った形での正体バレ。
もちろんレイトは元からの宇宙人ではないわけだし、無事に家に帰るでしょうけど。

何気にルミナさんのお財布が黄色だったのが、気になったり。
金運狙いか。
レイトの携帯ケースもいかにもサラリーマンらしくて。
マユちゃんは、せっかく描いた絵をあんな風にされちゃって。

それにしても、伏井出ケイはしぶとい。
ベリアル様にパワーを奪われ、崖から落ちても生きているなんて。
そのせいでか、ライハに追い込まれるとは。

窓から落ちた。
それでも死なないケイ。
そういう意味でも怖い。

ベリアル様にぞっこんなのも。
ベリアルがケイの星を全滅させたかもしれないのに。
あんなにベタ惚れって。
ベリアルが神々しく見えちゃうなんて。

ゼナ先輩もまぎらわしいことをするよね。
モアが持っていたコーヒーを見るのにあんな迫り方って。
私もね、ゼナはコーヒーが気になったのかと思ったけど。
おいしそうって。(そっち)

シャドー星人って、ああいうものを食べないのかな。
って、口が開かないんだっけ。
失礼しました。

レムとペガは宇宙船になって星雲荘で活躍すると思いきや、作戦失敗。
確かに今回ですんなりうまくいくとは思わなかったけれど。
せっかく星雲層が飛んだところが見られたのに。
ていうか、星雲荘があんなに大きかったとは。

あ。
アパートが宇宙船って、セブンでもあったっけ。
そこをオマージュしているのか。

結果、作戦が変更されたので、ベリアルをどうするのか。
封印しちゃうと、次に出しにくくなっちゃうし。
まあ、いつかまた出したい場合は封印を解けばよいのだけれど。
そう思うと、完全に倒すよりも封印の方がよいような。

ライハは使える。
次回は伏井出ケイを倒しそうな気がするし。
「ケイ」って、下の名前だけで呼んだのって、ライハだけのような。
フルネームはメンドクサイもんね。
倒すのにいちいちフルネームで呼ぶのもなんだし。

ベリアルは息子に越えられるよね。
次回、どうやってベリアルが反抗期の息子に倒されるのかが気になります。



ではでは、こちらはまた来週

ウルトラマンジード 第23話

2017年12月09日(土) 16時50分
悪が二転三転とする。
アリエは実はベリアル様だったというう。
うっわ、ちょっといろいろと考えてしまう。
ラブシーンみたいだったのが、実は中身はベリアル様とかって。
器はアリエの姿としても。

それでか、レイトのメガネのことをアリエが知っていたのは。

二転三転の意味は、クライマックスで大どんでん返し的なことで、なかなか面白いのだけど、どうも少ないキャストで回している番組と思えてしまう。予算を気にしてしまう。

だけど、沖縄ロケ。
撮影協力もあってか。
リクは沖縄には船で行ったのかしら。
書き置きを残して一人で出掛けちゃうなんて。
ペガの家出よりも捜しにくいし。
と思っていたけれど、意外とあっさり居場所がわかった。

伏井出ケイが呼び出したからね。
沖縄まで。
わりと遠出。
ストルム星人が、瞬間移動ができるのかはわからないけど。
普通に旅客機に乗っていたりして。

実はケイは可哀想な人だった。
力を求めていたばかりにベリアル様に利用されて。
それをケイが望んだのだから、仕方がないのだけれど。
利用したと思っていたアリエに逆をやられるとは。
それも本望のようで。

ケイってば、カラコンみたいに目の色が変わっちゃって。
ストルムの光って、そんなに効果があるとは。
沖縄に行く意味はそういうことだったのね。

と思っていたら、崖かぁ。
崖を背景にして…なんて、二時間サスペンスじゃ。
ドラマだとそこで犯人は観念するのだけれど。
ケイはそうしなかった。
落ちたよ、水落ち。
特撮で水落ちって、生存フラグなんでしょうけど。

