「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」公開記念激アツ!座談会

2018年12月17日(月) 17時20分
仮面ライダービルドのキャストによる座談会ということで見ました。
掲載はこちら

激アツというタイトルだけど、わりと穏やかだったような。
航平くんなら、もっと盛り上げそうなのに。
ここには東映の司会さんがいるからか。
それとも座談会ということで、座っているからか。

内容は映像を見ての通りで。
楽しかった。(小学生の感想文か)

犬飼くんは変わったキャラだし。
一人がいいというのは、わかる気がする。
それって、人に気を遣うタイプだからなんですよね。

だけど、無人島に誰を連れて行きたいか?
という質問に自分って。
分裂した犬飼くんを想像しちゃったじゃない。
自分大好き人間なのかと思ったけど、そうじゃなかったという。
人に合わせるのがメンドクサイという。(褒めようよ)

赤楚くんは、異性にモテなそうって思われちゃって。
それって、自分がそう言われたくないから、他の三人が赤楚くんを生贄にしたような気も。そういう意味では、同性にモテているんじゃ。

だけど、この4人の中で劇中で恋人がいたのって、万丈だけじゃん。
最終回では、もう一人の自分が彼女を連れてたし。
あの「涼しい所に…」というのは、リアルな気持ちだったのね。

航平くんは、モテそうに見えるとか。
優しいし、気遣いができるからって。
でも、そういうマメなのが苦手な人もいるけどね。(褒めようよ)

剣星さんは、お子さんとおもちゃ屋さんに行ったら、全部ジオウに変わっていたのが寂しかったとか。
ビルドが放送中の頃は、どうだったのかな。
ドヤ顔でおもちゃ屋さんに行ってたのかしら。
ローグはあまり置いてないかもだけど。(失礼な)

剣星さん、可哀想にね。
美空になかなか泣かれなくて。
一海の退場のときは、夏帆ちゃんはすぐに泣けたのに幻徳さんのときは、なかなか泣けなかったって。
それじゃ、剣星さんが泣くよね。

すごいと思ったのは、上堀内監督。
台詞を全部覚えているとか。
じゃあ、NGを出したこととかもしっかり覚えていそう。

ジオウのキャストさんとのことでは、ロケ弁に飽きた頃と思って、犬飼くんが後輩を食事に誘ったそうで。
で、犬飼くんが「何がいい?」と聞いたら「ラーメン」と答えたのだとか。

それね、知ってたんじゃ?
犬飼くんがラーメンが好きなのを。
なんてね。

あとは、愛の言葉だっけ?
4人それぞれがやったの。
個人的には、赤楚くんのが一番インパクトがあった。
「揉んで」って。

若いのに。
肩を揉んでって。
なんだか、肩叩き券をプレゼントされるお父さんみたいじゃない。
揉んであげたくなっちゃうけど。
親指にめーいっぱい力を込めて。
「負ける気がしねえ!」って言いながら。(なんに勝ちたいんだか)

そんなこんなで楽しいひとときでした。
今度からは、こうやってざっくりと感想を書けばいいのね。


ではでは、こちらはこの辺で

仮面ライダービルド ファイナルステージ & 番組キャストトークショー スペシャルバージョン

2018年11月28日(水) 23時50分
東映特撮ファンクラブで期間限定で配信されている「仮面ライダービルド ファイナルステージ & 番組キャストトークショー スペシャルバージョン」を見ました。

期間限定とはいえ、有料イベントの様子を配信してくれるなんて。
ただ、TTFCのコンテンツは、途中まで見た後に続きを見ようとすると、続きから再生できないのがちょっと辛かった。

実は私、この配信開始日に途中まで見ていたけれど、翌日続きを見ようとしたら、また一から見直すことになってしまった。
ということは、2時間以上のものを一気に見ないといけないわけで。
もちろん、ライブ配信ではそういう状況だったのでしょうけれど。

こういうトークライブの感想を書くとなると、文字量が多くなってしまいがちなので、今回はざっくりと書こうかなと。

こちらのトークショーでは、仮面ライダービルドのキャストさんが勢ぞろいで、なんと前川さんとエボルトの声の金尾さんは、ここで初対面だったそうで。葛城巧役の木山さんの撮影もわりと単独だったようで。

ビルドのイベントとしてはこれが最後。
ということで、登壇したみなさんから番組を見てくれていたファンに感謝してくれたり。

水上さんがやたらといじられたり。
三羽ガラスは、この場にいることがとても嬉しいとか。
夏帆ちゃんは、最初はみーたんの衣装に戸惑ったとか。
とにかくいろんな話をしてくれて。

撮影時のアドリブのこととか。
夏帆ちゃんが玄徳さんの退場シーンで、なかなか泣けなかったとか。
玄徳さんは、脚本家さんとプロデューサーさんのおもちゃだったとか。
武田くんはムードメーカーで、本当に三羽ガラスのカシラのようであり。
沙羽さんのネイルのこととか、役名に「羽」が付くので沙羽さんは三羽ガラスと何か関係があるのかと思っていたとか。

赤麻くんは、クローズのVシネマのことを話したりと。
ビルドはまだ終わっていないのですよね。
Vシネマや映画があるので。

最後に犬飼くんから、恩師が話してくれたマラソンの話をしてくれて。
目標があるから、頑張れるという。
その目標とは、応援してくれる視聴者さんだったりと。

なんてうまくまとめるの。
こういう舞台で、きちんと話せる犬飼くんもすごいと思う。
一年間、仮面ライダーに関わっていたことで、キャストのみなさんが得たものは大きかったと思う。

また、こういうイベントで多くの人が集まるってすごいことだと思う。
近年は、放送終了後もVシネマ等があるので、番組が終わってしまう寂しさがやんわりとしていますね。

それでもキャストが人前で勢ぞろいするのは、この場が最後だと思う。
そう思うと感慨深かったです。


ではでは、こちらはこの辺で

仮面ライダービルド 最終話 「ビルドが創る明日」

2018年08月26日(日) 16時20分
平行世界はリセットボタンではなかった。
ちゃんと桐生戦兎と筋肉バカと呼ばれた万丈龍我も存在していた。
佐藤太郎も葛城巧も。
黒髪の龍我も。

ありがとう仮面ライダービルド

2018年08月26日(日) 09時30分


仮面ライダービルド、終わっちゃいましたね。
こちらの番組に関わった皆様、お疲れ様でした。


最終回の感想は後ほど

仮面ライダージオウ×仮面ライダービルド バトンタッチ!

2018年08月24日(金) 18時45分
「仮面ライダージオウ×仮面ライダービルド バトンタッチ!平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル スペシャル前夜祭」の様子が、東映特撮ファンクラブでライブ配信されました。

その様子を見ながらメモをしたので、内容はざっくりと書いています。

まずはビルドとジオウのハイタッチ。
ジオウのときに奥野くんが噛んだのがかわいかったり。
緊張するよね。
奥野くんの声、かわいい。

司会はうちやまくみこさん。
たぶん内山久美子さん。

ビルドからの登壇者はこちら(敬称略)
桐生戦兎役:犬飼貴丈
万丈龍我役:赤楚衛二
猿渡一海役:武田航平