青い空、青い海。
とても清々しい背景でケイの異様な姿。
コントラストが激しい絵だった。
エンドマークは、自滅のような。

沖縄の意味は、巨大戦でも。
ヤシの木とか、南国ムードたっぷりで。
そこに岩があったから、岩ドンもあったりと。

街中よりもウルトラマンが動きやすそう。
沖縄はそのためなのか。

それにしてもベリアル様ってば、しぶとい。
そう思うと何度も悪役にされているってことよね。
お疲れ様です。


ではでは、こちらはまた来週

ウルトラマンジード 第22話

2017年12月02日(土) 10時30分
ひとひねりあった展開。
アリエの落とし所は、こういうことでしたか。
悪に加担してしまった手前、こうなるしかないというか。
伏井出ケイの非道さを更に濃くするためにも。

しかしアリエもすごい。
死に直結することも引き受けるなんて。
そこまでケイに没頭するなんて。

やっぱあれよね。
部屋にケイの写真を貼りまくったから。
いつの間にか好きになっちゃったのよね。
顔がいいって罪だわ。
ケイがもっと宇宙人っぽい顔だったら、違っていたかもね。

ケイとの取り引きは「廃工場」で。
その廃工場というワードに笑ってしまった。
特撮でよくある場所なんで。

ロケ的にも絵になるし。
巨大戦のつながり的にもね。
工場や重機が見えたりする場所、私はすごく好き。

ジードとゼロのコンビプレイもすごくよかったし。
変身シーンからして。
ゼロの思いっきりの蹴りとかもウホウホ。
ゼロさん、いつになく頑張っちゃったような。

今回は等身大のアクションもてんこ盛り。
ゼナもライハもレイトもめちゃくちゃかっこよかった。
そのためのケイの再登場なのかも。

ゼナの動き、本当に惚れ惚れするくらい。
それに合わせたケイというか、渡辺さんもすごい。
思えば、彼は複数と戦っていたのだからね。
クレイジーなお芝居も見せてくれたし。

しかも今回はアリエに対して、ちょっぴり色気を見せておいて。
オチは非道さ百倍!
もうお見事すぎる悪役。

モアは責任を感じることではないのにね。
むしろ命がけで守ったアリエに裏切られたのに。
そう思わないモアの博愛さが素晴らしい。
カプセルをケイに奪われたことも気にしているのかもだけど。
そのためにもリクも頑張らないとね。


ではでは、こちらはまた来週

ウルトラマンジード 第21話

2017年11月25日(土) 11時30分
星雲荘が宇宙船だったとは。
それは驚き。
ということは、ラストには地球から去ってしまうんじゃ。
ペガをお家に帰らせてあげるために、リクと一緒に旅立つとか。

今回、ゼロの出番はなかった。
それでか、レイトがしびれたのは。
今までいろんな痛い目に遭ってきたのに、グビラのしびれには弱かったゼロさん。体がレイトだからなのか。

ところで、火浦海岸って、響きが三浦海岸っぽいよね。
さすがに海岸では戦わないか。
グビラは戦う気もなかったし。

今回の巨大戦もミニチュアがすごかった。
めちゃくちゃこだわりを感じたし、その素晴らしさを最大限に写すカメラアングルに愛を感じました。

リクとペガの友情もね。
宇宙人を見て驚かなかったリクは、本当にピュアというか。
あまり深く考えていなかったのか。
自分も同じような身の上だからか。

お店にいた少年は驚いてたけどね。
そりゃ、見慣れないものがいたら驚くよね。
私はそのお店の店主に驚いたけど。

追いかけるんだ!
何も盗っていないのに。
弁当は盗ったけど。
お金、払ったのかな?
内職で稼いだお金を置いていったとか?

それにしてもあの店主さん。
宇宙人にハタキを持って追いかけるなんて。
自分の方が戦闘能力が高いと思ったのか。

店主さん、何気に強いんじゃ。
ハタキでどうするつもりだったんでしょ。

今回はリクとペガの出会いについて描かれていたけど、同時にモアとのことも描かれていた。リクの性格もね。怪獣も悪いものばかりではないとかも。
怪獣をなでるウルトラマンというのもよい光景。
一話でたくさんのことを見せた。

伏井出ケイは気持ち悪いし。
結局、あのスタイルに戻っちゃうのね。
ケイくんにはお友達がいないから、ああなっちゃったのかしら。


ではでは、こちらはまた来週